マイケルのココロ--FOREVERLAND

マイケル・ジャクソンさん関連♪ThisIsItダンサー略歴、ダンサーやオルテガ、オリアンティのインタビュー、愛読書、歌詞など

全体表示

[ リスト ]

『はてしない物語』とサミュエル・ウルマンとマイケル・ジャクソンのいう子供 (理想 詩ネバーエンディングストーリー想像力赤ん坊wanna be startin' somethin'ミヒャエルエンデ)

Michaelの中の「Child」:世界一誤解された言葉

マイケル・ジャクソンさんの歌詞、詩、発言には、時々children, baby(子供、幼子、赤ん坊)といった言葉が登場します。文字通りの意味のことも、もちろんあります。
 
ですが「ずっと子供でいたいんです」とか「僕の中の子供が死んでいくよ」というような文脈で彼が使う「子供」という言葉は、childish=「責任のない、わがままな存在」という意味ではなく、
 
真実を見つめ、理想を追う無垢な精神」という意味であり、
地球の生命と一体になって自分の中にもある、無限の力を秘めた敬愛すべき存在」でもあり、
想像」と「創造」の源泉でもあると思います。
 

Michaelの「Child」と『The Neverending Story』

マイケルの世界観について、とても分かりやすいヒントがあります。児童文学の傑作『はてしない物語』を覚えておいででしょうか? (原題『Die unendliche Geschichte』、英題『The Neverending Story』ミヒャエル・エンデ作)
 
この物語で作者エンデは、ファンタージエンという想像の王国を統べるものに、「幼ごころの君」という名をつけています。
 
主人公は落ちこぼれのいじめられっ子。ですが、物語を作ることだけは得意な彼、ある本をきっかけに迷い込んだimaginationの王国で縦横に力を発揮します。でも想像の王国は、そこだけで完結していると、その本来持つ はてしない力を失ってしまいます。彼は冒険の中で、この「想像力」の性質に起因する内在的な問題に直面しますが、次のことを学び、精神的に成長して帰ってきます。
「imaginationの王国は、real worldにおけるloveと結び付いてこそ 
                 はてしない力を人に与えることができ、
 real worldは、imaginatonの王国の助けを借りてこそ 健やかな姿を保つ」
これがこの本の中核メッセージだと思います。本のラストの会話↓が、それを象徴しています。場面は、ファンタージエンという想像上の国を冒険することで、現実世界の愛に気づき、現実に向き合う強さを手にした少年が、本を盗んでしまった店のおじさんに謝りに行ったところ。少し長くなりますが、マイケルの世界観と重なりますので、引用します。
 
「それじゃ、おじさんはぼくの話をしんじてくれるんですか?」バスチアン(少年)はたずねた。

「もちろんだ。」(少年の冒険の話を聞いて、古本屋のおじさんの)コレアンダー氏は答えた。「もののわかった人間なら、誰だって信じるだろう。」

「正直いって、ぼく、信じてもらえるとは思っていませんでした。」バスチアンはいった。

「絶対にファンタージエンにいけない人間もいる。」コレアンダー氏はいった。
「いけるけれども、そのまま向こうにいきっきりになってしまう人間もいる。それから、ファンタージエンにいって、またもどってくるものもいくらかいるんだな、きみのようにね。そしてそういう人たちが、両方の世界を健やかにするんだ。」
、、、、
「どうしておじさんはそんなによく知っているんですか?もしかして、おじさんも、ファンタージエンにいったことがあるんじゃないんですか?」

「もちろんいってきたよ。」コレアンダー氏はいった。、、、
「ほんとうの物語は、みんなそれぞれはてしない物語なんだ。」コレアンダー氏は、壁にそって天井までぎっしり並んでいるたくさんの本を目で追った。、、、
「ファンタージエンへの入口はいくらもあるんだよ、きみ。そういう魔法の本は、もっともっとある。それに気づかない人が多いんだ。つまり、そういう本を手にして読む人しだいなんだ。」

「それじゃ、はてしない物語は、人によってちがうんですか?」

「そう思うんだよ、おれは。」コレアンダー氏は答えた。
「それに、ファンタージエンにいってもどってくるのは、本でだけじゃなくて、もっとほかのことででもできるんだ。きみも、やがて気がつくだろうがね。」、、、

