将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

ブログ読者の mn_*v*zx_c*さんのご意見。

まず、対局中にソフトを使用したかどうかの疑義と、連盟の出場停止という処分理由を

分けて考える必要があると考えます。

確かに、分けて考える必要がある。


*****

【追記 2016.10.17】

この記事を飛ばして「カンニング疑惑」騒動。その6 を読んで下さい。

*****


ソフト使用疑惑をいくら追及しても、証拠はないだろうことは、a14**98さんの一連のコメントでほぼ間違いない。

とすると、本人が認めない限り、クロとはならない。

三浦が訴訟するとなれば、認める訳がない。

従って、裁判になったら、連盟側は負ける可能性が高い。


裁判で敗訴すれば、トンデモナイことになりそうだが・・・

そうはならないのではないか。


「連盟の出場停止という処分理由」は、

「10月12日までに休場届が提出されなかった」ので、迫る竜王戦七番勝負に穴を開ける訳にはいかない。

仕方なく「挑戦者変更」「出場停止」にしたのだ。

この「休場」を言い出したのは、連盟側ではなく、三浦本人なのである。

自分が潔白であるなら、竜王戦七番勝負に出て、堂々と戦えばよいはず。


「ふざけるんじゃあねえ!不正なんかするわけねえだろ!」

「今後、対局のときはスマホや携帯なんて一切持参しない。」

「対局場からも絶対外出しない!」

「これで文句あるかっ!」

と、啖呵を切ればよかったのである。


従って、裁判で三浦が勝ったとしても、

「対局中にソフトを使用したかどうかの疑義」が晴らされるだけである。


だが、それは連盟との間のこと。

残念ながらファンは納得しない。


「 裁判で勝ったから、俺を好きになれ! 」

なんて、元彼女や元妻に迫っても、仕方ないだろう。


*----------*----------*

【聴取した際の疑問】


最終盤で一手ごとに席を立つ、しかもトイレではなく「別室」に入り、10〜20分出てこない。

通常なら1分1秒惜しんで 、盤前で読みふける局面のはず。

三浦の言い分は、「体を休めていた」と回答したらしい。


ブログ読者の a14**98さんの指摘。
三浦九段は休憩を理由に離席と説明している。
将棋会館の対局なら四階から誰も使ってない五階の部屋に移動ってことですかね。
この移動を何十回もするなんて、そっちの方が疲れそうですが。

そうですね。

トイレや関係者の居る休憩室とかなど、人目のあるところなら分かりますが、

「別室」で誰も居なかったのかどうか。

その辺りの詳しいことが聞きたいですね。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


ド素人の私が、対局中継を観戦しているだけで、三浦の指し手に違和感を覚えた。


mn_*v*zx_c*さんも、疑問に思ったと綴られている。
ワタシ個人の心証ですが、クロですねえ。

挑戦者決定戦でも「三浦さんってこんなに踏み込みが良かったっけ?」と感心しましたもの。 

H八段も、ツイッターで「1億%クロ」「俺は二度と戦う気しない」と呟いていたとか。

ましてや、対戦相手の棋士なら、尚更だろう。


*----------*----------*
【棋士のツイートやブログ】


H.T八段のツイート。 2016.10.13

「個人的にも1億%クロだと思っている」「俺は二度と戦う気しない」


田中寅彦@tora_ejison 2016.10.12 23:20

お騒がせします。 恐れていた事が事件となったようです。


野月浩貴@nozuki221 2016.10.12 21:48

現場を突き止めたとか証拠があるなら別だけど現段階の記事で、こんなんで不正棋士とかレッテル貼られるの可哀想すぎる。
「コンピューターと指し手が似てる。席外す回数多いしクロじゃね?」とか他人事じゃないよね。


西尾明@nishio1979 2016.10.12 21:58

事前にソフトで深く研究して対局に望むことと、対局中にソフトを使用することは天と地程の差があります。
取材では対局中に使用する棋士がいるとは思えない、と回答したばかりでしたが。


「渡辺明ブログ」 2016.10.12

大変な事態になってしまいましたが、引き続き将棋界へのご声援を宜しくお願いします。
詳細は各種報道に任せて、ここでは省略します。


田丸昇の「と金の横歩き」 2016.10.14

私はメディアが伝えることしか知らないので、その件について論評することは今は控えます。
ただ三浦九段の名誉と棋士生命に関わる重大なことを、常務会がわずか1日で決定したことについては疑問に感じています。
結果的に将棋界と棋士のイメージが悪くなりました。今後は真相の究明が大事だと思います。


*----------*----------*
【参照】

この記事に

閉じる コメント(3)

ちと専門的な話になりますが、裁判を起こすとしたら連盟でなく三浦九段の方と思われますが、結論から申しますと、現在の報道されている事実を前提としますと三浦九段に勝ち目はほとんどないと思われます
何故かと言いますと、裁判を起こすには起こす側が相手方に対する請求内容を具体的に特定する必要があります
今回の場合、考えられるのが]¬舛、カンニング疑惑があると公表したことを名誉毀損だとしての損害賠償請求、3ヶ月出場停止処分を攻撃対象とした-1:処分取り消し求めの訴え,-2:出場停止期間中、得られたであろう対局料等を損害額としての賠償請求、あたりです
この内、△砲弔い討蕨¬舛処分理由を三浦九段から「指せない、と言ってきたのに、休場届けを出してくれなかったから(代わりに出してやったのよ、ってことですかね)」としている以上、この連盟の対応が、連盟の規約や過去の連盟内同種事例について連盟が下してきた処分等を参考に妥当なものであったかが主な争点になると思われます
スポンサー等との関係や、対局拒否は三浦九段自身が言い出したことですから、連盟の対応が不当と裁判所から評価される可能性は低い

2016/10/16(日) 午前 10:28 [ a14**98 ] 返信する

名誉毀損については、まだ三浦九段に勝ち目があると思いますが、連盟はカンニングの疑惑があるとしか言っていません。
よってこの場合の争点は、三浦九段がカンニングをやったかやってないかでなく、カンニングをやった疑惑があると連盟が公表したことの妥当性です。
そしてその疑惑の根拠も、やっていると認定するには足りないでしょうが、疑惑があるとするには十分なものです。
また、挑戦者が急に対局を放棄したのにその放棄理由を公表しないのは、それこそ将棋ファンが許さないでしょうし、連盟にそうまでして棋士を護る義理義務はないと思われます。

連盟の顧問弁護士は、裁判対策という点については非常に良いアドバイスを連盟にしていると思いますよ。

2016/10/16(日) 午前 10:40 [ a14**98 ] 返信する

顔アイコン

a14**98さん

なるほど〜、判り易い。

連盟も当然、顧問弁護士と相談していますよね。

有難うございます。安心しました。

2016/10/16(日) 午前 10:55 [ 銀桂一行 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事