韓国映画スタッフブログ

韓国映画の日本人スタッフの視点から、韓国映画ネタを中心に、韓国生活のことなどを綴っていきたいと思います。

全体表示

[ リスト ]

「絆創膏」(コス、ハン・ヒョジュ)メインポスター&メイン予告編!!

12月19日にコス、ハン・ヒョジュ主演の「絆創膏」が公開されます。
 
共演は、マ・ドンソク、キム・ソンオ、ジュニ。
 
宣伝が本格的に始まった模様です。バスの広告も始まったので、よく目にします。この冬、期待ナンバーワンのラブ系映画でしょうか。ラブコメは何作かありますが、純粋なラブストーリー映画は、これだけかな?これがかなり目立っています。
 
イメージ 1
あんた、私と恋愛する?
この冬、たった一本の「本当の」愛の物語
「絆創膏」
 
内容は、こちら。
 
毎日、命をかけて事件現場に走るが、自分の妻を救うことができなかった傷を抱えている消防隊員のガンイル(コス)。毎回、自分勝手なことを言ったり、勝手な行動を取り、傷も愛もないふりをするが、たった一度のミスで危機に陥る医者、ミス(ハン・ヒョジュ)。
偶然にも、ミスは119救助隊の医療班として働くことになり、同じく救助隊にいるガンイルに対して今までになかった感情を感じて、積極的に近づいていく。あらゆる方法を使ってガンイルに愛情表現をするミス。そして、そんな彼女の勝手さに、相手にしてなかったガンイルも、少しずつ心を開いていく。
ガス爆発事故はもちろん、車両衝突事故まで休む暇なく続く凄まじい事故現場の中でも、命を救って一日が終る。そして明日の準備をする消防隊員たち。生死が左右される熾烈な現場で人の命を救ってはいるが、自分の傷を気にかけることができないガンイルとミス。
果たして、彼らはお互いの傷に絆創膏を張ってあげることができるのか。
 
 
予告編を見ると、コスは、こういう役がよく似合うなと思います。「高地戦」は見てないんですが、その前の「超能力者」みたいな、ちょっと抜けてる役は、全く似合ってなかったと思います。
 
ハン・ヒョジュは、歴代4位になったイ・ビョンホン主演の「光海、王になった男」に出演してはいましたが、まったく目立たず、別にハン・ヒョジュじゃなくても、いいんじゃない?と思うような役だったので、この映画には期待したいなと思います。予告編を見ると、かなり強きな強引な女。こういう役、かなりもかなり似合いますね。いい感じ。
 
3番目にクレジットされてるのが、マ・ドンソク。青龍映画祭のノミネートを見ると、「隣人」で助演男優賞でノミネートされています!助演として、かなりの引っ張りだこになりつつ、そして演技でも評価されてる俳優さん。でも、「隣人」の役はよかったけど、ノミネートされるほどではないようには思いますが。
 
同じ日に公開される韓国映画にソル・ギョング、ソン・イェジン、キム・サンギョン主演の「タワー」があります。かなりのスクリーン数を独占しそうな映画ですが、「絆創膏」とはまったく違うジャンルなので、期待したいと思います。
 
最後はどう泣かせてくれるんでしょうかね。どっちかが死ぬとかは止めてほしいですね。笑。
 
イメージ 2
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 3
ティーザーポスターかな?別パターンポスター。

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。
Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 今日全体
訪問者144582373
ブログリンク041
コメント03387
トラックバック056

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事