ここから本文です

書庫全体表示

1月14日(土)、東京・新宿ピカデリーにて『新・ミナミの帝王』の初日舞台挨拶が行なわれ、千原ジュニア、大東駿介さん、松井愛莉さん、板尾創路、蔓画家の郷力也さん、瑠東東一郎監督が登壇。MCをキクチウソツカナイ。が務めました。

イメージ 1

1992年から現在に至るまで140巻が発刊され、累計1000万部を越えるベストセラーとなっているコミックス『ミナミの帝王』。2010年よりドラマ制作されているジュニア版『新・ミナミの帝王』は、シリーズとしてこれまで11本を映像化。2013年には関西ATP賞優秀賞を受賞した人気作品が、ついに映画化されました。

「ちわー! お願いしまーす!」と元気よく登場したジュニアは「植田商店の店主......」と話し始めたかと思えば俯いて笑い出した板尾を、「おいっ!」と笑顔で一喝。「さっき大阪で舞台挨拶をやってきたんですけど、役名忘れてたんですよ」と暴露された板尾は「植村、でしたね。すみません!」と素直に謝ります。
20170114183041-decac84f2922fe0ca382284067b2592536eb7502.jpg
20170114183303-816dbf659ad349974c52093d915cf3c920adfd55.jpg
20170114182926-c41f048f7d81c68f453c8f1517c94cefefce925d.jpg
撮影は1〜2年半前に行なわれたそうですが、「当時はカジノ法案なんて出てなかった。世間が(この作品に)追いついてきた気がします。逆4Dみたいな感じですよね」と驚くジュニア。
ドラマシリーズから8年間、ジュニア演じる萬田銀次郎の相棒・坂上竜一を演じている大東さんは「最初はどえらい緊張してました。ジュニアさんを観て、勉強させてもらいながらの8年間ですね」としみじみします。
すると、「え? 緊張してたって、よう言うわ!」とツッコむジュニア。「不動産屋紹介してって言うて、紹介したけど"ありがとうございます"の一言もなかった」と言われた大東さんが「嘘や! 言いましたよ!」と反論するも、ジュニアは「言ってません。あとでメールの確認しましょう」と返答。「そんなことを言い合えるくらい、打ち解けているんですね」と2人の仲の良さに感心するキクチです。
20170114183009-f3ceae12ede40c164f82df8e85c14478648d35bf.jpg
20170114182955-80088c5162db5496effb79dcf3eee30045b395fd.jpg
「長く続いている作品に出させていただくのは嬉しかった」と語った松井さん。「関西出身ではないので、関西弁を喋らないといけなくなったらどうしようと思っていた」と撮影前の不安を明かしつつ、「喋らないことになったので良かったです。けど、みなさんの関西弁がうつって、たまに出てました」と笑います。
20170114183115-7bd48735db24860f9ba43dcab0b32c2b9ef9adbc.jpg
「ジュニアの先輩ですからお金を借りたことはもちろんないですけど、(映画の中では)借りる役なので、ちょっと変な気持ちになりました。でも、楽しかったです」と撮影を振り返った板尾。「ジュニアの演じる萬田銀次郎は、リアルな感じがある」と語ると、瑠東監督も「ジュニアさんの銀次郎は迫力がある。郷先生のつくられたキャラクターをしっかりと演じている」と同調します。
ジュニア版・萬田銀次郎を「色で喩えると、青と赤」と称した郷さん。「銀次郎を描くとき、冷静さと優しさを青で表現、赤は不条理な悪に向かって阿修羅のごとく立ち向かっていくときに当てはめている。まさに、ジュニアさんは銀ちゃんをそう演じてくれている。大満足です」と絶賛。「バラエティに出てるときのジュニアさんと、銀ちゃんを演じているときのジュニアさんは別人なんじゃないか。せいじさんのほかに双子の兄弟がいるんじゃないかとすら思います」とも言われたジュニアは「せいじって誰ですか?」ととぼけつつ、「こんなに嬉しい言葉はないです」と噛み締めるように呟きました。
20170114183246-ffba5bcbb4fd4b53a340bd7f719b875e37e1a032.jpg
20170114183150-9464b19aa7bf812b9804985b803e1946fe6704a3.jpg
ジュニアにとって、本作の舞台となっている大阪・ミナミは多感な時期を過ごした思い出の場所。「15歳から23歳を過ごしていて、板尾さんの後ろにくっついてばかりいた。そんな場所を舞台にした映画で板尾さんと共演して、こうやって東京の(映画館の)スクリーンで上映してもらっているなんて」と感慨深そう。板尾に「当時のジュニアとせいじは、芸人とは思えない形相でNGKに入って行ってた」と言われると、「あのときは尖ってましたねぇ。思えば、バイトしてたラーメン屋の名前も"海賊ラーメン"でした」と笑わせました。
20170114183319-bb3b11f37a1436fda6cb281200d810c6ea616ff5.jpg
20170114183334-80455e1f38e224046c262b50f27ab52008192417.jpg
『新・ミナミの帝王』は、本日より全国順次ロードショー。お近くで上映の際は、ぜひ映画館でご覧ください!

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事