将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

a14**98さんから、ご指摘を頂いて、私は大きな勘違いをしていたことに、気付かされた。
(下記にコメント全文紹介)

私は、報道のタイトルだけを読んで舞上がり、見誤っていた。

本当のところは、次の通りだ、と思う。

三浦九段にカンニング疑惑を質したら、休場すると申し出た。

しかし、期限までに提出がなかった。

よって、仕方なく出場停止処分にした。


ところが、Web報道などでしか知らされていない棋士も同様の誤解をしている。

将棋連盟は、三浦九段がカンニングをしたから、出場停止処分にした

と勘違いしているのだ。


全く違う。


説明を加える。(私の憶測も含む)


渡辺竜王を含め数人の棋士から、三浦九段のカンニング疑惑が持ち上がった。

三浦九段は今期竜王戦挑戦者で、10月15日から開幕する。

竜王戦七番勝負を目前に控え、将棋連盟としては、疑惑を払拭しておきたかった。

重要な点は、

将棋連盟は、疑惑を払拭しておきたかった

と云う点で、聴取の目的はこれである。

竜王戦の最中に問題が発覚したら、取り返しがつかない。

勿論、カンニングを認めれば、挑戦者交代である。


そして、カンニング疑惑について聴取したところ、三浦は

「 疑念を持たれたままでは対局できない。休場したい 」と言い出したらしい。

それならば、それで良い。

休場理由欄に「体調不良」と本人が書いて出せば、その理由で処理できた。

連盟も疑惑の段階で、事を荒立てる必要はない。


しかし、期日までに休場届が提出されなかった。

一般棋戦、予選なら対局に姿を現さなかったら不戦敗で当日処理できる。

理由を公表せず「不戦敗」だけで済ませられる。

だが、タイトル戦の七番勝負に欠席、「不戦敗」なんて、許されない。

理由を勝手に創作する訳にもいかない。

七番勝負の挑戦者を理由不明で休場させる訳にはいかない。

新聞社に対して説明し、挑戦者交代の了承を得なければならない。


当然、交代する挑戦者には新聞社に説明する前に了解を得ておかなければならない。


11日の聴取で翌12日が、提出期限。

「僅か1日で可哀想」と批判する棋士もいるが、これは致し方ない。

15日が第1局開始で、14日が前夜祭だ。

12日がタイムリミットは当然である。


以上、私の憶測も入っているが、

結論:連盟の対応や処置は決して間違ってはいなかった。



*----------*----------*

【カンニング疑惑とは】

 コンピュータ将棋ソフトを使用して指し手を探索(カンニング)していたのではないか、と云う疑惑。

 その方法は、ソフトを自分のスマートフォンにインストールしているか、

 または、対局場外のパソコン(将棋ソフトがインストール済)で協力者が指し手を検索し、

 電話またはメールで対局者へ連絡する。


*----------*----------*

【 a14**98さんのご意見】

三浦九段が裁判を起こしたら。

三浦九段に勝ち目はほとんどないと思われます。

裁判を起こす側が、相手方に対する請求内容を具体的に特定する必要がある。

今回考えられるのが

]¬舛、カンニング疑惑があると公表したことを名誉毀損だとしての損害賠償請求

3ヶ月出場停止処分を攻撃対象とした

-1:処分取り消し求めの訴え

-2:出場停止期間中、得られたであろう対局料等を損害額としての賠償請求

あたりです。


この内、△砲弔い討蕨¬舛処分理由を三浦九段から「指せない、と言ってきたのに、休場届けを出してくれなかったから

(代わりに出してやったのよ、ってことですかね)」としている以上、

この連盟の対応が、連盟の規約や過去の連盟内同種事例について連盟が下してきた処分等を参考に、

妥当なものであったかが主な争点になると思われます。

スポンサー等との関係や、対局拒否は三浦九段自身が言い出したことですから、

連盟の対応が不当と裁判所から評価される可能性は低い。


名誉毀損については、まだ三浦九段に勝ち目があると思いますが、

連盟はカンニングの疑惑があるとしか言っていません。

よってこの場合の争点は、三浦九段がカンニングをやったかやってないかでなく、

カンニングをやった疑惑があると連盟が公表したことの妥当性です。

そしてその疑惑の根拠も、やっていると認定するには足りないでしょうが、疑惑があるとするには十分なものです。

また、挑戦者が急に対局を放棄したのにその放棄理由を公表しないのは、

それこそ将棋ファンが許さないでしょうし、連盟にそうまでして棋士を護る義理義務はないと思われます。

連盟の顧問弁護士は、裁判対策という点については非常に良いアドバイスを連盟にしていると思いますよ。

*----------*----------*
【参照】

この記事に

閉じる コメント(17)

顔アイコン

でも、聞き取り調査を行った常務会に竜王戦の対戦相手である渡辺竜王が同席していた件については妥当だと思われますか?

