古城の風景

戦国期の東日本の山城紹介

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全126ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

田渡城

 田渡城は、常陸太田市田渡町にある比高80mほどの山城です。以前から常陸大宮市の高部館を見に来ませんかと誘われていました。この地域へは、常陸太田城周辺しか訪れてませんでしたので、高部館を見ながら周辺の山城を訪れてみようと思い、選ん城の一つが当城でした。    訪城日:2017.3.14 曇り
イメージ 2城址へは、常陸太田市街の東側通る国349号を北上し、里野宮郵便局の先で右折して、1km先で右折して約700mの田渡町公民館を目指します。登城口はその先約250m先です。登城口辺りには駐車スペースがありませんので、公民館に車を止めて徒歩で行くのがいいと思います。

イメージ 1
登城口は、以前城址標柱が立っていたようですが、見当たりませんでした。用水柵にピンクのテープがあるので、それを見つけてください。イメージ 3

 当城についての定かな史料はなく、伝承として天文年間(1532-55)に内桶弥太郎が田渡城を築城したと伝えられますが、残る遺構は、戦国後期のかなり技巧的な姿を残しています。
 佐竹氏の本城常陸太田城の北東2.5kmにあり、城址西側に棚倉道が通ることから常陸太田城の東側の防御拠点だったと考えられます
 さらに、佐竹氏が戦国後期に南奥に侵攻する際に使われた棚倉道(里美街道)に面することからすると、その時期に南奥侵攻の拠点として整備されたのではないかとも思われる。
イメージ 4


 登城口から民家の庭先のような道を、100m程行くと道が二股に分かれます。左手が3郭へ直登する道で、右手は4郭から3郭に至る道です。大手道は、右手のようですが、とりあえず左手の道へ進みました。イメージ 5







    
 なだらかな斜面を100m程進みます。イメージ 6



 山腹に設けられた横堀Bが視野に入ります。虎口らしき手前に土橋があり、左右に浅い堀が続いています。イメージ 7






横堀Bは、北から東にかけて主要部を半周しています。堀幅4mほどで深さも0.5mほどのもので今風に言うと塹壕といった感じです。戦国後期に佐竹氏がかなり鉄砲を所有していることからすると、防御用というより鉄砲陣地の堀ということも考えられるのかもしれません。イメージ 8
 横堀Bから少し登ると3郭が見えてきます。途中の斜面は、郭のような平場が何か所か見られますが、郭かどうかは定かではない感じです。3郭の入口が窪んでいますが、あまりにも直登しすぎていることやこの右手により虎口らしき窪地があるので、ここは後世の破壊道と思われます。イメージ 9


  こちらが3郭の虎口と思われる虎口Dです。下ると4郭方面に行けるようです。イメージ 10




 西側から見た3郭で、約40×約25m程の三角形です。東側は、主郭とを隔てる横堀の土塁があります。主郭へは、右側奥の登り土塁上を上り2郭に行くようです。イメージ 12




横堀Aの土塁上からの3郭です

イメージ 11
横堀Aで、左の写真は、主郭南西の折れのところで埋まっているようで浅いですが、右の写真の北側はかなりはっきり残り、主郭側の壁が6mほどあります。











 
イメージ 14
イメージ 13
 3郭から虎口Aへの経路です。左写真の登り土塁上を上り(左右に横堀と竪堀で狭められている)主郭壁沿いに進み、2郭に入り虎口Aに至る。主郭土塁からの横矢がかかる仕組みのようです

イメージ 15













イメージ 16 2郭で、左手下に小郭が付属しています。馬出といえる感じです。

イメージ 17









 虎口Aで、周囲の状況からすると、ここが大手虎口と思われます。イメージ 18
主郭で、約80×50mほどの広さがあり、一部(南東・北西)を除いて高2m程の土塁がある。虎口と考えられる土塁の切れが三か所あるが、虎口地A以外は疑問です。イメージ 19
 高2mの土塁で、高いものは3mあります。


