調査会法情報

国立国会図書館に「恒久平和調査局」の設置を

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全579ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

調査会法情報150630(慰安婦・日韓首脳会談)

調査会法情報150630(慰安婦・日韓首脳会談)
----------------------------------------------------------------------
《慰安婦・日韓首脳会談》
■韓国挺対協 尹美香代表との一問一答(6月29日)共同通信
■日韓首脳会談、9月下旬の国連総会で実現も(6月29日)日経新聞
■外務審議官、日韓中の首脳会談検討(6月29日)日経新聞
----------------------------------------------------------------------


《慰安婦・日韓首脳会談》


■韓国挺対協 尹美香代表との一問一答(6月29日)共同通信
【慰安婦問題は今】事実認定、謝罪、賠償が柱 関係者処分は非現実的とも 
尹美香代表との一問一答 
 (共同通信)2015/06/29 18:05

 日韓両政府が対立する日本軍の慰安婦問題をめぐり、韓国側はどのような解決の道筋を描いているのか。「韓国 挺身隊 (ていしんたい) 問題対策協議会(挺対協)」など8カ国・地域の元慰安婦支援団体は昨年の東京での連帯会議で(1)加害事実の認定(2)翻すことのできない明確で公式な謝罪(3)その証しとしての賠償―の3点を柱とする提言をまとめ、内閣府に提出した。今年5月のソウルでの連帯会議でも、この提言をあらためて確認した。近年の運動方針に微妙な変化の兆しを指摘する声もある。ソウルで挺対協の 尹美香 (ユン・ミヒャン) 常任代表に真意を聞いた。

           =========


 ―慰安婦問題の解決には何が必要か。

 「求めているのは歴史の真実。国家責任と強制性の否定は正しい歴史認識からの逆行だ。日本の公文書を含む多くの資料や証言が日本軍の関与、強制性を明確に示している。国家の組織的犯罪であることをまず認めてほしい。そのうえで、覆すことのできない形での謝罪と賠償。大きくはこの3点を要求している」
 ―昨年の「日本軍『慰安婦』問題アジア連帯会議」の提言には、挺対協が7要求として掲げてきた項目のうち「法的賠償」「責任者の処罰」などの言葉がなかった。運動方針に変化はあったのか。

 「被害者の生存中に日本政府が解決すべき優先課題を整理したのが提言。元慰安婦たちの最も切実で現実的な要求だ。提言を実行すれば、法的責任を果たすことになる。責任者の処罰も、挺対協として要求を取り下げたわけではない。日本が国家として女性を性奴隷にしたことが当時の国内法や国際法に照らしても間違っていたことを認めるのであれば、処罰を伴うべきだ。ただ、資料が失われていたり、責任者が高齢化あるいは既に死去していたりすることを考えると現実的ではなくなっている」


 ―日本で設立された「アジア女性基金」の「償い金」による解決など韓国側に譲歩の余地はなかったか。

 「日本の政府が法的責任を果たさず、民間基金で償いをしようとしたのが『アジア女性基金』であり、解決にはなり得なかった。社会に間違いがあれば、変えるための努力が必要だ。韓国側に譲歩を求める人たちが、日本の社会を変えるためにどれくらい努力をしているのかを逆に問いたい」


 ―償い金を受け取った女性を挺対協が攻撃したとの指摘がある。事実か。

 「受け取った女性は、いろいろな事情があってのこと。私たちがなぜ攻撃などする必要があるのか。受け取った人にも受け取らなかった人たちと同じように接し、支援を続けている」


 ―挺対協を単に「反日団体」とみなす声さえ日本にはあるが。

 「私たちは日本軍が行った過ちを解決するための活動をしている。被害者の人権を回復し、再び同じような性暴力被害者が出ないようにすることが目的。反日団体でもナショナリズムを鼓舞する団体でもない。東日本大震災の時には日本に支援金を送ったし、韓国政府に対しても、ベトナム戦争中に韓国兵が行った女性への人権侵害問題などで、さまざまな要求を突きつけてきている」


 ―「 挺身 (ていしん) 隊」と「慰安婦」は異なる。会の名称が誤解を生んでいないか。

 「毎年の総会で検討課題には上っているが、現状で変更は考えていない。お金を稼がせるとの誘い文句の中で『挺身隊』という言葉が使われた歴史的事実を残すという意味で変更してこなかった経緯もある。長年の運動で(名称が)浸透しているという面もある」


 ―過去に問題解決のチャンスがあったとすればいつか。

 「日本の民主党政権の時代だ。解決の雰囲気が出てきて、入国審査官にいぶかしがられるほど頻繁に日本に行った。(野田政権の) 斎藤勁 (さいとう・つよし) 官房副長官とは秘密裏に会って話もした。当時は、被害者が最も望んでいるのはお金ではなく、日本の市民や国会議員たちが示す心を感じることだとも伝えた。私たちも努力した。解決できなかった理由は分からないが、とても残念に思っている」(ソウル共同=石山永一郎、佐藤大介)


 韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協) 

旧日本軍の従軍慰安婦問題を解決することを目的として1990年に結成された市民団体。ソウルの日本大使館前で毎週水曜日に日本政府への抗議集会を開催している。慰安婦問題解決のため日本政府に対し(1)慰安婦制度を戦争犯罪と認定(2)真相究明(3)公式謝罪(4)法的賠償(5)責任者の処罰(6)歴史教科書への記録(7)追悼碑と史料館の建設―の7項目を掲げており、韓国政府にも影響力を持っている