2016/10/16(日) 午後 9:20 [ たこたこ金(^◎^) ] 返信する

この件に関しての投稿は始めてですね。私も銀桂さんの思われている通りだと思います。

疑惑発覚してから今まで気になって関連のネットや記事等ばかり見ていて、他に夜の自分の時間にやりたい事等が出来ていません

ベタな意見ですみませんが、コンピューター将棋は去年今年急に強くなった訳ではないので、もっと早く対策出来たと思いますが。

三浦の棋譜、竜王戦久保戦&挑決丸山戦第2&3局。順位戦渡辺戦をもう一度見たけど、やはり怪しい。これで離席も相当多かったのでしょうね。

あと、もし丸山が繰り上げ挑戦拒否してたらどうなっていたのでしょうね?。深浦と久保の挑決?。丸山よりどちらか出た方が、渡辺にとって嫌だろうけど

2016/10/16(日) 午後 10:13 [ kom***** ] 返信する

本当に報道はおそろしいですね。私もさっきまで「指せない」としか三浦九段が言っていないと思い込んでいましたが、よくよく最初の報道見直したら「休場」と三浦九段が申し入れてますね。

また、私は無知な若いファンなのでタイトル戦の対局拒否なんて陣屋事件しか知らないんです。なので、今回の処分の妥当性はそれと比べるしかできないんで、陣屋事件を持ち出して批評をしたことが、もし何か気に障りましたらすいません。

2016/10/16(日) 午後 11:08 [ a14**98 ] 返信する

顔アイコン

たこたこ金さん

コメント有難うございます。
問題ないと思います。
記事で回答させて頂きます。

2016/10/17(月) 午前 1:31 [ 銀桂一行 ] 返信する

顔アイコン

kom****さん

もっと早く対策出来たと思いますね。
その点が連盟の落ち度でしょうね。
「李下に冠を触れさせず」とすべきでしたね。

丸山九段は急な依頼を承諾してくれて、本当に良かったと思います。
もし丸山が断っていたら。
挑戦者が対局日直前に病気入院なんてこと、有り得ますから、当然、規程に設けられていると思いますが、私は知りません。

