過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

2017年01月10日

←2017年1月9日 | 2017年1月11日→

全1ページ

[1]

狭い世界

 リタイアした人々は、ひどく狭い世界中で生きている場合があります。一番ひどいのは家からあまり出なくなるというくらいですが、地域内、住んでいる市内とか、隣あった町くらいの狭さです。
 まぁ、私も金が無いものですから、近県くらいまでは行くのですが、泊りがけや新幹線に乗るというのは、昨年、母親を温泉に連れていったぐらいしかありません。

 狭ければ狭いほど、残念ながら心身への影響が避けられないのも、人間という動物、動く事が習性となった生き物にとっては良くない事が発生する様です。

 まぁ、こんなことを書いているのも、具体的な話があるからなんですが、あまり書きこむと、こんなブログを読んではいないでしょうが、それでも差し障りもあるかもしれませんので抽象的にごまかして書いていますが・・・。

 狭い世界で生きるというのは、誰かが支えてくれているからできるのであって、そうでなければできないと思われます。そういう支えに対する甘えを濃厚に感じるのであって、そこでの感情は子供じみたものになっています。

 ある種の気持ち悪さを感じさせるところがあり、そんな年になって、拗ねるとか、ひたすら文句を垂れ、不満を口にする態度とか、オヤオヤと思わないではありません。勝手にやってろ、くらいの気分で見ているだけですが・・・。

 多分、引きこもりというのが問題視されるのは、こういう精神状態に疲れることにあるのかもしれません。 

この記事に

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事