 アジア女性基金 

慰安婦問題で日本政府は1993年に河野談話で旧日本軍の関与を認めて謝罪し、95年に民間の協力を得て「女性のためのアジア平和国民基金」(アジア女性基金)を設立、フィリピン、韓国などの元慰安婦に1人200万円の「償い金」を渡した。医療・福祉支援も行った。65年の日韓請求権協定で解決済みとの立場から国家賠償とはしなかった。これに反発、韓国を中心に受け取りを拒否した被害者も多かった。2007年に基金は解散した。


■日韓首脳会談、9月下旬の国連総会で実現も(6月29日)日経新聞
日韓首脳会談、9月下旬にも 外務審議官が見通し 
2015/6/29 23:24  日経新聞

 外務省の杉山晋輔外務審議官は29日、都内で講演し、安倍晋三首相と韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の2国間の首脳会談が日中韓3カ国首脳会談の際か、9月下旬の国連総会に併せて実現する可能性があるとの見通しを明らかにした。

 杉山氏は「秋口に日韓中の首脳会談がもしできれば、あるいは国連(総会)に朴大統領が行って、日韓首脳会談ができるかもしれない」と述べた。旧日本軍による従軍慰安婦問題をめぐっては「一時全然駄目だったが、お互いに話して何とかなるかもしれない」と語った。日韓両政府は秋の日中韓首脳会談の開催を検討している。


■外務審議官、日韓中の首脳会談検討(6月29日)日経新聞
外務審議官、首脳会談の同時開催検討認める 日中韓と日韓 
2015/6/29 19:22

 外務省の杉山晋輔外務審議官は29日、都内で講演し、今秋に日中韓3カ国の首脳会談と、初の日韓2国間の首脳会談の同時開催を検討していると明かした。「秋口のタイトな外交、内政上の日程の中で日韓中の首脳会談がもしできれば」と述べたうえで、日韓首脳会談の開催に関し「何もまだ決まっていないが、そういう雰囲気には今なりつつある」と語った。

 日韓両政府は21日の外相会談で、2012年5月を最後に途絶えている中国を含めた3カ国の首脳会談を年内の早い時期に開くことで合意した。安倍晋三首相、朴槿恵(パク・クネ)大統領による初の首脳会談の同時開催も念頭に置いている。

 杉山氏は上智大学で開いた会合で、藤崎一郎前駐米大使から日韓関係の今後の展望を問われて発言した。9月下旬の米ニューヨークでの国連総会に安倍首相と朴大統領が出席すれば「日韓の首脳会談ができるかもしれない」との見通しを示した。

 日韓関係の最大の懸案である旧日本軍による従軍慰安婦問題をめぐっては「一時全然駄目だったが、お互いに話して何とかなるかもしれない」と話した。

*****************************************************
調査会法情報を提供している
戦争被害調査会法を実現する市民会議のURL
*****************************************************

この記事に

開く トラックバック(0)

調査会法情報150629(慰安婦・花岡事件・劉連仁・浮島丸)

調査会法情報150629(慰安婦・花岡事件・劉連仁・浮島丸)
----------------------------------------------------------------------
《慰安婦・花岡事件・劉連仁・浮島丸》
■米国務省、人権報告に元「慰安婦」の主張紹介(6月26日)時事通信
■花岡事件生存者ら、大館で記者会見(6月28日)毎日新聞
■劉連仁さんの遺族が室蘭の慰霊碑に献花(6月27日)室蘭民報
■浮島丸事件から70年、京都・舞鶴で追悼集会(6月27日)京都新聞
----------------------------------------------------------------------


《慰安婦・花岡事件・劉連仁・浮島丸》


■米国務省、人権報告に元「慰安婦」の主張紹介(6月26日)時事通信
韓国の産経前支局長起訴を問題視=元慰安婦の主張にも言及−米人権報告
 
 【ワシントン時事】米国務省は25日、各国の人権状況をまとめた2014年版の報告書を公表した。報告書は韓国について「厳格な名誉毀損(きそん)に関する法律が報道の自由を制限している」と問題視し、朴槿恵大統領らへの名誉毀損で産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が在宅起訴された実例を紹介した。

 報告書は、加藤前支局長が有罪判決を受けた場合、最高7年の懲役刑を受ける可能性があると指摘。産経新聞の記事を翻訳してウェブサイトに掲載した韓国人記者の自宅などが捜索されたことも取り上げた。

 日本に関しては、いわゆる従軍慰安婦問題で「韓国の(元慰安婦)生存者と支持者は日本政府の公式の謝罪と補償を要求し続けている」と明記。報告書は過去、日本政府の慰安婦問題への取り組みに対するNGOなどの批判を紹介してきたが、韓国の元慰安婦の主張に直接言及したのは初めてとみられる。

 ケリー長官は報告書の序文で、14年は中東やアフリカで過激派組織「イスラム国」などによる苦痛や虐待がまん延したと非難。また、中国やロシアを名指しして、自由なメディアや市民社会の発展を抑圧していると批判した。

 (2015/06/26-13:03)


■花岡事件生存者ら、大館で記者会見(6月28日)毎日新聞
戦後70年:花岡事件 「政府が謝罪、賠償を」大館で原告団 /秋田
毎日新聞 2015年06月28日 地方版