2016/10/17(月) 午前 2:11 [ 銀桂一行 ] 返信する

顔アイコン

a14**98さん

色々示唆深いコメント、有難うございます。
陣屋事件のコメントで気分を害したりしていません。
いずれ書こうと思います。

2016/10/17(月) 午前 2:16 [ 銀桂一行 ] 返信する

顔アイコン

>渡辺竜王を含め数人の棋士から、三浦九段のカンニング疑惑が持ち上がった。

指摘した棋士が誰かってのは確定情報じゃありませんよ 削除

2016/10/17(月) 午前 11:16 [ 1285 ] 返信する

顔アイコン

1285さん

記事にして返答させて頂きます。

2016/10/17(月) 午後 3:56 [ 銀桂一行 ] 返信する

顔アイコン

三浦九段本人が弁明しないからややこしい。

九段はタイトルを除けば最高段位なので、それなりに重い責任もあるとおもうんだけど。

もう少年じゃないんだから、引きこもってもしょうがない。
訴訟して見込みが薄いなら、薄くなくても、

それなりの身の潔白を証明してほしい。 削除

2016/10/17(月) 午後 5:09 [ 平々凡々 ] 返信する

どうすれば将棋を楽しめる以前に戻ることができるのでしょうか。

現状を面白がっている人が多くいることで、意外と将棋ファンが多いことがわかりました。

でも、人間同士の将棋を見られなくなったら困るのではないでしょうか。

私ははっきり言って困ります。

現状を面白がっている人も、将棋を楽んでいる数少ない人種の1人です。

世界中の誰でも名曲を聞くことはできます。でも、名作と呼ばれる詰将棋を楽しめるのは、本当にわずかな変わり者です。

将棋界の心配をいている希少種のみなさんや、現状を楽しんでいる、やはり希少種のみなさん。一体この騒動で何を望んでいるのか。

私は鬼気迫る戦いが見たいのです。だからこそ戦いにドラマがあるのです。

黒かもしれませんが、グレーの方が誰にとってもいいに決まってる。黒で誰が得をするのか。

黒が判明したら、あなたの楽しみがなくなるよ。

一刻も早くこれまでの勝負の世界に戻ってほしい。

一連の騒動で勉強になったことといえば、100パーセントは「絶対」、1億パーセントは「濃厚」を意味し、逆に可能性が下がることがあるということ

2016/10/18(火) 午前 0:22 [ a08*5*42*00 ] 返信する

顔アイコン

平々凡々さん

きちんと主張すればよかった。
カンニングできない状況で対局して、勝ってみせりゃあ良かった。
棋士生命に係る大事ですからね。

2016/10/18(火) 午前 11:32 [ 銀桂一行 ] 返信する

顔アイコン

a08*5*42*00さん

白黒が着けられるなら、着けるべきだと思います。

白黒がはっきりしないから不幸だと思います。

人間同士の勝負の世界ですからね。

2016/10/18(火) 午前 11:36 [ 銀桂一行 ] 返信する

確かに、白黒の勝負の世界で生きておきながら、「難問はグレーで」は通用しませんね。

いろんな方のコメントを読ませていただくと、「臭いものに蓋」派の私は変わり者のようです。

情報の溢れる世の中は甘くありません。

ファンやスポンサーの信頼を取り戻すには、膿を出し切るしかないと感じてきました。

2016/10/18(火) 午後 2:17 [ a08*5*42*00 ] 返信する

顔アイコン

a08*5*42*00さん

同感です。

膿を出し切るか、それが出来なければ、

二度と化膿しなように処置して欲しいものです。

2016/10/19(水) 午前 1:31 [ 銀桂一行 ] 返信する

三浦九段から声明が出ましたね
笑っちゃうぐらい、連盟と三浦九段で争点にしようとしているところがズレてる
三浦九段側は、完全に連盟に自分がカンニングをやったとする証拠及びそれを発見等する捜査能力がないことを見抜いている。だから、主戦場を立証責任が連盟側にある、カンニングをやったかやってないかにしたい
一方、連盟も自己の能力は分かっているから、カンニングについての追加調査はしないと発表したのであるし、立証責任を本来三浦九段側が負う出場停止処分の不当性を主戦場にしたい。
しかし、多くのマスコミ、そして今回の声明文が何故か休場を三浦九段から言い出した、という重大な事実を無視してカンニングを処分の直接的な理由としてしまっている。だから、不思議なことに連盟側が、三浦九段のカンニングを立証しなければならない雰囲気になってしまっている
マスコミの扇動は兎も角、処分理由が分かっているはずの当事者がこんな噛み合わない話をするのは非常に悪質ですね
三浦九段が休場申し入れたという、連盟が嘘をついているのか、三浦九段がワザとマスコミの扇動記事に乗っかって本来の処分理由からは頓珍漢な反論をしているのか

2016/10/20(木) 午前 0:03 [ a14**98 ] 返信する

仮に連盟が処分理由を嘘をついているにしても、そのことについて声明文で触れてないのは非常に不自然。
また出場停止処分が不当だというなら、声明文でごちゃごちゃ言う前に何故、弁護士が付いているのに出場停止処分の仮差止や取消を求める本訴提起をしないのか。やっていることの目的が、自己の挑戦者という権利地位回復というより、世間から口喧嘩の勝者と見られる為と思われ、非常に悲しい。

2016/10/20(木) 午前 0:17 [ a14**98 ] 返信する

顔アイコン

a14**98さん

はい、その通りですね。
相談した弁護士は、パソコンのことも、将棋、将棋ソフトの知識が全くない方なんでしょうか。

今回の反論文で納得した箇所は、「外出せずに出前を取った」件だけでした。(笑)

私が三浦九段なら、第一行目に、「私は、休場したいなんて一言も言っていない!!」から始めますね。
それを書けないなら、この反論文は、全く意味がない。
書けないのは「休場したい」と話したからなんでしょうね。

2016/10/20(木) 午前 2:42 [ 銀桂一行 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事