新ハイキング よもやま情報

新ハイキング社の情報、『新ハイキング』編集部の情報、新ハイキングクラブ事務局の情報ほか、ハイキングに役立つあれこれを発信中。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

2017年03月13日

←2017年3月12日 | 2017年3月14日→

全1ページ

[1]


イメージ 1

 石森長博さんには、福井県のバンビラインをご寄稿いただきました。

石森さんから寄せられた自己紹介です。
鶴来山岳会(石川県)の会員として50数年間、山歩きを続けています。
1970年の岩手国体の山岳競技に選手として参加。その後山岳協会理事として京都や北海道での国体山岳競技審判員を経て、1991年地元開催の石川国体では競技運営責任者を務めましたが、自然の山を会場とする競技に違和感を覚え次第に競技と離別し、山の文化を探求する道に入って行きました。
日本山岳修験学会に入会して学術的な講演や論文に接し、修験道の歴史や痕跡をたどる山歩きが続きました。山岳修験の開祖と崇められる役行者ゆかりの山や、開創した寺社の探訪をフイールドワークとして全国各地を巡り、昨年の山歩きは60回を数えました。
新ハイキング誌との出合いは東京勤務の際、土地勘のない関東の山歩きガイドとして購読し、93年9月に入会しております。
「せせらぎ」欄に投稿したことがきっかけで、編集部からの依頼があり、2007年5月号(№619)に「霊峰白山の魅力」の寄稿を最初に、本年3月の№737号まで通算57誌、お世話になっています。
写真は15年7月、飛騨新道(伴次郎街道)の大滝山南峰(2614.5m)でのものです。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事