奥さまのため息・・・・・本当にもう・・・・・

川内原発再稼働、事故が起こったら、どうするんでしょう?オリンピック競技場の巨額資金の無駄遣い、これにも呆れています。

全体表示

[ リスト ]

黒木瞳 (HP)

イメージ 1

芸名 黒木瞳

フリガナ クロキヒトミ

誕生日 10月5日
星座 てんびん座
出身地 福岡
性別 女
血液型 A型
身長 163cm
ジャンル 女優
特技 ピアノ
ジャンル別作品 テレビ
プリマダム 二十四の瞳 夫婦。 さとうきび畑の唄 白い巨塔 GOOD LUCK!!
ラジオ
黒木瞳のホッとGoing
映画
東京タワー 阿修羅のごとく T・R・Y 仄暗い水の底から 化身
舞台
ママラブズマンボ Muse more

出典:日本タレント名鑑(VIPタイムズ社





黒木 瞳(くろき ひとみ、1960年10月5日 - )は、日本の女優。

福岡県出身。

宝塚歌劇団元月組トップ娘役。

芸名は出身地に因んで同郷の五木寛之(八女市出身)が命名した。歌劇団在団時の愛称はショーコ。

身長163cm、血液型はA型。オフィス稲垣所属。

福岡県立八女高等学校卒業。


[編集] 人物・略歴

高校在学時に映演部長として九州大会に進出。

音楽大学への進学が決まっていたが、記念受験で受けた宝塚歌劇団に合格。

1979年4月に宝塚音楽学校に入学。

1981年に入団し『宝塚春の踊り』で初舞台(同期には北原遥子、真矢みき、涼風真世、毬藻えりらがいる)。

1982年1月より『おはよう朝日です・土曜日です』にレギュラー出演し、レポーターなどもこなした。

入団2年目(研2)の時に史上最速出世記録で、大地真央の相手役として月組トップ娘役に就任(就任については技量の未熟さがあるなどとバッシングやいやがらせもあったが、小顔で男役としては細身だった大地が同じような体格で度胸ある番組進行をこなしていた黒木に着目し、相手役にしたいと申し出たという)。

『あしびきの山の雫に』『シプーレット』『ガイズ&ドールズ』などに出演し、在団中は娘役でありながら大地に迫るほどのファンの支持や好感を獲得した。

1985年、『二都物語』の東京公演で大地と同時退団し、芸能界へと転進した(尚、今では珍しくない男役・女役のトップ同時退団は、宝塚の組ごとのトップスターが固定制になってから初のこと)。



[編集] 退団後の活躍

映画デビュー作『化身』が評価され、サスペンスドラマなどを中心に活動を続けていたが、1997年公開の映画『失楽園』で不倫の恋を大胆に演じて大きな話題に。

原作とともに社会現象となったこの作品で知名度が一気に広がり、活躍の場が広がっていった。
これ以降、各種の好感度調査などで上位の常連となり、「理想の上司」「働くママのファッションリーダー」といった評価が高い。

大垣共立銀行付属総合研究所の調査では「主婦のおしゃれのお手本」の第1位。

KIRINの付属研究所が行った調査では「一緒にお酒を飲みたい女性上司」の第1位に2005年、2006年の2年連続選出。

産業能率大学が2007年に実施した「新入社員から見た女性上司の理想像」のベスト5にランクイン。

1991年に電通勤務の伊知地俊夫と結婚。1998年には長女を出産(38歳での比較的高齢出産で話題に)。

NHKの大相撲九州場所中継にゲスト出演し「毎年初場所を観戦し、座布団を投げているんです」と逸話を紹介。

さらに「夫と相撲を取るんです」とも発言した(1999年の初優勝以来、千代大海の大ファンでもある)。


2007年の『24時間テレビ』では新庄剛志と共にチャリティーパーソナリティーを務めることが決定した。

自身のホームページでは質問や感想に目を通し、多くのファンに返事を書き、ホームページ上に載せている。


[編集] おもな出演作品

[編集] テレビドラマ
NHK

都の風(1986年10月〜1987年4月) ‐ 竹田桂 役
裸足のシンデレラ(1988年2月〜3月)
晴のちカミナリ(1989年4月〜8月) ‐ 胡蝶 役
腕におぼえあり(1992年〜1993年) ‐ 佐知 役
銀行(1994年1月)
八代将軍吉宗(1995年1月〜12月) ‐ お久免 役
龍-RON-(1996年) ‐ 龍の母 役
新宿鮫 「屍蘭」(1997年1月)
上杉鷹山〜二百年前の行政改革〜(1998年) ‐ 千代 役
新マチベン〜オトナの出番(2007年) ‐ 及川玲子 役
日本テレビ 

刑事貴族(1990年4月〜9月) ‐ 志村由美子 役
ジェラシー(1993年1月〜3月) ‐ 佐藤(宮坂)夕子 役
透明人間(1996年4月〜7月) ‐ 大沢真実 役
ゴールデンボウル(2002年4月〜7月) ‐ 佐倉瞳 役
鬼畜(2002年10月15日) ‐ 竹中春江 役
二十四の瞳(2005年8月2日) ‐ 大石久子 役
プリマダム(2006年4月〜6月) ‐ 万田佳奈 役
TBS

