ブログ@新横浜

本サイト「@新横浜」のブログです.ただ今ブログ更新はゆるゆるモードです.

伊勢志摩サミット感

東海道新幹線の重点4駅の一つである新横浜駅のコインロッカー.
伊勢志摩サミットの警戒態勢で,すべて使用停止です.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/iseshimas1.jpg

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/iseshimas2.jpg

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/iseshimas3.jpg

ライブ客などによって日ごろから稼働率の高そうな新横浜のコインロッカー.

ほんと,

”横浜アリーナの大規模改修に合わせてサミットをやっていただいて”良かったですねー.


−−−−−−
http://www.geocities.jp/shinyokokun/logos.gif
http://info.shinyokohama.org/

この記事に

開く コメント(0)

こちらの記事.


http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/r160511_t2.jpg

質問】
横浜市営ブルーラインで住みたいと思う駅を選んでください。

回答数】
第1位・・・桜木町駅:23.7%(71)
第2位・・・横浜駅:19.0%(57)
第3位・・・新横浜駅:10.0%(30)
第4位・・・湘南台駅:7.3%(22)
第5位・・・あざみ野駅:6.3%(19)
第6位・・・関内駅:4.7%(14)
第7位・・・センター南駅:4.7%(14)
第8位・・・センター北駅:4.3%(13)
第9位・・・上大岡駅:4.0%(12)
第10位・・・戸塚駅:3.3%(10)
※10位以下は省略
マイナビ賃貸調べ)

<中略>

アンケートの結果、3番目に多かったのが新横浜駅でした。
・「私はよくアーティストのライブに行くのですが、新横浜に住んでいる人は、横浜アリーナでのライブがあるときには、電車の混雑に巻き込まれることなく行けるのだろうと感じるからです。」(20代/女性/無職)
・「アリーナが近くにあり、利便性に優れている点が住んでみたいと思った理由。」(20代/男性/会社員)
・「おしゃれなスポットで、以前、友人が住んでいた事があって、とても羨ましく思いました。」(20代/男性/学生)
新横浜駅周辺といえば、なんといっても横浜アリーナや日産スタジアムなどの商業施設の利用がとても便利です。日頃からコンサートやスポーツ観戦に行く人にとっては憧れの街なのではないでしょうか。そのほかラーメン博物館などもあり、地方からの観光客が多く、交通のアクセスも便利な街です。おしゃれで利便性の高い土地だけに若者人気は高いですね。

−◆−◆−◆−


…….


はい.なんだかあまり深く考えてなさそうなコメントが並んでいますが,
とりあえずTOKIOの城島リーダーに続く「新横浜=おしゃれスポット」の評価(しかも2つ)いただきました.


というわけで,もはや新横浜は本当に「おしゃれ」(笑)なのでしょう.いや笑うところではありません.
個人的には「おしゃれ」というより「機能美」が売りだと思っております.
更に,意外にも第4位が湘南台(意外は失礼)だそうですが,
>「“湘南”という言葉の響きがかっこよくて、おしゃれな印象があるから。」(20代/男性/学生)
などというコメントもありまして,つまり世の中おしゃれが大事ってことですね.



−−−−−−
http://www.geocities.jp/shinyokokun/logos.gif
http://info.shinyokohama.org/

この記事に

開く コメント(0)

こちらのサイトを見ていただければ説明は不要でしょう.


http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/yokoarenasaleses.png
開業から27年を迎えた横浜アリーナ。これからも皆様が安全、安心、快適にイベントを楽しんでいただけるよう、7月1日のリニューアルオープンに向け、現在、開業以来初めての大規模改修工事を行っております。
この度、思い出の詰まったこの場所の備品、資材等を使用し、横浜を代表するブランドやクリエーターの皆様と連携したこのメモリアルグッズを販売することとなりました。
−◆−◆−◆−



だそうです.

横浜アリーナの,大規模改修までの27年間の思い出の詰まったグッズの数々.
ご興味があり趣旨にご賛同される方は,どうぞ買ってみてください.