コレアンダー氏のブルドッグのような顔が、一瞬、やさしく輝いた。若々しく、美しくさえ思わせる輝きだった。

「ありがとう、コレアンダーさん!」バスチアンはいった。

「おれの方がきみに礼をいわなくちゃならんよ。」コレアンダー氏は答えた。「きみ、ちょくちょく顔を見せてくれるといいな。おたがいの経験したことをはなしあおうよ。こういうことをはなしあえる人間はそうたくさんはいないから。」
、、、
コレアンダー氏はドアをそうっと閉め、二人(少年と父親)を見送った。
、、、かれはつぶやいた。「きみは、これからも、何人もの人に、ファンタージエンへの道を教えてくれるような気がするな。そうすればその人達が、おれたちに生命(いのち)の水を持ってきてくれるんだ。」
 
そう、マイケルが大切にした「自分の中の子供」は、「想像の王国と現実世界を行き来して、両方の世界をすこやかにする、無垢で無限の(はてしない)力を持つ精神」のことではないでしょうか。
 
彼は、想像の世界に翼をはばたかせることで、生命の根源とつながる深い知恵(生命の水)を得ると、それを現実世界に持って帰ってきて歌という形で広めています。ファンタージエンと現実とをつなぐメッセンジャーと言えるかもしれません。そして彼の歌は一つ一つが、人によってはファンタージエンの入り口となる「はてしない物語」なのではないでしょうか。

Man-child(マンチャイルド)=心に子供を持つ大人=理想を抱く行動者

マイケルは、「地球のいのちとつながった無垢な心」をいくつもの美しい詩にしました。(詩集『Dancing The Dream)
 
彼は92年のインタビューで「芸術の存在意義は、物質と精神、神性と人間性の融合です」と述べています。
 
マイケルの中の「地球とつながった無垢な心」は、「生命の力、喜び、真実の姿、理想、愛」など目に見えない精神を「音楽や詩」など人が感じられるモノへと移し替える、つまり精神と物質をつなぐマジック・ボックスだったわけです。
 
この創造の源泉のことを彼は「自分の中の子供」と呼び、生涯大切にしていました。それが「子供であり続けたい」という言葉。
 
この一言は散々誤解されているようですが、マイケルの言う「子供」は「無責任でワガママな存在」という意味ではなかったと思います。むしろ正反対。彼は、世の中に目を見開き、その真実を受け止め、責任を負う覚悟を持って「子供の精神」を守り続けていたと思います。
 
もし、「子供であり続けたい」が、「無責任にワガママに生きたい」という意味だったら、より良い世界、よりよいアートの追求など諦め、チャリティや音作りはいい加減にして、自分の責任の範囲を限定すればよかったはずですが、マイケルはそれをせず、THIS IS ITのリハーサルでも会場に真っ先に現れ最後に去るような男だったそうです(グラミー中継時のミュージシャン、アル・アレックスの証言)。
 
不思議なことに、世間的には諦めれば諦めるほど「オトナ」らしいと言われ、諦めず大きな責任を敢えて背負ったマイケルの方が「コドモ」と言われるようです。ですが実際のところはどうでしょう?
 
例えばキング牧師は、黒人の座っていい席が限定されているのが当たり前の時代に、「人種にかかわらず誰もが自由に座れる座席という、当時としては非現実的な夢」を見てそれを実現しようと行動し、命を落としました。では彼は、「現実を受け入れられないコドモ」だったのでしょうか?それとも彼は、見て見ぬふりもできたのに、敢えてより多くの責任を請け負って理想に近づこうと行動した「偉大なる夢見・行動人」だったのでしょうか??
 
例えばマンデラ氏は、アパルトヘイトの撤廃という、当時としては非現実的な夢を見てそれを実現するため、何十年も獄中にありました。では彼は、「現実を受け入れられないコドモ」だったのでしょうか?それとも彼は、諦めることもできたのに、敢えてより多くの責任を請け負って理想に近づこうと行動した「偉大なる夢見・行動人」だったのでしょうか?
 
マイケルも、「見て見ぬふりもできた」はずの責任を次から次へと負って、より良い世界を実現するために行動しました。マスコミの知らないところで少年デイヴの精神的な父親代わりとなってその人生を助けたり、重病の子供達に会っては生きる希望を与えたり、世界の孤児院に遊び場を作る運動をしたり、黒人の教育向上に尽力したり、ツアー収益全額を原資として財団を作って戦地の子供に救援物資をおくったり、、、。そんな彼は、「現実を受け入れられないコドモ」だったのでしょうか?それとも彼は、無垢な心で世の中を見て、理想を描き、その実現に奔走した「夢見・行動人」でしょうか?
 