 ◇日々命が少なくなっている。速やかに解決望む

 強制連行された中国人が、1945年6月30日に花岡町(現大館市)で蜂起したとされる「花岡事件」を巡り、国に損害賠償と謝罪を求めて大阪地裁に提訴した原告団が27日、大館市で記者会見し、思いを語った。

 原告9人と遺族ら15人が出席。蜂起に加わった張広勲(ちょうこうくん)さん(87)は「日々命が少なくなっている。速やかに解決されることを望む」と語った。支援者がまとめた証言記録集で、張さんは花岡鉱山での労働について「補導員に毎日のように怒鳴られ、殴られた」とし、「抑圧に耐えきれなくなり、シャベルを武器にして暴動を起こした」と明かしている。

 また、母のおなかの中で父親が強制連行され、その後、日本で亡くなったと知った宋明遠(そうめいえん)さん(70)は「父に一度も会えなかったことが最大の悲しみ。日本政府が謝罪、賠償することによってのみ、両国が真の友好の道を歩める」と、世代を超えても解決しない問題に怒りをぶつけた。

 原告団は30日、大館市で開かれる中国人労働者の慰霊式に出席する。【池田一生】


■劉連仁さんの遺族が室蘭の慰霊碑に献花(6月27日)室蘭民報
 室蘭・劉連仁さんの息子と孫が同胞眠る碑に献花
【2015年6月27日(土)朝刊】 室蘭民報

 太平洋戦争中の1944年(昭和19年)、日本軍によって中国から道内の炭鉱に強制連行され、逃亡して山奥で13年間生き続けて発見された故劉(りゅう)連仁(れんじん)さんの長男、劉煥新(かんしん)さん(71)と孫の劉利(り)さん(40)が26日に来蘭。同胞が眠る室蘭市東町の中国人殉難烈士慰霊碑に献花し、冥福を祈った。 

 劉さん親子は28日に後志管内仁木町で開かれる第50回中国人殉難者全道慰霊祭に招待されて25日に来道。多くの中国人が強制労働の末に亡くなった室蘭も訪れた。

 この日は、同祭実行委員会関係者や市民、合わせて15人が参加。北海道大学の留学生、呂若萌(ろじゃくほう)さんが通訳を務め、日本中国友好協会室蘭支部の松原剛支部長が慰霊碑前で劉さん親子に「戦時中に1852人の中国人が室蘭で働かされていた。そして約560人が亡くなりました」と説明した。

 続いて、煥新さん、利さんが松原支部長とともに慰霊碑に献花。煥新さんは「ここを訪れるのは2回目。父を思い出し、悲しい気持ちになる。父が中国人強制連行犠牲者の代表のようにされているが、室蘭にいた労働者も悲惨で多くの人が亡くなった。とても重要な場所だと感じた」と表情を曇らせた。利さんは「中国人が強制連行され、悲惨な目に遭っていたという事実に、胸が痛くなる」と漏らしていた。
(柴田圭介) 


■浮島丸事件から70年、京都・舞鶴で追悼集会(6月27日)京都新聞
浮島丸の悲劇、今こそ伝える 沈没70年、京都・舞鶴で追悼集会

 京都府舞鶴市の舞鶴湾で朝鮮人らを乗せた旧海軍輸送艦「浮島丸」が爆沈した事件(1945年8月24日)から70年を前に、舞鶴市民でつくる「浮島丸殉難者を追悼する会」が7月25日、「浮島丸事件70周年のつどい」を市内で開く。出港地の青森県で追悼集会を続ける市民団体も参加し、事件を風化させることなく伝え、平和への思いを改める。

 浮島丸は強制連行を含む朝鮮人労働者や日本人約4千人を乗せ、韓国・釜山に向けて青森県大湊(現・むつ市)を出航、舞鶴湾に入って突然、爆沈した。政府発表の死者数は549人だが、さらに上回るともされる。爆沈の原因は定かでなく、祐天寺(東京都)に移された遺骨の返還も終わっていないなど、70年を経て、いまだに事件は解決せず、傷は癒えていない。

 追悼する会は、爆沈現場に近い同市佐波賀の追悼碑前で8月24日にあわせて追悼集会を続けているが、若い世代に事件を知ってもらい、戦争について考えてもらおうとつどいを開く。

 当日は青森県むつ市の市民団体「浮島丸下北の会」のメンバーも参加。舞鶴と青森での活動を振り返り、それぞれの思いを語る。追悼する会の余江勝彦さん(74)は「浮島丸事件は日本の戦争責任と向き合うことでもあり、平和について考えてもらう機会にしたい」と話している。

 午後1時から舞鶴市浜の市商工観光センター。映画「エイジアン・ブルー 浮島丸サコン」も上映。800円。問い合わせは余江さんTEL0773(63)2539。

【 2015年06月27日 09時11分 】 京都新聞

*****************************************************
調査会法情報を提供している
戦争被害調査会法を実現する市民会議のURL
*****************************************************

この記事に

開く トラックバック(0)

調査会法情報150627(強制連行・世界遺産登録・慰安婦・強制収容所)