イメージ 20









 虎口Bで、下の竪堀に繋がる感じです。もしかすると材木の運搬口としてあけられたかもしれません。イメージ 21
 
 虎口Cです。虎口を降りていくと、主郭下の横堀の東端に出て、堀切と繋がります。イメージ 22









イメージ 23



 主郭南東下の堀切で、当城唯一の堀切です。



 登城路の二股まで戻り、4郭へ向かいました。

イメージ 24


 4郭へは、なだらかな斜面を少し進みます
 イメージ 25







 4郭手前に虎口らしき箇所みられますが、定かではなく、左折れて主郭方面の斜面に平場かいくつか見えます。ここは、こうも古墳のような感じですイメージ 26

 4郭から主郭方面を見た所です。ちっと疲れてきましたので、この先は登りませんでした。こちらのコースが大手筋の感じです。








 田渡城は、横堀を効果的に使い、虎口にも工夫がみられるかなり技巧的な城と思えます。横堀というと、筑波の多気山城や常陸大宮市の東野城に類似するようです。ただ、多気山城・東野城も当城と同じで、築城主体や時期が定かではありません。強いて言えば、戦国後期に、佐竹氏の関与が推定できるということぐらいですか。

参考文献

『茨城の城郭』 茨城城郭研究会

この記事に

開く コメント(0)

前山古城

 前山古城は、佐久市前山にある比高100mの山城です。当城は、佐久平南西部丘陵の先端部に前山城を主城とする城砦群の1つです。武蔵富岡さんが前山古城の尾根伝いに新たな遺構(前山北古城ー仮称)を見つけたという記事を見ましたので、当城を訪問しながらそれらを見ようと出かけました。                                       訪城日:2016.12.26 晴れイメージ 1
 城址へは、国141号洞源湖入口信号を西に進み、貞祥寺を目指します。貞祥寺手前で右折して、二股の左側の道(蓼科スカイライン)に入り、約1.5kmで駐車地点に着きます。登城口は、その先の墓地の脇になります。イメージ 2







イメージ 3




 当城に関する史料は一切存在しないため、築城時期や築城主体は不明です。ただ、当地が前山伴野氏の勢力下にあってその一連の城砦群の一角にあることから、同氏に関連した山城と考えられます。
 伴野氏は、佐久地域においては大井氏と並ぶ有力国衆で、その活動イメージ 5は鎌倉期より見られ、鎌倉期に霜月騒動(興安8年-1285)で没落したが、室町期に勢力を盛り返します。伴野氏は、主に伴野館の野沢伴野氏と前山城の前山伴野氏があったようです。前山伴野氏については、以前前山城を書いた際に言及していますので、そちらを参照してください。


イメージ 4




 イメージ 6




 
 登城口の墓地で、背後の尾根に向かいます。少し急なところもありますが、道はしっかりとあり、約10分ほどで尾根につきます。尾根の上に上がりましたが、左手に土盛が見え行きましら、どうもそこが砦Bのようでしたが、まずは前山古城へ向かいました
 尾根上を南方向に数分行きますと、遺構らしき平場が左斜面に見えましたので、登りましたら2郭でした。そこから主郭に。イメージ 7









 
イメージ 8主郭は、南北約25m、東西約28mほどの不整形の六角形をしています。南から西に低い土塁がまわっています。削平はまずまずで、東側(写真左側)が一段低くなっています。

南東端の土塁上から主郭南下の3郭へ向かいます。土塁横下に薄〜いくぼみがみられますので、虎口かもしれませんが?です。イメージ 9



 主郭南下の3郭で、主郭との間には堀状の窪みが見られます。南辺に土塁痕と思われる土盛があります





 主郭背後を気にしている感じで、3郭の西側には幅広の堀(90mと)東側に竪堀を設けていますイメージ 11
イメージ 10








西側の堀                      東側の竪堀
イメージ 12
 イメージ 13北側からの2郭で、奥が主郭になります。







 2郭の北側の暖斜面に数段の郭が見られます。最下段(北側端)からの主郭方面
イメージ 14 ここから、西に行けば降りられると思いましたが、ちっと無理でした。違い尾根になっているようで、仕方がなく主郭方面に戻り砦B・Aに向かいました。同じような風景の中を歩きますので、くれぐれも注意しませんと迷ってしまいます。