※当ブログ以下で表示されているのはあくまで画像ファイルなので,クリックしても商品説明に進めません.
 詳しくは上記公式サイトからどうぞ.
なお下〜の方で,いくつかの商品についてのみ,コメントを入れておきます.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/yokoarenasaleset.png



〜〜〜


飾る場所がかなり限定される気がします.
http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/yokoari_detail1.jpg

こちらは,あえてそういう部屋を家の中にあつらえる必要が…
というか,客人に「これ何?」っていちいち聞かれてちゃんと答えるのが面倒臭そう.
http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/yokoari_detail2.jpg

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/yokoari_detail3.jpg

個人的にまず欲しいのはこれです.
横浜アリーナという名称が決まる前の,「新横浜イベントホール」としての愛称募集告知.
がしかし,18,000円は高い.チャリティだとしても高すぎる.
http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/yokoari_detail4.jpg

キタムラK2とコラボした,ソファで作った財布だそうですが,この模様が横浜アリーナの座席配置だと
すぐピンと来る方ってどれくらいいるのでしょうか.自分はピンときますが.
http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/yokoari_detail5.jpg

人に説明するのが面倒くさいやつ.
http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/yokoari_detail6.jpg

これも.
http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/yokoari_detail7.jpg

どこに置こう.
http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/yokoari_detail8.jpg



というわけでした.

今一度,サイトはこちらです.



−−−−−−
http://www.geocities.jp/shinyokokun/logos.gif
http://info.shinyokohama.org/

この記事に

開く コメント(2)

新横浜の歴史を記録すべく,こうして街のウォッチング的なことをずっと続けていると,

「多くの工事は,予定通りに終わらない」

ということが判ってきます.まあ皆様も薄々気づいておられるところでしょう.

横浜環状北線…
相鉄・JR直通線…    (←※相鉄・東急直通線については今のところ遅れなし)
新横浜第一公園…
極めつけは,この3月に完了したばかりですが,新横浜公園整備だったでしょうか.

一方,周辺で遅れなかった工事としては,
新横浜駅の駅ビル&北口整備(空中と円形歩道橋)や日産スタジアム建設,横浜アリーナの建設.
”公共的なものはなぜか遅れるが,民間企業活動が絡むとなぜか遅れない”ということかもしれません.
現在進行中の横浜アリーナ大規模改修工事もおそらく再開直後(7月2日)にライブがありますから,
絶対に遅れることはなさそうです.
そういう意味で,工事には「遅れてもいい工事」と「遅れると困る工事」の2種類あると思っています.

−−−ここまで偏見−−−




〜〜〜


さて,直近で「遅れてもいい工事」「遅れると困る工事」をそれぞれ一つずつご紹介.
まずは「延びてもいい工事」の方から.


http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kojiexps1.jpg

↑(ストラップが写り込んでしまいましたが)新横浜駅横断地下道エレベータ設置工事.
階段左脇を奥に行ったところがエレベータの1Fになる予定です.
じつはこれ,2013年に本決まりになってからずっと追いかけていた案件なのですが,
計画が遅れに遅れただけのことはあり,工事も案の定3月18日までの工期に完成するに至りませんでした.

  「新横浜駅横断地下道にエレベータ」(2013/1/9)
  http://blogs.yahoo.co.jp/shinyokokun/66173297.html
  「新横浜駅横断地下道のエレベータ工事ようやく… 」(2016/1/5)
篠原口側から,下りたところ(エレベータ的にはB1)は現在まだこのような感じです.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kojiexps2.jpg

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kojiexps3.jpg


この工事はなぜ遅れていいのかといいますと,以前も書きましたが,
↓このように,篠原口側から新幹線口の方へと地下を進み…

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kojiexps4.jpg


↓反対側(『牛角』前)の階段にエレベータが無いからです.工事どころか未だ計画すらできていません.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kojiexps5.jpg


ということで現在工事中のエレベータができようができまいが,
反対側もセットでエレベータができない限り,バリアフリーでもなんでもなく,誰も使いません.
無用の長物.できたら早速「はまれぽ」さんのトマソン企画に加わってしまうのではないかとすら思います.



将来,反対側のエレベータも計画され工事されそして完成するというめどが立たない限り,
今の新横浜駅横断地下道エレベータはそれまでに作れば良いという意味で「遅れてもいい工事」なのでした.
今後,新横浜駅横断地下道”篠原口側”エレベータの設置工事に少しでも関与した諸組織の各位は,
限りある人生の数年間を,トンマ…もといトマソンな仕事の時間に費やしてしまったという結末に
くれぐれもならないよう,反対側エレベータ(orエスカレータ)の設置推進に全力を傾けていただけるよう
お祈り申し上げております.

新横浜民的にも,他人から笑われるような建造物がいつまでもここにあるのは,嫌でございます.


〜〜〜


もうひとつが「遅れると困る工事」の進捗.