調査会法情報150627(強制連行・世界遺産登録・慰安婦・強制収容所)
----------------------------------------------------------------------
《強制連行・世界遺産登録・慰安婦・強制収容所》
■強制連行の中国人労働者らが日本政府に賠償求め提訴(6月26日)日経新聞
■花岡事件の生存者らが大阪地裁に賠償求め提訴(6月26日)毎日新聞
■世界遺産登録、強制労働の明記で韓日が事実上合意(6月26日)聯合
■韓国女性家族部長官、「慰安婦」被害者キム・ヨンヒさんを弔問(6月25日)聯合
■エリザベス女王が独強制収容所跡を訪問(6月27日)日経新聞
----------------------------------------------------------------------


《強制連行・世界遺産登録・慰安婦・強制収容所》


■強制連行の中国人労働者らが日本政府に賠償求め提訴(6月26日)日経新聞
中国人強制連行で国を提訴 元労働者ら賠償求め 
2015/6/26 13:51 日経新聞

 第2次世界大戦中に中国から日本に強制連行され、秋田県の花岡鉱山や大阪市内の造船所などで働かされたとして、中国人の元労働者や遺族計13人が26日、国に1人当たり550万円、総額7150万円の損害賠償と謝罪を求める訴えを大阪地裁に起こした。

 訴状によると、原告は1940〜45年に中国華北地方から強制連行された中国人労働者2人と遺族11人。国は健康管理や保護を怠って過酷な労働環境をつくり著しい肉体的・精神的な苦痛を労働者に与えたほか、「中国人労働者の実態は捕虜だった」として捕虜の取り扱いを定めた条約に違反した責任もあるとしている。

 原告の元労働者、張広勲さん(87)は提訴後の記者会見で「日本政府は私に大きな苦しみを与えながら反省をしてこなかった。速やかな謝罪と賠償を求める」と話した。


■花岡事件の生存者らが大阪地裁に賠償求め提訴(6月26日)毎日新聞
花岡事件:賠償提訴の原告「悲惨な経験は忘れられない」 
毎日新聞 2015年06月26日 13時35分(最終更新 06月26日 19時48分)

 「悲惨な経験を忘れられず、70年がたった今もなお苦しんでいる中国人がいる」。第二次大戦中、日本に強制連行された中国人らが1945年6月、秋田県の花岡鉱山で蜂起した「花岡事件」などに絡み、元労働者2人と遺族11人が26日、国に計7150万円の損害賠償と謝罪を求めて大阪地裁に提訴した。原告で唯一、花岡事件の生存者である張広勲さん(87)=中国・河北省唐山市=は26日、訴状を提出した後、ほかの原告らと記者会見でそう訴えた。リウマチの後遺症に苦しむ体から声を振り絞った。

 張さんは16歳だった1944年、河北省で旧日本軍に捕らえられた。北京や青島を経て鉱石運搬船で日本に運ばれ、そのまま花岡鉱山に連行された。鉱山では、仕事がうまくできなかったり、話が理解できなかったりすると、日本人補導員から容赦なく平手打ちをされた。

 衣服は1枚しか支給されず、厳しい寒さにセメント袋を切り裂いて身に巻いた。過労や飢え、虐待で倒れ、十分な治療も受けることができずに死亡した同胞もいたという。

 そうした状況で起きた一斉蜂起に張さんも参加。森に逃げ込んだが捕まり、強い日差しの下で2日間、水も食料も与えられずに、砂利の上にひざまずかされた。こん棒で殴られたり、激しい拷問を受けたりして100人以上が死亡した。トラックで遺体が運ばれた光景を今でも鮮明に覚えている。

 張さんは終戦後に帰国して農業に従事したが、後遺症で手が震えて物がつかめず、仕事に支障が出た。「花岡での悲惨な経験は70年たっても忘れられない」と精神的な苦しみも訴えている。会見では「(花岡事件が起きた)6月30日になると痛ましい悲しい気持ちになる。日本政府は歴史について反省し、償ってほしい」と話した。

 花岡事件から70年となる今月30日、秋田県大館市で開かれる慰霊式に参加し、仲間の冥福を祈る予定だ。【堀江拓哉】


■世界遺産登録、強制労働の明記で韓日が事実上合意(6月26日)聯合
注釈で強制労働の事実明記 韓日が事実上合意=世界遺産
2015/06/26 16:11

【ソウル聯合ニュース】日本政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産への登録を目指す「明治日本の産業革命遺産」をめぐり、韓国と日本が一部施設について朝鮮人の強制労働が行われた事実を説明文の注釈に付けることで事実上合意したことが26日、韓国政府筋の話で分かった。

 説明文に遺産の価値について、「Noting that(注目する)」で始まる文言の後に強制労働と関連した歴史的事実を記述する注釈を付けるという。説明文の本文に記されるわけではないが、韓国政府が求めてきた強制労働の事実が説明文に反映されることになった。ただ、注釈に入れる内容や表現にどこまで踏み込むかについてはぎりぎりの交渉が続く可能性がある。

 韓日は、尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官と岸田文雄外相が21日に東京で行った会談で強制労働の事実を反映することについて大枠で合意、翌日に崔鍾文(チェ・ジョンムン)外交部ユネスコ協力代表が東京に向かい、新美潤・外務省国際文化交流審議官と細部の調整を行った。

 世界遺産登録を決める世界遺産委員会はドイツ・ボンで28日(現地時間)から来月8日まで開かれ、産業革命遺産の登録の可否は来月3〜5日に決まる見通しだ。韓国が推薦した「百済歴史遺跡地区」の登録の可否も同期間に決定される。

