将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

ブログを読んで下さった a14**98さんと mn_*v*zx_c*さんから、貴重なご意見が寄せられた。

まず、a14**98さん。

次の様な疑問点が提示された。

1.棋士に勝つレベルのスマホ用のソフトがあるか?
2.終盤の詰み機能等に限定使用か?
3.協力者がいたのか?
4.そもそも、やったかやってないかは真偽不明ではないか?
5.問題の本質は、疑われる行為をしたかしてないか、である。

の5点だ。


私が、感心したのは1番目と4番目の疑問点。

確かに、連盟にこの2点の説明を求めたいものだ。


まず、1番目だが、私の調べたところ、

AI将棋、金沢将棋2、Bonanza

の3つのソフトがあった。(下記に詳述)

但し、これらのソフトがプロに匹敵するバージョンなのか、不明である。

追記:
読者 nevさんからの情報で、ShogiDroidが最有力とのこと。


4番目、真偽不明の件。

要するに、本人の自白以外、証拠がないのではないか、と云うのだ。

もし、真偽不明なら、疑惑だけで、処分してよいのか?


私は、三浦が自分のスマートフォンを提出し、どんなアプリがインストールされているか、

調べて貰えば良いのではないか、と思うがどうだろうか。

と、書き始めたところに、a14**98さんから追伸のコメントがあった。

スマホは使ったが、ニュースを見たり家族友人と通信しただけだ。

アプリ使用だったら違う将棋を気分転換にやっただけ、などとと弁明されたら

どんなに疑わしくても、クロとは言い切れなくなってしまいますからね。 

う〜ん、そうですか・・・

どこまで追及しても、証拠とはならない?


<続く>


*----------*----------*

【スマートフォンに搭載できる将棋ソフト】


製品名称:AI将棋(エーアイしょうぎ)

 開発:Mariku

 世界コンピュータ将棋選手権出場名は、山下宏作のソフト「YSS」


製品名称:金沢将棋2 〜レベル300〜

 開発:UNBALANCE Crp.


製品名称:Bonanza(ボナンザ)

 開発:マグノリア

*----------*----------*
【参照】

この記事に

閉じる コメント(12)

対局が生中継されてるってのが前提ですけど、協力者が居ればPCのソフトで再現してスマホにメール→メール削除
これで表面上は証拠は残りませんね
野球賭博問題みたいに、専門家に頼めばスマホのメールも復元できるかもしれませんが

2016/10/14(金) 午前 7:48 [ hid**rev*ewer ] 返信する

顔アイコン

Androidスマートフォン限定ですが
ShogiDroidというアプリがあります。
これは去年の電王戦で山崎八段に勝利したPONANZAに近い実力を持っているそうです。
佐藤紳哉七段が、TV取材でかなり強い・・・と話していたのはこのShogiDroidの事かと思われます。 削除

2016/10/14(金) 午前 9:36 [ nev ] 返信する

いつも楽しく拝見してます。
最近の事情に疎いのですが、スマホの提出は慣行になっているのですか?
それとも今回が初めてなんでしょうか。
どちらにしても三浦さんの対応に不信感を否めません。

2016/10/14(金) 午後 0:04 [ sta***** ] 返信する

たびたび失礼します

まず確認しときたいのですが、今回の三浦九段カンニング問題は実際真実だとしても残念ながら犯罪ではない、ということです。
よって、警察検察等捜査機関は動いてくれません。そして三浦九段のコメント見る限り、早いうちに弁護士がつきますから、連盟内の規約に無いような人権侵害行為をしようものなら、逆にそれを違法行為として連盟は訴えられかねない…。
つまり連盟自身で三浦九段に厳しい追及はムリです。三浦九段がよっぽど良心ある方でない限り、自白は得られず、スマホも提出してくれない、若しくはヤバイ通信内容は既に削除済のものを出してくるでしょう。
削除メール等の復元も、連盟にそれをやる能力はないし、通信社等も犯罪でないので協力してくれるわけありません。

ま、そういうワケでして、やったかやってないかを問題にするとやり得になりかねないので、疑われる行為の有無を論点にせざるを得ない、と思うんですよ

2016/10/14(金) 午後 0:36 [ a14**98 ] 返信する

顔アイコン

いつもブログを拝見させてもらっていますが、今回は初めてコメントさせて頂きます。
今回の事件は証拠を見つけるのが非常に難しいものだと思います。
ただ、個人的には「対戦棋士5人前後から調査依頼があった」ということに関心しました。
三浦九段が対局する相手は、これまで長く戦ってきたような相手ばかりなので、指し手の違和感が分かるように感じます。
ニコ生で郷田王将だったと思いますが、「タイトル戦をやれば、だいたいの考え方が分かる」と言っていましたが、対局するほどに思考が分かるんでしょうね。
さらに、終盤の勝負どころに20分以上の離席が目立つようならそれは疑惑が出て当然だと思います。
ただ、今回は真偽はどうであれ、将棋界にダメージを負っているので、ここから是非イメージアップをする手を考えてほしいと思います。 削除

2016/10/14(金) 午後 4:27 [ sherbet ] 返信する

いろいろな情報を見る限り不正行為を行ったという確たる証拠は無いようですね。

ならば、もっと穏便にすませる方法があったでしょうに...

今回の件は将棋界だけでなく世間一般に波及する大問題ですよ。連盟は大悪手を指してしまったように思いますね。

2016/10/14(金) 午後 7:03 [ ででで ] 返信する

hid**rev*ewerさん

メールも、将棋ソフトも消してるかも知れない。
仮に将棋ソフトを復元できても、その対局日時に同一局面を検討していたか、その証拠がなければ、ならない。
難しい問題ですね。

2016/10/14(金) 午後 7:46 [ 銀桂一行 ] 返信する

nevさん

有難うございます。
早速、追加させて頂きます。

2016/10/14(金) 午後 7:47 [ 銀桂一行 ] 返信する

sta****さん

調査の為にスマホの提出をさせたら、初めてになります。
対局場への持込み禁止は、12月から実施予定。
関西では既に禁止していると仄聞しています。

2016/10/14(金) 午後 8:00 [ 銀桂一行 ] 返信する

a14**98さん

なるほど〜っ!
個人情報の塊のようなスマホを簡単に提出しないだろう。

もし、提出がされても、外部機関は、法的根拠がなければ、引き受けてくれない。

これは重大問題ですね。

2016/10/14(金) 午後 8:06 [ 銀桂一行 ] 返信する

sherbetさん

指し手の違和感は、直ぐにわかる。
仰る通りです。
羽生世代同志で、もう、20年以上対局しているんですからね。

2016/10/14(金) 午後 8:11 [ 銀桂一行 ] 返信する

でででさん

大、大、大問題です!
三浦が訴訟すれば、勝つんじゃあないでしょうか。
連盟が大変な岐路に立たされることだけは確かにですね。

2016/10/14(金) 午後 8:20 [ 銀桂一行 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事