将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

将棋ソフトの指し手を解説できるうちは、なんとか勝てる可能性が残っているのかも知れない。


61手目▲6五歩の局面が勝敗の分かれ目だったかも知れない、と昨日書いた。

その根拠が、この後の手順。


【図1. 61手目▲6五歩まで】
イメージ 1


図1からの指し手

△4五歩 ▲5五銀
△5四歩 ▲6六銀
△7三角 ▲3七角
△同角成 ▲同桂
△4四角(図2)



【図2. 70手目△4四角まで】
イメージ 2



先手の棋士軍3人は、4六銀が6六へ移動できて、ほくそ笑んだ。

その上、ゼロ手で3七桂と跳ねられたのだから、嬉しくない訳がない。

棋士10人にこの指し手の流れを問えば、10人が10人「 先手、良し! 」と答えるだろう。


将棋ソフトは、一体何を考えているのか?

却って・・・不気味。


△4四角と打たれてみると、先手の6六銀を狙いつつ、△2六歩から飛車交換を目論んでいる。

飛車交換になれば、陣形が伸び切っている先手は堪ったものではない。

そして、交換後の△2六角が先手の3七桂取りになっている上、先手の受けが難しくなっている。


人間の心理を見透かしているのか?

疑心暗鬼に陥る。


*----------*----------*
【開催概要】

『電王戦合議制マッチ2016』

棋士軍とソフト軍による3対3の対局。棋士軍の指し手は合議により決定。
ソフト軍の指し手は各ソフトの候補手を基に多数決で決定。
多数決で指し手が決まらない場合は将棋電王トーナメント上位ソフトの候補手を採用。


日程:2016年12月31日(土)大晦日

対局カード:棋士軍 vs ソフト軍

棋士軍:森下卓九段、稲葉陽八段、斎藤慎太郎六段

ソフト軍:PONANZA、nozomi、大樹の枝

持時間:3時間(チェスクロック方式)、秒読み3分。

対局開始時間: 17:00

結果:156手で後手ソフト軍の勝ち

対局会場:ニコファーレ

代指し:新 電王手君(株式会社デンソー)

解説者:木村一基八段、野月浩貴七段

聞き手:香川愛生女流三段、室谷由紀女流二段

記録係:山口恵梨子女流二段

主催:株式会社ドワンゴ、公益社団法人日本将棋連盟

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事