 前山古城は、宮坂氏は「在地土豪層の要害城として構築されたものであろう」と推察しています。規模や構造からしますと、うなづけるものと思いますが、高地にあり2つの尾根内の沢筋に構築され麓から見定めにくいということを加味しますと、「村の城」ということも考えられるのではないかと。
 なお、武蔵富岡さんが見つけられた砦AとBについては、別稿で書きます

参考文献

『信濃の山城と館 1 佐久編』 宮坂武男著 

この記事に

開く コメント(1)

  小国城は、鶴岡市(旧温海町)小国字町尻にある比高230m程の山城です。平成14年に国史跡に指定されています。旧温海町は鶴岡の中心地から北西の日本海側にあり、意外と行きにくい所にあります。今回、肘折温泉から最上川沿いに鶴岡に出て、日本海東北道で温海IC経由で行きました。本海東北道は、鶴岡JCT〜あつみ温泉IC間は無料でしたのでラッキーでしたね。それでも2時間以上かかりました。                              訪問日:2016.10.21 晴れイメージ 9
 城址へは、日本海東北道「あつみ温泉IC」を降り、県道348号を6km程東進して右折します。集落内を約200m程進むと右手に案内板があり、奥に登城口の駐車場があります。イメージ 10
イメージ 1
















 
 小国城跡は、庄内大宝寺(武藤)氏の南端の重要な支城で、「楯山」(標高348.5m)の三頂部にある。麓から標高差早く235.5mで県内の中世山城跡では最大の比高差であり、庄内と越後を結ぶ古くからの主要街道が、城跡の東麓の谷筋を通っている。江戸時代には小国に庄内藩の関所、制札場が置かれ、小国街道の東側には、小国城本丸跡に正面を向けて、城の鎮守と伝えられている熊野神社がある。
 城跡は、東西約1030m、南北約950mあり、東側と西側に谷が入り、北側に突き出した尾根の上に四つの郭を配置している。東側に通称「二の丸跡」「三の丸跡」、小規模群郭が続き、郭の南東側に登城路が取り付けられている。登城道は、小規模郭群を境にして北側に折れ、東端の通称「駒立場跡」で折れ曲がって北麓に下っている。駒立場跡は、城の出入り口を守る枡形虎口で、上杉氏による大改修によって増設された防御施設と考えられている。本丸跡の西側には、通称「西大屋敷」と呼ばれる約2000㎡程の広大な郭があり、居住区域と推定されている。 イメージ 2
 城跡の特徴は、本丸跡を全周する土塁と、鋭い切岸斜面、登城路を守るために連続して設置した四つの虎口である。切岸は、小国街道、小国集落からよく見え南側と東側の傾斜がきつく、この山城の役割が、街道の要衝を押さえることを示している。標高の高い山城跡で、郭を全周する本丸跡の土塁は、富山県以北の日本海側では極めて珍しく、庄内地方における戦国時代の抗争の歴史の証言者である。出羽と越後の国境と街道を守る重要な山城で、そのために何度も改修と拡張が繰り返されたと考えられる中世山城跡である。 鶴岡市教育委員会    現地説明板より
補足
「庄内と越後を結ぶ古くからの主要街道」というのは、旧羽州浜街道(上の図の橙色)で、日本海沿いの道(羽州浜街道or出羽街道)ができるのは近世に入ってからのようです。その街道沿いにある小国城は、越後との境目の要として軍事・交通の重要拠点だったようです。南北朝期から小国氏がいたとようで、城は、天文16年に小国因幡守によって築城されたと伝えられています。
庄内は、天正10年(1582)以降、大宝寺氏と最上氏・上杉氏(本庄氏)によって争乱状態になり、庄内の覇権は天正15年最上氏から天正16年本庄氏・上杉氏へ、さらに慶長6年に最上氏となり、かなり激しい変遷を経ています。小国城の現遺構は、天正年間以後の上杉・最上両氏の緊張関係の中で、両氏によって整備されたとものと考えられます。最上氏時代の元和元年(1615)に一国一城令により廃城になった。
当城で、丸呼称(本丸・二ノ丸・三ノ丸)になっているのは、江戸期の古記録によるもののようです。元和8年(1622)の「五十嵐野左エ門控」には、二の丸が中屋敷、三の丸が下屋敷とも書かれています。