私は、3人ともコドモだったのではなく、無垢な子供の心を保って理想を追求した、強い、行動する大人だったと思います
 
理想と若さの関係についての名詩を抜粋します。
『YOUTH(青春、若さ)』サミュエル・ウルマン

青春とは人生の一時期のことではなく 心のあり方のことだ。
若くあるためには、創造力・強い意志・情熱・勇気が必要であり、
安易(やすき)に就こうとする心を叱咤する 冒険への希求がなければならない。
人間は年齢を重ねた時 老いるのではない。理想をなくした時 老いるのである。
、、、
六十歳になろうと十六歳であろうと人間は、驚きへの憧憬・夜空に輝く星座の
煌きにも似た事象や思想に対する敬愛・何かに挑戦する心・子供のような探究心
人生の喜びとそれに対する興味を変わらず胸に抱くことができる。
、、、
自然や神仏や他者から、美しさや喜び・勇気や力などを感じ取ることができる限り、
その人は若いのだ。
 

私達の中の子供を見つけることができたらWe'll Be Startin' Somethin'

差別、戦争、環境破壊などについて、私達の中にひそむ無垢な心は実は「何とかしたい」と感じているのではないでしょうか。でもそれはなかなか行動に表れなかったりします。無垢な心の樹のまわりに、「常識」「諦め」「めんどう」のツルが絡みついて、ジワジワと真ん中にある樹を殺していっているからかもしれません
 
Wanna Be Startin Somethinの中に「Now Babys Slowly Dying(僕の中の)赤ん坊がじわじわと死んでいくよ」という叫びがあります。
 
Babyには色々解釈があり得ますね。マイケルの歌は、内省に始まり、世界への訴えへと高まる傾向があるので、この歌も最後の部分にヒントを求めてみると、「胸を張って世界に叫ぶんだ、自分の力を信じると。そうすれば真実は自然と明らかになる。誰も傷つけることはできない、自分は真実を知っているから」と高らかに歌い、チャンツへとなだれ込んでいます。
 
このラストから読み解くに、このbabyは、「僕のなかの赤ん坊の部分=理想を追う、無限の力を秘めたいのち」という意味だと思います。つまりこの歌を通してマイケルは、周囲の「利益目当てに寄って来ながら、その実、才能や芸術を信じない否定的な輩」に対して、「いつも誰かがあれこれ言っては、僕の中の才能や理想(baby)を傷つけようとするけれど、僕は自分を信じるよ!」と反論しているのではないでしょうか。
 
(↑(根拠)マイケルは自伝ムーンウォークやインタビューでも、自分が理想や願いを実現しようとするときに否定的なことばかり言う「naysayers」への苛立ちを吐露しています。)
 
私達もマイケルのように「諦め」「ごまかし」のツルを刈り払い、「真実を見抜き、理想を抱く子供の心」に従って行動できたら、毎日喜び、悲しみ、怒り、愛し、いのちを目一杯に生きられるのかもしれない、そんな気がします。

「Philosophy 哲学」書庫の記事一覧

閉じる コメント(12)

顔アイコン

こんにちは。ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」〜懐かしい♡ これ、早くからうちに本があって、高校2年生ぐらいの頃に隅から隅まで読みました。主人公のバスチアンが、気の毒ないじめられっ子なんだけど、想像力が大好きな少年というキャラクター設定にひかれて。最後のコレアンダーさんの言葉は、私の中にも強烈な印象が残りました。

私が最も鮮明に覚えているのは、ファンタージエンにいきっきりになった人間たちが集まる「元帝王たちの都」のところ。猿のアーガックスが、バスチアンに「望みを持てるのは、自分の世界の記憶がある間だけ」と説明します。ファンタージエンで何かの望みがかなえられると、代償として人間世界の記憶を失っていく。考えれば考えるほど奥が深く、私には途中でわけがわからなくなっていきました。

前にご紹介された「山の上の火」もそうだけど、いろいろな児童文学の名作を、マイケルの価値観と関連づけられる、Shunさんの考察力はあまりにも畏れ多い。いつもありがとうございます♡

2010/5/12(水) 午後 2:55 [ cora ]

顔アイコン

記事の内容が濃くて、昨日一読して感想を考え、今日改めて再読してから、やっとなんとか考えがまとまりました。手が思いつくままにコメを書いてみますネ。長いと思います、2分割になるかな・・・?!

