歴史資料ネットワーク(史料ネット)

電話078-803-5565(平日午後1時〜5時) / お問い合わせは「s-net@lit.kobe-u.ac.jp」まで

全体表示

[ リスト ]

このたびの地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
一日も早くライフラインが復旧し、
生活が元通りになりますよう心よりお祈り申し上げます。(ま)
 
 ■文化庁の動き
・東北地方太平洋沖地震被災文化財の救援と修復に協力を(文化庁長官メッセージ)
寄付金・義援金の受け付け。
指定・未指定文化財、公文書、美術品、自然史資料、場合によっては書籍や個人の記念物等まで避難、応急措置、一時保管する。
早ければ今週末にもレスキュー事業をスタート。

・文化財等救援委員会を設置(2011/3/31)
【報道発表】東北地方太平洋沖地震被災文化財等救援事業(文化財レスキュー事業)について
朝日新聞HP「被災地の文化財守れ 「レスキュー隊」結成へ 文化庁」(3/31)
対象は未指定文化財も含まれています。
【文化財・美術関係団体】
・文化財保存修復学会 http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsccp/
・日本文化財科学会 http://www.jssscp.org/
・独立行政法人国立美術館 http://www.artmuseums.go.jp/
・財団法人日本博物館協会 http://www.j-muse.or.jp/
・全国美術館会議 http://www.zenbi.jp/
・全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 http://www.jsai.jp/
・全国大学博物館学講座協議会
・文化財救援ネットワーク

・文化庁「東北地方太平洋沖地震関連情報」
 1.被害を受けた文化財の件数等
 2.東北地方太平洋沖地震関連の通知
 3.災害時における対応方法
 ・文化財防災ウィール(PDF形式(216KB))
「文化財防災ウィール」は,平成16年に文化財保存修復学会の監修により作成し,文化庁が発行したものです。
原文はアメリカで作成されたものですが,日本の実情や日本の文化財の特性に合わない部分は注釈を加えており,素材,材質等別の対処など,参考となる事項が多く含まれるため,緊急対応の参考として掲載します。専門家と連携できる環境にある場合には,専門家に相談してください。
・文化財建造物等の地震における安全性確保に関する指針(PDF形式(368KB))
本指針は,文化財建造物等の地震被害の想定並びに対処方針に係る基本的な考え方を示したものです。
6ページに地震時の対応についての記載があります。
・緊急調査・応急処置用資材リスト(PDF形式(272KB))
本資材リストは,「阪神大震災美術館・博物館総合調査 報告Ⅱ」(全国美術館会議発行)より抜粋したものです。二次災害の防止や応急処置,被害状況の調査を行う際の参考としてください。
 4.関連リンク
 ・阪神大震災からはじまった被災文化財の支援「歴史と文化を救う」(PDF形式(304MB))(※国立民族学博物館ホームページへリンク)
・全国科学博物館協議会ホームページ
 
■復興基金情報
・公益社団法人企業メセナ協議会「東北関東大震災 芸術・文化による復興支援ファンド」
・東北地方太平洋沖地震支援デスク(協働と参画のプラットホーム内)
「被災地を支援する市民活動への助成」パートナーシップ活動助成・緊急募集を開始
■博物館・図書館・アーカイブズ関連(4/3)
・SaveMLAK(博物館・美術館、図書館、文書館、公民館(MLAK)の被災・救援情報サイト)
(savearchives、savelibrary、savemuseumの情報を順次統合)
 
■アーカイブズ関連 
・全史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)
「東北地方太平洋沖地震における全史料協機関会員の安否確認情報 平成23年3月25日付 第七報 」
 
・savearchives @ ウィキ 東日本大地震によるアーカイブズ関連施設の被災情報・救援情報
→2011年3月31日以降、順次情報を「SaveMLAK」へ移行
(首都圏地域資料情報ネットワーク・宇野淳子さん(@yunraai)の作業をうけて、後藤真さん(花園大学、@mak_goto)が開設)
http://www47.atwiki.jp/savearchives/
 
■図書館関連
・国立国会図書館 カレントアウェアネス・ポータルhttp://current.ndl.go.jp/
 
・国立大学図書館協会
「東北地方太平洋沖地震対応」
 
・東京大学附属図書館http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/
# 会員館の被害状況(東北地区協会)
# 会員館の被害状況(全国)
東北関東大震災(2011/3/11)における各大学の状況一覧(3/17現在)
 
・savelibrary@ウィキ 東日本大地震による図書館の被災状況・救援情報
→2011年4月1日をもって、「SaveMLAK」に移行(閲覧は可能)
(岡本真(ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長)さんが開設)
http://www45.atwiki.jp/savelibrary/
 
・日本図書館協会http://www.jla.or.jp/
「東日本大震災について」特設ページ

・株式会社図書館流通センター指定管理図書館地震情報一覧(平成22年3月18日16時現在)
 