 いずれもユネスコの民間諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)が登録を勧告しており、登録が確実視されている。

 韓国政府代表団は26日、ドイツに出発する。代表団は外交部や文化財庁、百済歴史遺跡地区の地元関係者、民間専門家からなる。産業革命遺産に関しては趙兌烈(チョ・テヨル)外交部第2次官、百済歴史遺跡地区については羅善華(ナ・ソンファ)文化財庁長が首席代表を務める。

日本が登録を推薦した産業革命遺産の23施設中、端島炭鉱(軍艦島)など7施設では植民地時代末期に約5万7900人の朝鮮人が強制的に徴用され、うち94人が亡くなった。


■韓国女性家族部長官、「慰安婦」被害者キム・ヨンヒさんを弔問(6月25日)聯合
韓国長官が元慰安婦女性を哀悼 今月3人目
2015/06/25 16:47

【ソウル聯合ニュース】韓国女性家族部の金姫廷(キム・ヒジョン)長官は25日、前日死去した元旧日本軍慰安婦のキム・ヨンヒさんの弔問に訪れた。

 哀悼の意を表した後、「今年だけで6人の方が日本の正式な謝罪を受けられないまま亡くなった。やるせなさと悲しみは言葉で言い表すことができない」と述べた。その上で、「日本政府が一日も早く歴史的な過ちを認め、慰安婦問題の解決に責任ある姿勢を示すよう促す」とした。

 金長官は今月12日にも、慰安婦だった金外漢(キム・ウェハン)さんとキム・ダルソンさんの弔問に訪れている。

 生存する慰安婦被害者は49人に減った。


■エリザベス女王が独強制収容所跡を訪問(6月27日)日経新聞
英女王、ナチス収容所跡を訪問 
2015/6/27 0:02 日経新聞

 【ベルリン=共同】ドイツを訪問している英国のエリザベス女王は26日、第2次大戦中のナチス・ドイツのベルゲン・ベルゼン強制収容所跡を訪れた。エリザベス女王のドイツ訪問は5度目だが、英メディアによるとナチスの強制収容所跡を訪れるのは初めて。

 ベルゲン・ベルゼン強制収容所はドイツ北部ツェレの近くにあり「アンネの日記」作者のユダヤ人少女アンネ・フランクが命を落としたことで知られる。ユダヤ人や当時のソ連軍兵士など計約7万人が死亡したとされ、1945年4月15日に英軍が解放した。

 ドイツの敗戦が濃厚となった44年末からは、閉鎖された別の収容所から大量に収容者が移送され、食料事情や衛生状態が極端に悪化。飢餓や病気などで多くの収容者が死亡したとされる。

*****************************************************
調査会法情報を提供している
戦争被害調査会法を実現する市民会議のURL
*****************************************************

この記事に

開く トラックバック(0)

調査会法情報150626(戦後70年談話)

調査会法情報150626(戦後70年談話)
----------------------------------------------------------------------
《戦後70年談話》
■戦後70年談話有識者懇、 議論終了、報告書取りまとめへ(6月26日)NHK
■21世紀構想懇、7月下旬に報告書を首相に提出(6月25日)読売新聞
■戦後70年談話報告書に「侵略」記載か(6月26日)毎日新聞
■有識者懇出席者、「積極的平和主義」を評価(6月25日)日経新聞
■安倍首相、閣議決定せず8月初旬に70年談話発表か(6月25日)毎日新聞
----------------------------------------------------------------------


《戦後70年談話》


■戦後70年談話有識者懇、 議論終了、報告書取りまとめへ(6月26日)NHK
有識者懇 来月中にも報告書取りまとめの考え
6月26日 4時03分 NHK

安倍総理大臣が戦後70年のことし発表する談話の策定に向けた、政府の有識者懇談会は、25日の会合で議論を終え、座長代理を務める北岡伸一氏は、来月中にも報告書を取りまとめたいという考えを示しました。

安倍総理大臣が戦後70年のことし発表する談話の取りまとめに向けた、政府の有識者懇談会は、25日、総理大臣官邸で6回目の会合を開きました。
会合では、「21世紀のアジアと世界のビジョンをどう描き、日本はどのような貢献をするべきか」と、「戦後70周年にあたって、日本が取るべき具体的施策はどのようなものか」をテーマに意見が交わされました。

出席した委員からは、日本が、今後、取るべき具体的な施策について、「近現代史の教育を充実させるべきだ」という意見や、「戦後の日本の経験を生かして、世界秩序の維持のためにどのようなアイデアを出せるか検討すべきだ」といった指摘が出されたということです。

会合のあと、座長を務める日本郵政社長の西室泰三氏は、記者団に対し、25日の会合で懇談会としての議論を終え、報告書の作成に入ることを明らかにするとともに、座長代理を務める国際大学学長の北岡伸一氏は、来月中にも報告書を取りまとめたいという考えを示しました。

また、西室氏は、談話を閣議決定するかどうかについて、「決まっていない。安倍総理大臣自身が、われわれに『参考になるような意見を取りまとめてくれ』という話なので、報告書がどう取り扱われるのかは安倍総理大臣が判断する」と述べました。