こうなったら素敵だろうなぁ、と思い描くこと、子供時代にはよくあることですね。
ある日、「理想ばかり言っていたら、正しくても周りから疎まれるよ」と大人の知恵で諭されたことがあります。幼心にショックでした。自分が杓子定規で正義を振りかざす完璧主義の優等生と思われたようで悲しかったです。大人は融通が利いて人の非も黙認できる人なのかな、、、と感じたものです。

大人の常識的判断には、分離した思想があると思います。大人対子供、男対女、善対悪、理想対現実、貧対富、健常対異常、、、etc。自分の属する方にだけ関心を持ち、情熱を傾け、理解しよう・されようと努力を惜しまない・・。
でも子供はどんな枠にも属すことを自ら選ばずどこにあっても自分自身でいることに変わりがなく、他者に対しても同じように隔たりを持たないで接することが出来ると思います。 削除

2010/5/13(木) 午前 8:47 [ fbomh ]

顔アイコン

(続き)
子供は無知だからだ、と言う人もいますが、いいえ、無垢だから、だと思います。成長とともに大人になって知恵がつく、とは、隔たりを認識できる知恵、という意味ではなく、隔たりを知っても越えることが出来る本当の知恵を持つ、ということだと、また、困難にあってもあらゆる善い解決法を模索して諦めないで前進する知恵を持つ、ということだと思います。知ったような顔をして大人と称している偽者の大人の多いことといったら!!

マイケルを見ていると、幼い頃に思った、こうだったらいいなぁ、という純粋な希望を今一度抱いて、本気で挑戦しようという勇気をもらえます。大いなる困難と責任を背負っても一歩を踏み出す勇気が湧いてきます。
たとえ途中で疲れただの、大変だの、モウ止めたいヨ、だのと愚痴が出てきたとしても(ww)、歩くのを止めないでやっていこう、きっとやっていける、と自分を信じる気持を貰える気がします。なんだか語りが熱くなってきちゃいましたネ(ww)。shunさんとマイケルに盛大に旗振り応援されている気分になっちゃいました。 削除

2010/5/13(木) 午前 8:49 [ fbomh ]

顔アイコン

(すみません、きのうの続きです)
「元帝王たちの都」の住民について、アーガックスの説明より。(日本語訳書・502ページ)

「過去がなくなったものには、未来もない。だからこの連中は年もとらない。…そのまんま、止まっちまうんだ。こいつらには、変わりうるものが、もうないのさ。自分自身がもう変われないんだからな。」

前から引っかかっていたせりふだったのですが、マイケル・ワールドとの出会いで“『Man In The Mirror』ができない状態に陥るんだ!!”と、初めて結びついたように思われました。

2010/5/13(木) 午前 11:23 [ cora ]

顔アイコン

人間界での社会生活を送るために社会性に忠実に従おうとすることは、逆に自然で素直な思考から遠のくことのようにも思えますね。
心で感じるのではなく、これまで経験した常識をもってして、これが正解!と安心するみたいな?常識は日常をスムーズに運ぶためには必要なことでもありますが、「皆がそうだから」の考えじゃなくて、今、自分としてはどうなの?と、感じたうえで考えてみることを面倒がってはダメですよね・・・。なんだか最近特に、あえて自分はどうなのか?の考えをしようとしていない(楽なのがいちばん!みたいな?)人が多い気もします。
※続く

2010/5/13(木) 午後 8:41 [ nonpy23 ]

顔アイコン

※続き
人間の脳は、同じことを何度か繰り返すことで出来るようになってくると、使用領域をどんどん狭めていくので、新しい考えや行動を常に与えてやらないと、使わなくなる部分が増えていくそうです。脳を使わなく(使えなく)なった人が増えている???

ときどき、自然界においていちばん不自然な生き物が人間のような気がしてしまいます。
その人間がいちばん(動物と同じように?)自然界に近い状態が生まれたての赤ちゃんで、成長とともに社会性を備えながらも、自然に近い感覚(本能)をいかに忘れさせないか?この本能を失ってないことで次々と新しい興味を欲っし、それが若い感覚ともいうのでしょうかネ〜?