環状2号線に跨り,新横浜プリンスペペ前から横浜アリーナ側などへと渡るための歩道橋,
「新横浜歩道橋補修工事」です.
現在は,新横浜駅に近い側のスロープ部の幅3分の2程度と,アリーナ側に近い水平部の幅3分の2程度が
タイル張替中のような状態になっています.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kojiexps6.jpg

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kojiexps7.jpg

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kojiexps8.jpg

↑写真にもあるように,問題は9月30日までとされている工期です.
横浜アリーナ大規模改修が終わり,また人が押し寄せ始める7月からの3か月,歩道橋は依然補修工事中です.
ライブ客の往来は時間帯によってはものすごい混雑になりますので,
歩道橋補修は「遅れると困る工事」どころか「早めに終わらせないと困る工事」なわけです.

ちなみにですが,直接アリーナと駅を結ぶ経路上だけを先に済ませ,ライブ客が流れない部分を後回し
にするという工夫の可能性があり,幅3分の2を先に補修しているのもその工夫の一つかもしれません.

とにかく我らが「新横浜歩道橋」.
普通の歩道橋は交差点名から名前が付くのに,
逆に交差点名の由来になっていたりする,とても偉い「新横浜歩道橋」様.

  http://www.geocities.jp/shinyokokun/photo4/syhodoukyou.jpg
  「新横浜歩道橋交差点」
  http://blogs.yahoo.co.jp/shinyokokun/62554340.html


早く補修工事が終わるとよいと思います.






※なお歩道橋から横浜アリーナ正面へ降りる「階段工事」は5月30日までとなっており,ほぼ完成済み.
http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kojiexps9.jpg


−−−−−−
http://www.geocities.jp/shinyokokun/logos.gif
http://info.shinyokohama.org/

この記事に

開く コメント(2)

「2016年問題」とは,横浜アリーナ,さいたまスーパーアリーナ,東京国際フォーラムなどの大きめの
施設が相次いで大規模改修のため休業し,音楽業界的にライブ会場が不足して困ることを表したもので,
当ブログでも話題に取り上げていました.
http://blogs.yahoo.co.jp/shinyokokun/68238864.html
(今本当に誰かが困っているのかどうかは不明です.)


で,それはそれとして,「新横浜クライシス!?って何よ?」と少しぎょっとするフレーズなのですが,
なんのことはない.運営再開された横浜アリーナでのライブイベントの名称なのでした.

   「2016年問題-新横浜クライシス」
   http://www.vintage-rock.com/2016problem/

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/symdlogo1.png
http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/symdlogo2.png




詳細はこういうイベントだそうです.


http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/symdlogo3.png


2016年に限らず今後ずっとですが,
何かこれよりも大きな,深刻なクライシス(危機)がここ新横浜におきませんようにと願うばかりです.






あと新横浜クライシスのイベント主催者さんは,一介の町でしかない「新横浜」の名称を
「クライシス」というネガティブワードと組み合わせて使ったのですから,
代償として新横浜の住民に何かください.(笑)



−−−−−−
http://www.geocities.jp/shinyokokun/logos.gif
http://info.shinyokohama.org/

この記事に

開く コメント(0)

新横浜第1公園工事については5月2日に,「7月から復旧するもの」という採り上げ方をしたばかり
なのですが,
http://blogs.yahoo.co.jp/shinyokokun/69333704.html

最近はこんな風になりました.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/daidaida1.jpg

もう,工事終わり?

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photo9/daiickofk2.jpg

6月30日まで,どうするのでしょう?前倒しで全面供用再開でしょうか??

−−−−−−
http://www.geocities.jp/shinyokokun/logos.gif
http://info.shinyokohama.org/

この記事に

開く コメント(1)

小机の歴史です

新横浜にはたった50年の歴史しかなく,そこをあえてネチネチほじくり返すのが本サイト@新横浜の
アイデンティティだったわけですが,昨今では割とその「たった50年史」に興味を持つ方も多くて,
ブログどころか立派な本まで発行される始末なのはご承知の通りです.



〜〜〜

かたや,新横浜のお隣の小机については,そのスパンは少なくとも10倍以上であり,
500年の時の流れの中で諸々の大きなイベント…歴史が刻まれているわけです.

ですので一応,本サイト@新横浜においても,
新横浜の歴史とは別のページに「新横浜周辺の歴史」をまとめています.あまりに尺が違うので.
まぁ,太田道灌の城攻めと新横浜ラーメン博物館のオープンが,同じ年表に記載されていても
別に問題があるわけではないのですが.

さてそんな立派な歴史を持つ小机(城)について,
最近,2つのブログ記事「ハマ線の今昔」(2016/4/24)と「鶴見川の今昔」(2016/4/29)で,
小机城の歴史が紹介されていることを書きました.

さらに本記事で紹介するのは,小机城の歴史について書かれた2つの書籍です.

まず1冊目.