■21世紀構想懇、7月下旬に報告書を首相に提出(6月25日)読売新聞
21世紀構想懇談会、70年談話への議論終了
2015年06月25日 22時31分

 安倍首相の「戦後70年談話」の内容について検討している21世紀構想懇談会(座長・西室泰三日本郵政社長)は25日、首相官邸で第6回会合を開き、首相が検討を要請していた五つのテーマについて、議論を終了した。

 今後は少人数会合などを開いて報告書をまとめ、7月下旬にも首相に提出する。首相は報告書を踏まえ、終戦記念日の8月15日までに談話を発表する。

 首相が検討を求めたのは〈1〉20世紀の教訓〈2〉戦後日本の平和主義〈3〉日本とアジア、欧米諸国の和解〈4〉20世紀の教訓を踏まえた日本の貢献〈5〉戦後70年に日本がとるべき施策――の5点で、25日の会合では〈4〉と〈5〉がテーマとなった。

 座長代理の北岡伸一・国際大学長によると、この日の議論では、今後日本がとるべき施策として、積極的平和主義への取り組みを強化することや、中国や韓国などとの和解を進めるための多国間の歴史共同研究、近現代史教育の充実を求める意見が出たという。

2015年06月25日 22時31分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


■戦後70年談話報告書に「侵略」記載か(6月26日)毎日新聞
戦後70年談話:報告書に「侵略」 北岡氏が意向 懇談会
毎日新聞 2015年06月26日 東京朝刊

 安倍晋三首相が夏に発表する「戦後70年談話」のあり方を議論する、首相の私的諮問機関「21世紀構想懇談会」(座長・西室泰三日本郵政社長)は25日、首相官邸で第6回会合を開いて一連の議論を終えた。座長代理の北岡伸一国際大学長らが報告書をまとめ、7月中に首相に提出する。北岡氏は会合後、「(先の大戦で)侵略をしたという事実は、表現はともかく(報告書に)書くのではないか」と語った。

 北岡氏は「具体的に侵略の定義をあれこれ書くのと、『侵略』と一言書くのとどちらがいいのか。そこまでして『侵略』という言葉(を書き込まないこと)にこだわる人がいたら理解不能だ」と語った。北岡氏は3月に「私は首相に『日本は侵略した』と言わせたい」と述べていた。【当山幸都】


■有識者懇出席者、「積極的平和主義」を評価(6月25日)日経新聞
有識者懇、70年談話へ7月に報告書 北岡氏「侵略の事実書く」 
2015/6/25 22:35 日経新聞

 安倍晋三首相が夏に発表する戦後70年談話に向けた有識者懇談会は25日、首相官邸で6回目の会合を開き、実質的な討議を終えた。7月に首相へ報告書を提出する方針だ。北岡伸一座長代理は記者団に、報告書について「侵略した事実は、表現はともかく書くのではないか」と述べた。

 会合では、首相が2月の初会合で示した5つの論点のうち「20世紀の教訓を踏まえた21世紀のアジアと世界のビジョン」と「戦後70周年にあたって取るべき具体的施策」について意見交換した。出席者からは首相が掲げる「積極的平和主義」を評価する意見が相次いだ。


■二階自民総務会長、談話は形式ではない(6月25日)時事通信
70年談話、閣議決定こだわらず=二階自民総務会長
 
 自民党の二階俊博総務会長は25日、BS朝日の番組収録で、安倍晋三首相が夏に発表する戦後70年談話の閣議決定の見送りが検討されていることについて、「どっちでも一緒だ。首相だから『閣議で決めていないから私は責任がない』とは通らない。首相談話に違いはない」と述べ、談話の形式にこだわる必要はないとの認識を示した。 
 二階氏は、「(戦後50年の)村山談話、(戦後60年の)小泉談話を参考にするのは当然だ」と重ねて言及した。

(2015/06/25-19:16)時事通信


■安倍首相、閣議決定せず8月初旬に70年談話発表か(6月25日)毎日新聞
戦後70年談話:首相、前倒しで独自色 過去の談話に縛られず
毎日新聞 2015年06月25日 東京朝刊

 「戦後70年談話」をいつ出すかを慎重に探ってきた安倍晋三首相が、8月初旬に発表する意向を固めた。いずれも8月15日に閣議決定した村山富市首相談話(1995年)や小泉純一郎首相談話(2005年)との手続き的な違いを示すとともに、内容のフリーハンドを確保しようという思惑が透ける。ただ、それだけで国内外からの批判をかわせる保証はない。【田中成之】

 例年8月15日には政府主催の全国戦没者追悼式が東京都内で開かれ、首相が式辞を述べる。首相官邸関係者は、この日と70年談話の発表が重なることを懸念したと明かす。

 今国会の会期を9月27日まで延長したため、70年談話の内容が野党から追及されることも想定される。発表時期を8月15日から前倒しすれば、お盆前後の国会休会中に対策を練ることも可能だ。

 内閣総務官室によると、「首相談話」には閣議決定が必要だが、「首相の談話」は首相の決裁で出すことができる。首相が13年末に靖国神社を参拝した際に出したのは「首相の談話」だった。政府関係者は「党や役所が嫌がっていると『首相の談話』になる。障害がなければ『の』が取れる」と解説する。

 首相は70年談話について「歴史認識は(これまでの談話を)引き継ぐと言っている以上、もう一度書く必要はない」「同じことを言うなら談話を出す必要がない」などの発言を繰り返してきた。

 一方で、首相は4月のアジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議と、米議会上下両院合同会議での演説で戦後70年に言及しており、政府関係者は「一部の国は批判するかもしれないが、二つの演説は評価され、この問題は決着している」と語った。

