〜Wheels Life 〜

バイク、クルマ、ミニカーを中心とした趣味のブログです。お気軽にコメントください♪

全体表示

[ リスト ]

先週、車からETCカードを取り出そうと思ったら、集中ロックが効いていない・・・
恐る恐る車内に入ると案の定、バッテリーが上がってしまっておりました。

原因は人為的なミス。シガーコードからの電源消し忘れです(涙)
この車の場合、エンジン切手も電源は生きてしまっているので
必ず抜いておかなければいけませんでした。いつも気をつけていたんですが。

バッテリーが上がるとどうにもならないですね。
ドアは通常ノブを引くと数センチ下がるのですが、それも効かず、無理やり開けます。
そしてバッテリーがあるトランクフードも電磁ロックのため簡単には開かず。
前期型の986はワイヤー方式だったんですが中期型になり電磁ロックになりました。

考えてみると購入して4年半、一度もバッテリー交換していなかったので
開き直って新品を購入することとしました。
メンテナンスフリーのバッテリーで純正品の価格は3万円!

いろいろ調べてみると、純正品である必要は全くなさそうでしたので
値段もそこそこで信頼性の高い「AC DELCO」というメーカーのバッテリーを購入しました。
型式は 27−80 です。
送料込みで@15,000円でした。
イメージ 1


普段バッテリー触ることありませんが、改めて重さにビックリ!18.5舛任靴拭

とりあえず、ボンネットフードを開ける作業から始めます。
ジャンパーコードのプラス端子を運転席下のヒューズボックス内の決められた場所につなぎます。
そしてマイナス端子をドアキャッチャーにつなぐと・・・チヵッと火花が散り電気が通りました。
これでボンネットの電磁ロックが生き返り、無事開きました。

続いて交換作業に入ります。ちなみに始めての作業でした(笑)
作業は説明書通りに行えば、至って簡単な作業でした。
しかし立体駐車場の天井の低い中、20キロのバッテリー交換は思いのほか腰にきました。
ぎっくり腰になったら洒落になりませんね(笑)

こちらは取り外した純正のバッテリーです。
ボッシュかと思ったら「MOLL」というメーカーのものでした。
イメージ 2


ということでキーを捻ると元気に復活!

ここ数ヶ月、バイクばっかりになってしまっていたので、
車のためにも、たまには乗らないと行けませんね。

明日は晴れのようですので、ひとっ走りしてくるつもりです♪

あっ、それとバッテリーの処分をしてくれるところ探さないといけませんね。
いくらかかるのかなぁ。

この記事に

開く コメント(2) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事