「私説・小机城はまた眠る」
http://www.bookservice.jp/bs/ItemDetail?cmId=6498697
著者:西岡二郎
出版社:まつ出版
発売日:2015年11月
ISBN:9784944069620(4944069626)
価格:800円

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kozmat1.jpg

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kozmat2.jpg

どうやら,郷土史愛好家の方の自費出版なのでしょうか.
「私説」であるためか,正直やや読みづらい部分もありますが,薄目ながらも丸々1冊が小机です.
上のリンク先では現在注文不可とりましたが,たとえば付近の書店で見かけないこともないです.




〜〜〜



もう1冊はこちら.

「横浜の戦国武士たち」
http://www.yurindo.co.jp/yurin/sinsho/2098
著者:下山治久
出版社:有隣新書
発売日:2012年7月
ISBN:9784896602128
税込価格:1,000円

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kozmat3.jpg

こちらはまるまる1冊が小机の歴史というわけではありませんが,初めの数十ページがやはり
長尾景春の乱を中心とした小机城の歴史を扱っています.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kozmat5.jpg

しかも,何よりこの本の表紙…1977年(昭和52年)の航空写真ですが,手前が小机城址で奥が新横浜なのでした.
二代目亀甲橋は写っていますが,勿論新横浜大橋も日産スタジアムも,新横浜プリンスホテルもありません.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kozmat4.jpg

さらに小机城の支城であった,篠原城の発掘調査の時の写真もちらと載っていたりします.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kozmat6.jpg

こちらはアマゾンでも購入可能]な様です.

ご興味のある方はどうぞ.


−−−−−−
http://www.geocities.jp/shinyokokun/logos.gif
http://info.shinyokohama.org/

この記事に

開く コメント(0)

新横浜魂

新横浜ラーメン博物館の開業は1994年3月.
それ以降,日本中に数多くのフードテーマパークが出現し,何割かは消え,今に至ります.

新横浜ラーメン博物館を模倣してか,昭和中期の世界観を施設内装飾の主題にしているところも
複数あり,そのうち一つの餃子スタジアム(池袋)にいってみた話は昨年ここ書きました.

   「餃子スタジアムに行ってみましたが」(2015/7/16)
   http://blogs.yahoo.co.jp/shinyokokun/68638760.html

   http://www.geocities.jp/shinyokokun/photo9/gyouzast02.jpg

   http://www.geocities.jp/shinyokokun/photo9/gyouzast05.jpg


つい先日,また別のフードテーマパークに行ってきました.
お台場のたこやきミュージアム.ここも雰囲気は昭和30年代の東京ということのようです.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/foothemm1.jpg

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/foothemm2.jpg

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/foothemm3.jpg

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/foothemm4.jpg


池袋の餃子スタジアム,たこ焼きミュージアムに共通して言えることがいくつかあります.それは

・昭和風にしてない現代の物が多数混在してしまっている
・天井の装飾まではしていない
・昭和風スタッフまでは登場しない

まぁつまり全体的に,昭和の雰囲気作りが「ゆるい」と.
偉そうに申し上げて恐縮ではありますが,それだけ新横浜ラーメン博物館の「昭和33年」の作り込みは
徹底しているなぁと感じてきたという話でした.


〜〜〜


TOKYO−MXTVの番組で
「World Business Satellite」(テレ東)と「プロジェクトX」(NHK)を足して2で割ったような,
「企業魂」というのがあります.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kigdms1.jpg

実はここに3月,新横浜ラーメン博物館が登場しており,その中で,
昭和33年風の作り込みへのこだわりや,ラーメン文化の発信について館長により語られています.

中ではさらに,新横浜への想いも.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kigdms2.jpg
http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kigdms3.jpg
http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kigdms4.jpg

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/kigdms5.jpg

これはすごい.
単に新横浜に会社があるというだけはなく,いわば「新横浜のために会社がある」と.
ラーメン博物館館長,元々が男前ですがさらに5割増でオットコマエ〜な発言でした.



というわけで,


新横浜ラーメン博物館を,ただのラーメン店の集合体だと思っている方,

新横浜ラーメン博物館が,近々ヨーロッパに進出することを知らない方,

新横浜に関係するのすべての方,



ぜひ下リンク先の動画を(25分とやや長めですが)ご覧ください.
「企業魂」の配信動画となっています.