 ◇「大事なのは中身」 中韓が注視

 【北京・工藤哲、ソウル米村耕一】中国は安倍晋三首相が実際に戦後70年談話を発表するまで目立った対応をしない方針とみられる。ただ、日本問題の専門家の間では「閣議決定の有無はあくまで手続きの問題。大事なのは談話の中身だ」という指摘が少なくない。

 中国外務省の陸慷報道局長は24日の定例記者会見で「日本の政治指導者が歴史問題でどのような態度を取るか、中国を含むアジアの国の人民の関心を集めている。深刻に侵略の歴史を反省し、実際の行動で信頼を得るべきだ」と従来の主張を繰り返した。一方、政府系シンクタンクの日本研究者は「(日本が)手続きを強調して収めようとすれば、かえって中国側の安倍政権への不信感を強めかねない」と懸念する。

 「植民地支配に対する謝罪と反省」を盛り込むよう強く求めている韓国も談話の内容を注視している。24日の韓国紙・朝鮮日報は「閣議決定でなくても、内容が政府機関や与党に伝達されるのは同じだ」と指摘した。

 首相と韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が22日、東京とソウルで行われた国交正常化50周年記念行事にそれぞれ出席し、韓国でも「雪解けムード」という報道が相次いだ。しかし、23日には元従軍慰安婦の支援団体が「歴史問題の解決が先だ」と声を上げ、日韓の関係改善はなお遠いとの見方は根強い。朝鮮日報は「両国関係が進展するにはまだ不十分な部分がある」との青瓦台(大統領府)関係者の言葉を伝えた。

 ◇村山氏、事前に閣僚根回し 小泉氏、歴史認識違い示す

 村山富市首相(当時)の戦後50年談話は自民、社会、さきがけ3党連立政権の1995年8月15日に閣議決定された。同年6月の国会決議の表現に不満を抱いた村山氏は、閣議に先立ち、野坂浩賢官房長官(同)を通じて自民党の閣僚に周到に根回しした。その経緯を野坂氏は著書で、反対する閣僚は「即刻罷免するつもりでいた」と明かしている。実際には閣議で異論は出なかったとされる。

 しかし、自民党内で村山談話への反発は根強く、2005年に小泉純一郎首相(同)が戦後60年談話を出す際には「首相の個人的見解で十分」という意見も。談話を閣議決定したことについて、当時の細田博之官房長官は記者会見で「再度しっかりとした談話を出したいという趣旨で決定した」と説明した。ただ、小泉氏は村山談話に盛り込まれた「国策を誤り」などの表現を使わず、村山氏との歴史認識の違いもにじませた。【青木純】


*****************************************************
調査会法情報を提供している
戦争被害調査会法を実現する市民会議のURL
*****************************************************

この記事に

開く トラックバック(0)

調査会法情報150626(慰安婦)

調査会法情報150626(慰安婦)
----------------------------------------------------------------------
《慰安婦》
■韓国大統領、 国連人権高等弁務官と会談(6月25日)時事通信
■国連人権高等弁務官、 「慰安婦」問題放置できず(6月25日)時事通信
■「慰安婦」被害者キム・ヨンヒさんが死去 生存者49人に(6月25日)聯合
■韓国大邱市に「慰安婦」歴史館が8月オープンへ(6月24日)聯合
----------------------------------------------------------------------


《慰安婦》


■韓国大統領、 国連人権高等弁務官と会談(6月25日)時事通信
慰安婦問題「早期解決が重要」=国連弁務官と会談−韓国大統領
 
 【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領は25日、訪韓中のザイド・フセイン国連人権高等弁務官と会い、「慰安婦問題の解決は、韓日関係の未来志向の発展のためにも重要だ」と早期解決の必要性を訴えた。大統領府が発表した。
 大統領は、慰安婦問題について「戦時の女性人権保護の問題でもある。苦痛を覚えながら暮らしている被害者が生きているうちに、名誉と尊厳を回復させることが重要だ」と語った。

(2015/06/25-20:38)時事通信


■国連人権高等弁務官、 「慰安婦」問題放置できず(6月25日)時事通信
慰安婦問題「蛮行放置できず」=日本に対応要求−国連弁務官
 
 【ソウル時事】ザイド・フセイン国連人権高等弁務官は25日、訪問先のソウルで記者会見し、いわゆる従軍慰安婦問題について、「このような蛮行をそのまま放置できない」と述べた上で、「私も解決に向けて努力する」と表明した。また、「今後、多くの措置が取られることを確信する」と語り、日本政府のさらなる対応を求めた。

 この中で弁務官は「日本軍に強制動員された慰安婦」「性奴隷だった時、一部の女性と少女は数千回にわたり性的暴行を受け、多数の女性が命を失った」などと発言。「解放後も適切な治療や支援を受けられぬまま、過去を隠して生きねばならなかった」と述べた。

 弁務官は24日に元慰安婦3人と面会しており、その際の説明を基にした認識とみられる。
 弁務官は「日本が取ってきた一連の意味のある措置にもかかわらず、被害者は、自らが受けた苦痛が理解されているとは感じられずにいる」と強調。「十分な措置が取られたかどうかを決められるのは、被害者だけだ」と語った。

