ザ・光のメッセージ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全43ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

真に幸福な人は、一日中、

自分のことなどはまったく考えておりません。

夜、寝るころになって、ふと気がつくと、

「今日は、自分のことは考えなかったな。

私はという主語で一度も考えなかったな」

と思う人は、かなり幸福な人です。

その反対に、一日中、

自分のことを考えている人は、

不幸な人です。

「自分を護りたい」という気持ちは

誰にもありますが、

自分が主語になっている人は、

残念ながら、

あまり幸福ではありません。

自分自身のことを考える時間を短くして、

ほかの人のことを思いやる時間を

増やすことが大事です。

 (大川隆法著「ストロング・マインド」より)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

日本人は、「日本の歴史」について、

きちんと説明できるだけの誇りと

自信を持たなければいけないと思います。

もちろん、どの国の歴史にも、

よいところばかりではなく、

悪いところもあるとは思います。

しかし、

「その悪いところだけを取り出して教え、

よいところを全部見ないようにする」

というのは、非常に偏った、間違った教育です。


日本には、

優れたところが数多くあったと思います。

「日本人のみの美徳」というものは

かなりありましたし

日本は、神様に長く守られてきた国なのです。

 (「国を守る宗教の力」より)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

男女の性別、年齢、頭のよし悪し、体の大小など、

他人との違いは、いろいろあるでしょう。

しかし、それであってこその個性です。

他の人々の存在を肯定するなら、

自分自身の存在をも肯定しなさい。

「そのあなたでよいのですよ」と言って、

仏は許しているのです。

「そのあなたでよいのです。

他の人でなくてよいのです。

その名前を持ったあなたでよいのです」と、

今世の魂修行を許可されたのですから、

あなたは、

あなたの生き方をしていけばよいのです。

いま与えられているもののなかで、

自分として最善の生き方をしていくことです。

 (「アイム・ファイン」より)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

とにかく

仏法真理を知ることが大事です。

生まれ変わりの仕組みや、

「あの世には天国と地獄がある」

ということなどを知らなくてはなりません。

一方、遺された家族や子孫は、

仏法真理に目覚め、

日々、修行をし、

徳を積むことが大切です。

そういう人が子孫にいるということは、

先祖にとっても

非常にありがたいことなのです。

「遺された人が、

正しい道に目覚めて生きることこそ、

最大の供養である」ということを

知らなければなりません。

 (「先祖供養の考え方」より)

この記事に

開く コメント(0)

立ち上がる力−207

イメージ 1

人間には、「回復する力」

「立ち上がる力」があるのだと思います。

壊滅的な被害を受けて、「もう駄目か」と思っても、

十数年たてば、見事に回復し、お祭りができ、

新しい命が生まれて、

そうしたことの記憶のない人たちが、

次の世代として成長していくのです。

これは、まことに、まことに、うれしいことです。

私たちの仕事は、

いつの時代も、そう簡単に

世の中に認められることはありません。

しかし、やらなければならないことは、

やはり、やらなければなりません。

たとえ、「縁の下の力持ち」で終わったとしても、

「やらねばならぬ」と思うことは、

何とかして、やらねばならないのです。

 (「志を崩さない」より)

この記事に

開く コメント(0)

全43ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事