−−−−−−
http://www.geocities.jp/shinyokokun/logos.gif
http://info.shinyokohama.org/

この記事に

開く コメント(0)

わんこのさんぽ

ゴールデンウィーク中の新横浜.
数年前まで全くそんな感じではなかった場所に,近頃は連日ちょっとした人だかりができています.


http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/trimmingscl2.jpg

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photoa/trimmingscl.jpg

場所は新横浜プリンススケートセンターの裏手にある,横浜トリミングスクールさんの前です.
ここに休日来る方のお目当ては,以前当ブログでも紹介したことのある「レンタル犬」のレンタル.
http://www.yokohama-trimming.com/rental.html
休日の日中,数組の家族やグループ,カップル等が受け付けに並んでいるのを,時々見かけます.

下が,8年前に書いた,当ブログでのレンタル犬紹介記事の抜粋です.

−◆−◆−◆−
「新横浜ワンコ散歩はいかが」(当ブログ2008/5/24記事)
http://blogs.yahoo.co.jp/shinyokokun/38779312.html

「新横浜に来たついでに犬を連れて周辺を散歩してみる.」新横浜の隠れたレジャーかもしれませんね.
レンタルされるのは,普段は学校のカット練習用に飼われているワンコ達だと思います.
もちろん,「犬を飼いたいがいきなり買うのではなく,まず飼うことを疑似体験してみたい.」
という用途にも役立ちそうです.
生き物を飼うことの意味をよく考えずに,ただ可愛いという理由だけで衝動的に買ってきてしまい,
あとで日常生活にマッチせずに後悔してしまうなんてことは,人間にとってもペットにとっても不幸です.
ですから,
もし今からペットを飼おうと考えている方は,まずこのレンタル犬を利用してみてはどうでしょうか.
それから,「ペットを飼う人間の考えることはまったく理解できん!」という方にも,
一度くらいは少しだけその立場になってみることができるという意味で,案外お勧めかもしれません.
−◆−◆−◆−

※リンク先当時の記事では料金500円/2時間となっていますが,現在は500円/1時間.


この時点でも,そのけっこう前からレンタル犬を扱っている感じがありました.
その後も静かな需要はあった様子で,近年徐々に増えてきて,今や目立って盛況になったという次第.

少し調べてみると,インターネット上で以下の様な紹介記事がみつかりました.





他にも,いくつものここ数年内の紹介記事.

で,さらにテレビで紹介されている実績をまとめたサイトを見つけました.
http://kakaku.com/tv/search/keyword=%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB/

こちらによると,
・スッキリ!! 2009年6月10日(水)日本テレビ
・はなまるマーケット 2009年9月16日(水)TBS
・王様のブランチ 2011年1月22日(土)TBS
・だいすけ君が行く!!ポチたま新ペットの旅『神奈川・横浜編1』2012年2月10日(金)テレビ東京
などで放映されていたようです.

つまりテレビ紹介と着実な口コミで,今や結構な新横浜人気レジャーに成長してきたということですね.


納得.

−−−−−−
http://www.geocities.jp/shinyokokun/logos.gif
http://info.shinyokohama.org/

この記事に

開く コメント(0)

新チョコ浜ラーメン!

新横浜ラーメン博物館の年間フリーパス「ラー博倶楽部」は,
年6回入場しないと翌年無料更新できませんが,1階売店や地下2階屋台を利用するだけでも1回ですので,
近場の方はこまめに立ち寄って入館履歴を稼いでおくことが大切です.


…でも,だいたい結局ラーメン食べてしまいますけどね. ←ラー博の思う壺


さてそんなこんなで前日売店を覗いたところ,こんなものが新発売になっていました.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photo9/shinchoko01.jpg

「新チョコ浜ラーメン」!

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photo9/shinchoko02.jpg

箱の裏側!

チョコっとかけちゃいました.だそうです.

思わず買っちゃいました. ←ラー博の思う壺

   【新商品】新チョコ浜ラーメン【3月12日発売】
   http://www.raumen.co.jp/information/news_000428.html

実は3月から売っていた模様です.

〜〜〜

箱を開けると,中から透明袋に入った新チョコ浜ラーメンが出てきます.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photo9/shinchoko03.jpg

イメージは,ベビースターラーメン的なものにチョコが掛かっていて,
他の物に例えると,チョコフレークでしょうか.というかほぼチョコフレークです.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photo9/shinchoko04.jpg

活きが良くて,そのうちモゾモゾと動きだしそu(自粛




なおそのまま味わうだけでなく,賛同できる食べ方や,賛同しかねる食べ方が推奨されています.

http://www.geocities.jp/shinyokokun/photo9/shinchoko05.jpg

もちろん新横浜限定ですから,お土産や贈答品としても最適です.
ご興味のある方はどうぞ.

−−−−−−
http://www.geocities.jp/shinyokokun/logos.gif
http://info.shinyokohama.org/

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事