2010/5/13(木) 午後 8:42 [ nonpy23 ]

顔アイコン

coraさん 『はてしない〜』懐かしいですよね♪私も「元帝王たちの都」、とても強く印象に残っています。エンデ自身もエンデの父親も、極めてイマジネーションの強い人だったようなので、「想像力は私達をどこに導くのか」という問いを彼はいつも抱いていたのかもしれませんね。そのプラスとマイナスをずばり表したのが『はてしない物語』のような感じでしょうか。過去がない=マンミラできない状態だから先へ進めない、というご指摘、とても納得です!いつも素敵な刺激をありがとうございます♪

2010/5/15(土) 午前 8:22 [ shu*sho*ata*se*kin ]

顔アイコン

fbomhさん
>>成長とともに大人になって知恵がつく、とは、隔たりを認識できる知恵、という意味ではなく、隔たりを知っても越えることが出来る本当の知恵を持つ、ということだと、また、困難にあってもあらゆる善い解決法を模索して諦めないで前進する知恵を持つ、ということだと思います。

またもや、ありがとうございますm(_ _)m もう何も付け加えることはないほど、スッキリしました。そうですよね、、、。

私が「ね、ね、どうなの〜、コレ?」と興奮して息せき切って記事で疑問を提出するたびに、皆さんが深い考察を下さるような感じで、マイケルを追う旅の視界が開けていきます、、、。感謝。

2010/5/15(土) 午前 8:34 [ shu*sho*ata*se*kin ]

顔アイコン

nonpy23さん
>>心で感じるのではなく、これまで経験した常識をもってして、これが正解!と安心するみたいな?常識は日常をスムーズに運ぶためには必要なことでもありますが、「皆がそうだから」の考えじゃなくて、今、自分としてはどうなの?と、感じたうえで考えてみることを面倒がってはダメですよね・

うんうん、と頷きながら読ませていただきました。コメント欄を拝見するたび、「あ〜っ、それを言いたかったんだわ、私!」とうなるばかり(笑)。たまたまこちらのブログにお立ち寄りいただいた方には、記事よりもコメントを読んでみてください〜とご案内したい気持ちです(^^ 常識の車道で「ショートカット」しないでちょっと自分の心の足で歩いてみると、そこここに野の花が咲いていたり、逆に犬のオトシモノが落ちていたり(ヘンな話で済みません)、良いも悪いも心が動く、それが生きるということなのかも。

2010/5/15(土) 午前 8:39 [ shu*sho*ata*se*kin ]

顔アイコン

カンバンワ!

私も、同じ意見です!同意!
マイケルにおける「子ども」の意味は、誤解されやすかったと思います。私もよくわかってなかったのですが、93年のグラミー賞のスピーチを読んで、腑に落ちました。スピーチで「マジック、奇跡、神秘、そして子供たちの無邪気」を「世界を癒す創造力の種」だと言ってましたよね。これを読んだときは、衝撃的でした。

あと、個人的にはルソーの「自然に帰れ」という感覚に近いのかな…と思ったりします。人間を合理的に理解するだけでなく、感情や感覚を解放することが大事で、そこが創作の源泉と思ってたんじゃないかと。(浅知識です。解釈間違ってたらすいません。)

ブログ毎回めちゃくちゃ面白いです。これからも楽しみにしています! 削除

2010/5/15(土) 午後 10:38 [ けもけも ]

顔アイコン

マイケルのいう「子どもの心」の意味がよくわかりました。
若い心でいるということの意味も。
ほんとにマイケルにとって「子どもでいたい。」という言葉は、誤解された言葉でしたね。
よく聞けばわかることなのに。

3人とも理想を追い求めた結果の勇気ある大人の行動だと思います。
いいお話し、ありがとうございました!!

2010/12/20(月) 午後 11:19 [ MJ0222 ]

顔アイコン

ありがとうございます!!!!
わたしも昔から果てしない物語が大好きで、
でもマイケルと重ねたことはありませんでした。

そして、いつもマイケルが何を感じていたのか、考えています。

両方の国!!!豊かにして行きます。

いまは、養護施設のこどもたちをTDLに連れて行ったりしています^^
少しでもマイケルの意志を引き継いで、体現したいです。

2011/7/25(月) 午前 9:53 [ cheeha ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

ミュージシャンカテゴリの関連記事

もっと見る
Yahoo! Choctle

.
検索 検索
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事