将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

我々将棋ファンは、今回の成り行きを、しっかり受け止める必要があります。

目を背けずに!


正直吐露すると、考えるのも嫌になりました。

何故なら、余りに醜い。

それに、私自身、ちょっぴり後悔しています。

騒ぎ過ぎたか、と。


しかし、連盟も、棋士も、一生懸命です。

それ故に生じた。

あの谷川浩司が会長、責任者ですよ!

これ以上の最善手が、将棋界にあったでしょうか?

絶対に有りません!

文句があったら、大橋宗桂、伊藤看寿を訴えろ!

と、私は叫びたい!


従って、決着は、谷川会長が着ければいい。

私は、谷川会長の決断を全て支持します!


ところで、『週刊文春』が再度スクープです。

三浦九段の反論文に対して、それが虚偽だとのこと。


面白いですねえ。

面白いって、不謹慎ですか?

でも、野次馬根性じゃあないんですヨ!

考えてみて下さい。

人間模様の縮図じゃあないですか!


三浦九段が、もしかしたら、嘘を吐いているかも知れないんですよ!

あの朴訥な三浦なら、正直に話すハズです。

ですから、10月22日付の反論文が発表されたときは、案の定[『週刊文春』はデタラメだな、

と、誰もが三浦を応援したんじゃあないでしょうか。


ところが、今週、文春の反論が出た。

やはり三浦が嘘を吐いているかも知れない。

でも・・・生身の人間ですもの、赦してあげましょう。

アハハハ

私はもう三浦を責めません。

将棋連盟も責めません。

新聞社がスポンサーを降りたら、構やあしません。

そんな新聞社、こっちから見限りましょう!


そんなことより、

今回の状況を具に描いて、感想戦をやろうじゃあありませんか!

日本の叡智を集めた将棋連盟が誤ったんじゃあないですか!

堂々と、何が悪かったのか、凡人に模範を示そうじゃあないですか!


*----------*----------*

『週刊文春 11月3日号』速報 2016.10.26 16:00

将棋の「スマホ不正」を巡る問題で出場停止処分を受けている三浦弘行九段(42歳)が

10月21日に「私はスマートフォンの提出を拒否した訳ではありません」などとする反論文を公表したが、

実際は拒否していたことが週刊文春の取材で分かった。複数の日本将棋連盟関係者が明かした。

三浦九段は10月11日の常務会で休場することを自ら申し出たあと、一度はパソコンとスマホの提出に同意。

実際に連盟職員と携帯ショップに行き、連盟が貸し出した端末にアドレス帳などを同期させ、自らのスマホは職員に渡していた。

その後、三浦九段と職員はパソコンを連盟に郵送するために、新幹線で三浦九段の自宅がある群馬県高崎市に向かった。

その間、三浦九段は誰かに連絡を取っていたという。

ところが自宅でパソコンの郵送の手続きを終えたあと、三浦九段は「やっぱりそれは渡せません」と言って職員からスマホを取り戻し、

「これから妻と弁護士と話をします」と言い残して車で立ち去った。

この件について三浦九段の代理人を務める弁護士に取材を申し込んだが、「個別の取材には応じない」として回答しなかった。

三浦九段の反論に関して、「スマホ提出」を含むいくつかの疑問点を10月27日発売の週刊文春が報じる。


*----------*----------*
【参照】

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

これ,そもそも2日制のタイトル戦だったらどうなんでしょう。
当然,ソフトで研究しますよね。
封じ手の前から詰みまで読み切られてしまうなんてこともありえますよね。

2016/10/28(金) 午前 11:52 [ hik*z*aki ] 返信する

hik*z*akiさん

ホント、恐ろしいですね。
1日目、自分が封じて、後、ソフトに考えさせれば、朝起きたら、答えが出てる。
これなら、外部の協力者に頼んで、ホテルの電話でも可能。
携帯や電子機器を取り上げられても平気ですね。

2016/10/29(土) 午前 2:29 [ 銀桂一行 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事