イメージ 3案内板から少し左手にある登城口です。本丸まで1045mと書かれています。とりあえず途中の駒立場を目指します。イメージ 4








登城道は、急坂もありますがしっかりとしています。イメージ 5


標高230mの駒立場を南側イメージ 7から見ています。6×33mの広さで削り残しの土塁で囲まれています。表示板によると、本丸まであと400mです。➡奥から見た所

イメージ 8
イメージ 6








三の丸東下の虎口A手前ですが、坂虎口の感じです

イメージ 11
イメージ 12






三の丸東下の虎口Aです。桝形虎口と思われます
イメージ 13

虎口Aから三ノ丸への通路です。二ノ丸・本丸へもこんな感じで、郭の南側の切岸下の急崖上に狭い導線になっています。上からの横矢がかかる仕組みのようです。
イメージ 14





イメージ 15





三の丸桝形虎口を外側から() 郭内から()


↓三の丸の東端から見た所で、20×20mほどの広さです。奥に見える切岸の上が二ノ丸で、二の丸まで10mはある鋭い切岸です
イメージ 16
二の丸枡形虎口で、虎口上部に本丸東虎口前の腰郭から横矢がかかる仕組みのようです。イメージ 17












イメージ 18二の丸を東端から見た所で、40×30mほどの広さがあります。本丸との切岸は、10mほどあります。
イメージ 19







二の丸から来た通路が、大きく右に曲がり、本丸東虎口前の腰郭(虎口受け郭か?)に上がり東虎口に入る仕組みです。東虎口は枡形ではありませんが、虎口への導線が素晴らしい造りですイメージ 20







本丸東虎口で、本丸の主虎口です。食違い虎口。イメージ 21



本丸で、ほぼ五角形で40×25m程の広さで、尾根筋の頂上部を削平しているようです。高1.5m程の土塁が全周しています。虎口は、東(主)と南の二か所あります。イメージ 22




南から西に取り巻く腰郭へおりる南虎口と、本丸を取り巻く土塁。イメージ 23





本丸西下の西大屋敷方面で、本丸の西下に堀切があるようですが、埋まってしまったのか確認できませんでした。イメージ 24



西大屋敷の現状です。広さが100×40mという広大な郭ですが、藪に覆われています。井戸も二か所あると説明板にあり探しましたが、わかりませんでした。イメージ 25






西大屋敷南西端にある大堀切で、上巾約25m、深さ約15mあるようです。
本丸北側の尾根には二条の堀切があるようですが、確認していません。イメージ 26


城下集落の小国宿の景観です。昔の面影を残しています。

この記事に

開く コメント(0)

購入図書 2017年

趣味の歴史にいくら散財しているかの覚書です! ★5ー最高ランク ★3ー普通
2017年

01.17 『佐竹一族の中世』 高橋 修編 高志書院  \3780 
03.01 『武田氏滅亡』 平山 優著 角川選書  \2800+税
03.07 『南部信直』 森 嘉兵衛著 戎光祥出版  \2700
03.11 『日本の歴史9 南北朝の動乱』 佐藤進一著 中公文庫 \1238+税

この記事に

開く コメント(0)

2017(訪城NO.1461〜)
    訪城数 10   新訪城 7  再訪城 3

03.14 茨城 山入城(1466)田渡城(1467)
03.13 茨城 高部館(1461)高部向館(1462)河内城(1463)山方城(1464)孫根城(1465)
01.28 埼玉 杉山城
01.21 江戸東京博物館 戦国時代展
01.14 東京 深大寺城
01.09 東京 浄福寺城

この記事に

開く コメント(0)

全126ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事