ここから本文です

夜も眠れない訳とは…

「アスリートミノー」と言えばルアーアングラーであれば誰もが知る不朽の名作ではないでしょうか。

同ミノーはJackson社の代表作で代名詞ともいえる存在であります。

その陰に隠れる様にひっそりとあるのが「アーティストミノー」シリーズ。


イメージ 1
(上FR80 中FR70 下FR55プロト)


Jackson社営業担当の方から「海外、特にヨーロッパでの人気は厚くアスリートを凌ぐ程」だと伺っています。

しかし、国内に至っては人気どころか一部コアなアングラーが秘密兵器的な使い方をしているに留まり、店頭で見掛る事すら少ないアイテムであります。

僕も、お店をハシゴして探し回るのが面倒な為、ついついネットショッピングでの購入をしてしまいます。それ程に国内での流通が少ない事に寂しさを覚えます。

完全にアスリートの影に隠れた存在と成ってしまっている感が否めません。

しかし、その実力と破壊力は海外での人気で実証されている通り凄まじい威力であります。


イメージ 2


そのFR70が昨年僕にプレゼントしてくれたのが下の写真のアマゴ。


イメージ 3

イメージ 4


アーティストFRシリーズがこの世から無く成ったらと考えただけで、怖くて夜も寝てられない。

そんな思いから、55mmの製品化を提案し続けることはや2年。

プロトモデルが出来てきました。


イメージ 5
(上サンプル1 下サンプル2)


元々のベースが良いだけにテストはすんなりクリアーしました。


と言っても、僕はざっくりしたイメージを伝えただけで、トレブルでもシングルでも泳ぎシンクレートも絶妙なバランスに仕上げてくる辺りはやはり長年の経験と知識を持った開発の河西氏の成せる技だと思います。


イメージ 6


これからカラーバリエーション等最終的な部分を煮詰めていきます。

完成までもう少しお待ち下さいませ!!




この記事に

職人の技

インジェクションプラグってついついつ雑に扱ってしまうけれど、考え直させられました!


イメージ 1

製造現場のドキュメンタリーな動画です。

是非ご覧頂ければと思います↓


https://m.youtube.com/watch?v=EQ4yiM8wd5Y


日本の物作りはこうでなきゃいけないよな!!

って共感する部分も有ります。

もっと使い込もう。

でも、もっと大切にしよう。

そんなふうに思いました。

この記事に

カタログ到着

Jackson社の17年度版カタログを頂きました。


イメージ 1


僕は生憎行く事が出来ないのですが、今週末には名古屋で「キープキャスト」と、北陸では「にいがたフィッシングショー」が開催されますね。



Jacksonブースに立ち寄った際は是非カタログ貰っていって下さい!

今年は恐れ多くも"トラウトチューンシリーズ"のページを担当させて頂きました。


イメージ 2


是非ご覧に成って下さい。

また、それと一緒に出来上がってきた新型ミノー。


イメージ 3


"アーティストFR 55 "

普段あまり意見する事の無い自分ですが、これだけは「どうしても!!」と言い続けて来たモノが有ります。

そんな我がままを開発担当の河西氏によって完璧に表現して頂きました。

テストも順調に進んでいます。

新アイテム"アーティストFR 55 "にもご期待下さい!

この記事に

技術習得

ジャクソン社の新製品 "ダニエル" 。

開発の河西氏による "プレートジグ" という新しいジャンルのルアーが世に送り出されました。


イメージ 1

イメージはスプーンとメタルジグの中間との事です。

極端なリアウェイトがメタルジグ以上の飛距離を実現しました。
そしてコンパクトなシルエットはルアーで表現するのが難しかった川虫等のベイトの表現を可能にしました。

フロント下部という一風変わった位置に空いたラインアイが、スローリトリーブでもしっかりとしたアクションを起こしてくれます。
これだけコンパクトなルアーであっても手元までしっかりと振動が伝わる為、極小ルアーにありがちな「動いているのかいないのか解からない」といった事は有りません。

このラインアイの位置を決める迄に「プレートを穴だらけにしてベストな位置を探した」と開発の苦労話を伺っています。

そんなNEWジャンルのルアーを渓流で使いこなす為に、この時期から練習をしています。

この日は天竜川冬季釣り場が舞台。


イメージ 2


浅瀬にスリットが入るボトムの形状。

浅い所はリトリーブでサーッと引いて、スリットに差し掛かったらフォールを交えての誘いに切り替えると狙い通りにニジマスをヒットさせる事が出来ました。


イメージ 3


そして、NEWアイテムの次はロングセラーアイテムも新しいシーズンから導入予定です。

"にょろにょろ60"


イメージ 4


ソルトの釣りではお馴染みのルアーではあるけれど、「ルアー=小魚」という既成概念を打ち破った伝説のルアーは、きっとネイティブ渓流でも新たな切り口として僕達アングラーの力と成ってくれるでしょう。


イメージ 5


【タックルデータ】
ロッド:ジャクソン スーパートリックスター511XL-AS
リール:シマノ ツインパワーC2000HGS
ライン:YGKよつあみ G-soul X-3
リーダー:YGKよつあみ N-walker フロロ 4lb.
ルアー:ジャクソン ダニエル にょろにょろ60

この記事に

3本の矢

ジャクソン社の新製品「ダニエル」。


イメージ 1


この使い勝手を早々に試してみようと思い、昨年11月より冬季釣り場を設けている、''富士宮市の潤井川''にお邪魔しました。

正直、両面護岸で市街地を流れている為、何となく足を運ぶ気が起こらなかったこの川ですが、富士山からの湧水が水源で、水量・水温共に安定している為に渓流解禁前のイメージトレーニングには丁度良い環境にありました。

イメージ 2


そしてこの日はダニエルの他にも、我がままを言って塗ってもらった「にょろにょろミミズカラー」と我がままを言って作ってもらった「アーティストFR55」も実践投入してみました。


イメージ 3
(にょろにょろミミズカラー カラー詳細は未定)
イメージ 4
イメージ 5
(上:アーティストFR55 下:トラウトチューン、アーティストFR55比較)


どのルアーでも釣果は有りました。


イメージ 6
(アーティストFR55)
イメージ 7
(にょろにょろミミズカラー)
イメージ 8
(ダニエル 3g)

それぞれの特徴を掴み、シーズン中にどんなシーンで投入するかもイメージ出来ました。
課題も見えたりして、これから渓流が解禁するまでの一カ月間。
頭の中は釣りでいっぱいに成りそうです。

ある意味、幸せ者かも知れません…。


【タックルデータ】
ロッド:ジャクソン スーパートリックスター511XL-AS改
リール:シマノ ツインパワーC2000HGS
ライン:YGKよつあみ X-3 G-soulPE #0.4
リーダー:YGKよつあみ N-walker ナイロン 4lb.
ルアー:ジャクソン ダニエル 3g ・ にょろにょろミミズカラー ・ アーティストFR55プロト



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事