 さらに「日本の首相が(元慰安婦の)おばあさんと会って直接話をしたら、大きな助けになると思う」とも述べた。

(2015/06/25-19:19)時事通信


■「慰安婦」被害者キム・ヨンヒさんが死去 生存者49人に(6月25日)聯合
慰安婦被害者が死去 生存者49人に=韓国
2015/06/25 08:46

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦だったキム・ヨンヒさんが24日に死去した。83歳だった。市民団体の韓国挺身隊問題対策協議会が25日、フェイスブック上で明らかにした。

 キムさんは1932年生まれ。ソウルで国民学校5年生だった1944年に日本に連れて行かれた。富山県の軍需工場で9カ月ほど働いた後、青森県の慰安所で約7カ月、慰安婦を強いられた。日本による植民地支配が終わると帰国したが、慰安婦だったころの記憶に苦しめられ精神病院で治療を受けたとこともあったという。生涯独身だった。

 韓国政府に登録されている慰安婦被害者238人中、生存者は49人に減った。6月だけで3人が死去した。


■韓国大邱市に「慰安婦」歴史館が8月オープンへ(6月24日)聯合
韓国・大邱に慰安婦歴史館 8月オープン
2015/06/24 12:18

【大邱聯合ニュース】光復(日本による植民地支配からの解放)70年を迎える8月15日、 韓国南東部の大邱市に旧日本軍の慰安婦に関する歴史館「ヒウム日本軍慰安婦歴史館」がオープンする。

 同市と慶尚北道の慰安婦被害者26人(生存者5人)の苦難の生涯と活動、地域で展開してきた慰安婦問題関連の運動の歴史を紹介する歴史館だ。

 慰安婦問題に関心を持ち続けてきた市民団体が設立計画を立て、資金を集め、5年余りで開館にこぎつけたことは、市民運動の一つの成果にも挙げられる。

 韓国で慰安婦に関する歴史館がオープンするのは京畿道広州市にある「日本軍慰安婦歴史館」、釜山市の「民族と女性歴史館」、ソウル市の「戦争と女性人権博物館」に次いで4番目となる。

◇紆余曲折経て開館へ

 歴史館設立事業は2009年12月、市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」が中心となって日本軍慰安婦歴史館推進委員会が発足してから始まった。

 慰安婦被害者が高齢となり亡くなっていく中で、市民社会が記念事業に目を向け、歴史館の設立を推進した。

 事業の最大の壁は巨額の事業費だった。

 2010年に被害者の金順岳(キム・スンアク)さんが亡くなる際に遺産の半分を社会福祉法人の社会福祉共同募金会に、残りを歴史館の設立基金に寄付した。このときの寄付金約5800万ウォン(現在のレートで約650万円)が当時の事業費の全てだった。

 同団体は、歴史館設立事業を市民団体が主導するとしても、事業費は地方自治体や政府が負担すべきだと主張した。

 しかし、政府がこれといった動きを見せなかったため、基金集めのための運動に乗り出し、収益事業の目的で立ち上げたブランド「ヒウム」の製品を販売し、その収益金をためていった。「ヒウム」は「希望を花咲かせる」という意味の韓国語の略で、歴史館の名前にも付けられた。

 その結果、2013年7月に土地と建物を購入し、歴史館の設計に取り掛かったが、事業費が当初の計画よりも膨れ上がり、完工時期も数回先延ばしされた。

 資金難で歴史館の設立に支障が出ていることを知った女性家族部と大邱市が遅まきながらも2億ウォンずつ支援した。

 約12億5000万ウォンの総事業費のうち、同団体が基金集のために展開したキャンペーンや製品販売の収益金が約7億ウォンで最も高い割合を占める。

◇ 植民地時代の日本家屋が歴史館に

 大きな工事が終わった歴史館では、8月のオープンを前に内装を整える作業が行われている。

 同団体は、日本による植民地支配からの解放後、日本人が残していった建物を購入し、歴史館として生まれ変わらせた。

 建物は1920年代に建てられたもので、植民地時代の残滓(ざんし)ではあるものの、歴史性と場所を生かすという意味で新築ではなく改築を選択した。建物の外観はもともとの雰囲気を残した。建物が古いため修繕箇所が多く、新築よりも時間と努力が必要だった。

 歴史館は地上2階、全体面積は約280平方メートルで、展示室、映像室、教育室、収蔵庫などがある。

 1階の常設展示室は、大邱市と慶尚北道の慰安婦被害者と慰安婦問題解決に向けた運動に関する資料を展示する。映像室では被害者の証言やさまざまな活動を映像で紹介する。

 2階の企画展示室は特別展示のための空間だ。教育室では慰安婦問題や平和、人権に関する講座などが開かれる。収蔵庫には同団体が保有する国家記録物が保管される。

 1階から2階へ続く階段は、金さんをはじめ被害者の作品を展示するギャラリーとなっており、屋上広場は公演や野外展示などのイベント空間として使われる。

 同団体のイ・インスン事務処長は「慰安婦被害者のうち生存者は過去の歴史が清算されないまま忘れられてしまうのではないかと恐れているようだ。歴史館を訪れる市民、特に青少年に被害者の苦痛と慰安婦問題の解決について関心を持ってもらいたい」と語った。

*****************************************************
調査会法情報を提供している
戦争被害調査会法を実現する市民会議のURL
*****************************************************

この記事に

開く トラックバック(0)

全579ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2015 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事