将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

全体表示

[ リスト ]

昨日、臨時棋士総会で青野、中川、片上の3理事が解任された。

なんとまあ、解任とは!

辞任すればよかったのに。

こんな結末になったのは、なんとも拙劣である。

まあ、一番の被害者は、三浦九段であろう。

しかし、これを見事解決するのも、三浦だった。

昨年末、疑惑が晴れてから、何ら行動を起さなかった。

将棋四百年の歴史で、五本の指に数えられる英雄

となれたに違いないのに・・・

竜王のタイトル十連覇以上の値打ちがあった。

残念!!



*-----------*----------*
【ニュース冒頭】


日本将棋連盟(佐藤康光会長)は平成29年2月27日(月)、臨時棋士総会を開き、

一部の棋士から出されていた5理事の解任を求める議案への投票を行った。

開票の結果、

▽青野照市専務理事(64歳)
▽中川大輔常務理事(48歳)
▽片上大輔常務理事(35歳)

の3理事の解任が決まった。

東和男常務理事(61歳)と佐藤秀司常務理事(49歳)の解任は否決された。


今月6日の総会で、昨年10月に明らかになった三浦弘行九段(43歳)の

将棋ソフト不正使用疑惑の際の対応が

(1)棋士の立場を守らず棋戦運営に支障をきたした
(2)将棋連盟の信用を大きく損ねた

などの理由で辞任を求める声が上がっていた。

その後、投票による解任を求め、28人の棋士が開催を請求し、今回の臨時総会が開かれた。

234人の正会員中216人(委任状を含む)が出席した。

三浦九段の疑いは昨年末の第三者調査委員会の報告で晴れている。

疑惑で三浦九段が出場停止処分を受けた時点の谷川浩司会長(54歳)

と島朗常務理事(54歳)は1月に辞任している。


 毎日新聞 2017年2月27日 16時12分(最終更新 2月27日 16時12分)【山村英樹】

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事