雨よりも優しく(1989年10月〜12月) ‐ 並木泉 役
都会の森(1990年7月〜9月) ‐ 舟本美波子 役
熱血!新入社員宣言(1991年4月〜6月) ‐ 蓮川弥生 役
きのうの敵は今日も敵(1995年4月〜6月) ‐ 岡部恵子 役
ひと夏のラブレター(1995年7月〜9月) ‐ 池島美佳 役
義務と演技(1996年) ‐ 大倉みさき 役
魔女の条件(1999年) ‐ 黒澤鏡子 役
オヤジぃ。(2000年) ‐ 神崎美矢子 役
百年の物語(2000年) ‐ 戸倉史 役
恋を何年休んでますか(2001年〜2002年) ‐ 堀川咲子 役
明智小五郎対怪人二十面相(2002年) ‐ 篠崎婦人 役
GOOD LUCK!!(2003年) ‐ 富樫のり子 役
愛するために愛されたい(2003年) ‐ 仁科玲子 役
さとうきび畑の唄(2003年) ‐ 平山美知子 役
夫婦。(2004年) ‐ 山口華 役
涙そうそう この愛に生きて(2005年) ‐ 小田志津 役
恋の時間(2005年) ‐ 北見雪枝 役
フジテレビ

過ぎし日のセレナーデ(1989年10月〜1990年3月) ‐ 山口絵里役
今、ときめいて白きランナー(1992年7月31日)
世にも奇妙な物語
「指輪 リング」(1995年4月3日)
「幻の少年」(2005年4月12日)
If もしも(1993年)
その男の恐怖(1998年9月29日)
リング(1999年) ‐ 宮下理恵子 役
TEAM(1999年〜2003年) ‐ 丹波郁恵 役
イマジン(2000年) ‐ 飯島美津子 役
ルーキー!(2001年) ‐ 望月玲子 役
白い巨塔(2003年〜2004年) ‐ 花森ケイ子 役
遙かなる約束(2006年11月25日) ‐ 蜂谷久子 役
千の風になって 第1弾「家族へのラブレター」(2007年8月3日) ‐ 福原杏子 役
テレビ朝日

真夜中は別の顔(1992年) ‐ 末来乃絵 役
本当にあった怖い話(1992年)
クニさんちの魔女たち(1994年) ‐ 岡村いちこ 役
愛しすぎなくてよかった(1998年) ‐ 広瀬マミ 役
眠り狂四郎(1998年12月)
テレビ東京

青春の門(1991年) ‐ 伊吹タエ 役
永遠のアトム 手塚治虫物語(1999年4月)
次郎長三国志(2000年) ‐ 投げ節お仲 役
刑法第39条フラッシュバック(2001年)
忠臣蔵〜決断の時(2003年) ‐ 大石りく 役

[編集] バラエティー・教養番組
欽ちゃんのどこまで笑うの?!(1988年〜1989年)
驚きももの木20世紀(1993〜1994年)
日本レコード大賞
笑っていいとも!
オレたちひょうきん族
とんねるずのみなさんのおかげです
HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP
SMAP×SMAP
FNS歌謡祭(2005〜2006年)
24時間テレビ
はなまるマーケット

[編集] 映画
化身(1986年)
花園の迷宮(1988年)
姐御(1988年)
ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー(1988年)
動天(1991年1月)
渋滞(1991年)
略奪愛(1991年)
怖がる人々“火焔つつじ”(1994年)
四十七人の刺客(1994年) - きよ 役
蔵(1995年)
失楽園(1997年) - 松原凛子 役
学校の怪談(1997年) - 久保田真知子 役
SADA(1998年)
花のお江戸の釣りバカ日誌(1998年) - 小浪 役
金融腐蝕列島(1999年) - 秘書 役
破線のマリス(2000年) - 遠藤瑤子 役
千里眼(2002年)
すずらん(2002年) - 川本富貴 役
月(2002年)
仄暗い水の底から(2002年) - 松原淑美 役
それいけ!アンパンマン「うきぐも城のひみつ(2002年) - ローラ姫(声) 役
T・R・Y(2003年) - 春江 役
阿修羅のごとく(2003年) - 里見巻子(次女) 役
Mr.インクレディブル(2004年) - インクレディブル夫人(声) 役
Tokyo Tower(2005年) - 浅野詩史 役
怪談(2007年) - 豊志賀 役
魍魎の匣(2007年) - 柚木陽子 役

[編集] CM
日本メナード化粧品
日産自動車
参天製薬
サンゲツ(1997年〜2004年)
日清食品  「麺の達人」(1999年〜2001年)
三井住友海上火災保険(2002年)
ハウス食品  「こくまろカレー」
ピップエレキバン(2002年)
ダイドードリンコ  「デミタスコーヒー」
松下電工(本人そっくりのCGが登場)
松下興産
NTT東日本
ライオン
JR九州
チョーヤ梅酒
日立製作所
エスエス製薬(2005年9月〜)
ダイハツ工業 エッセ
「銭湯篇」(2005年12月31日〜)
「スーパー篇」(2006年1月〜)
「たこ焼き篇」(2006年3月〜)
「クリーニング篇」(2006年4月〜、東出典子と共演)
「生け花篇」(2006年9月〜)
「バスケットボール篇」(2006年12月〜)
花王  「ソフィーナ」
セイコー  「クレドール」

[編集] 舞台
ハムレット(1990年、日生劇場)
陽気な幽霊(1993年5月、銀座セゾン劇場)
オセロー(1994年9月、日生劇場)
mama loves MAMBO(2000年8月、パルコ劇場)
クリスマス・ボックス(2001年11月、青山劇場・12月、大阪フェスティバルホール)
mama loves MAMBO 供2002年6月、パルコ劇場他)
mama loves MAMBO 掘2004年4月、天王洲アイルアートスフィア他)
黒木瞳25周年トークショー“Muse more talking&dansing”(2005年5〜8月、東京・大阪・広島・福岡・沖縄・神戸・名古屋)
mama loves MAMBO 検2006年8月18日〜30日、ル テアトル銀座他)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事