■博物館・美術館関連
・全国科学博物館協議会
「地震時の対応に関する参考資料」
「東北地方太平洋沖地震に関して」…全国科学博物館協会加盟館の状況について、千葉県立中央博物館上席研究員の尾崎煙雄さんがまとめられています。
・天文施設の被害状況等について、大阪市立科学館主任学芸員渡部義弥さんが
関係者から収集された情報をまとめられています。
http://www.sci-museum.kita.osaka.jp/~yoshiya/2011eq.html
 
・西日本自然史系博物館ネットワーク
「東北地方太平洋沖地震(東北大震災)に際してのお見舞い」(3/13)
http://www.naturemuseum.net/blog/2011/03/post_28.html
…博物館や標本等の維持などに関しご相談などがありましたら事務局までとのこと
 
・東北地方太平洋沖地震による美術館・博物館等の被害状況(togetter)
http://togetter.com/li/111082
 
・大本敬久氏作成ブログ「東北地方の博物館【地震関連】」
 
・savemuseum @ ウィキ-東日本大地震によるミュージアムの被災情報・救援情報
→2011年4月1日をもって、「SaveMLAK」に移行(閲覧は可能)
(山村真紀(ミュージアム・サービス研究所主宰)さんが2011年3月12日に開設)
http://www45.atwiki.jp/savemuseum/
 
 ■歴史系・文化財系の各種学会、NPO法人、各種機関の動き
・日本史研究会
HPに募金呼びかけを掲載(3/15)
会誌3月号にカンパチラシと振替用紙を同封
 
・歴史学研究会
【協力のお願い】被災歴史資料保全活動への支援募金のお願い【歴研】(3/17会員向けメール)
【協力のお願い2】宮城史料ネットよりの要請【歴研】(3/17会員向けメール)
 
・歴史教育者協議会
募金依頼メールを会員に送信。募金呼びかけを協力(3/16)
HPにて支援募金の呼びかけ(3/15)
 
・大阪歴史科学協議会
公式ブログにて支援募金の呼びかけ 

・大阪歴史学会
HPにて支援募金、歴史資料保全の呼びかけ
 
・歴史科学協議会
HPにて支援募金の呼びかけ 

・民衆史研究会 公式ブログ
「東北地方太平洋沖地震に対する被災歴史資料保全活動に関するお知らせ」を掲載
 
・千葉歴史学会
「千葉県旭市の被災状況」掲載
今後、千葉歴史学会として、千葉県内の被災状況の情報収集、緊急時の資料レスキューを実施する方針

・日本史史料研究会
会報『ぶい&ぶい』(無為 無為)19号にて千葉県香取市佐原地区の被災状況を掲載

・NPO法人歴史資料継承機構http://rekishishiryo.com/)ブログ
http://blog.rekishishiryo.com/
募金依頼の文面をアップ(3/16)

・NPO法人文化財保存支援機構
ブログに情報をアップ中(文化財保存支援機構ブログ)
 洪水で損傷を受けた家族の紙資料・紙作品の応急救済策(アメリカ国立公文書記録管理局(NARA)記事より)

・日本イコモス国内委員会
「東北太平洋沖地震に関するICOMOS委員長によるメッセージ」(3/12)
http://www.japan-icomos.org/pdf/earthquake_message.pdf
 
・ICCROM (文化財保存修復研究国際センター)
"Helping Japan"
 
・立命館大学歴史都市防災研究センター
東北地方太平洋沖地震 − 被災地周辺の文化遺産について (2011年3月25日現在)

・岩田書院
岩田書院・岩田様の「歴史系の専門書の出版社としては、現地での史料保存に役立ててほしい」とのご厚意により、
2011年中の岩田書院の学会・研究会での売上金の1割を、被災史料保全への支援募金としてご寄付いただけることになりました。

この記事に

閉じる コメント(17)

顔アイコン

ウィキ-東日本大地震によるミュージアムの被災情報・救援情報
を追加しました(ま)

2011/3/13(日) 午後 9:17 [ 歴史資料ネットワーク ] 返信する

顔アイコン

都道府県情報を追加しました。(ま)

2011/3/13(日) 午後 11:34 [ 歴史資料ネットワーク ] 返信する

顔アイコン

尼崎市立地域研究史料館が東北地方の自治体史を所蔵しています。今後の活動に役立てていただければと思います。 削除

2011/3/14(月) 午後 1:14 [ (島) ] 返信する

顔アイコン

(島)さん、松下です。
情報提供ありがとうございます。
事前調査の折りに活用させていただきます。

2011/3/14(月) 午後 7:16 [ mac**an_*29 ] 返信する

顔アイコン

ようやく電気が通じました。
どうなることかと思いましたが、奇跡的に職場の人間はすべて助かりました。
こちらはまだ極めて危険で不安定な状況です。
電話も携帯メールも通じず、商店には食料品が無く、ガソリンもスタンドから枯渇し、避難所も物資が不足しています。
放射能汚染と予震への恐怖から、先のことを考えられる状況には至っていない現状です。 削除

2011/3/14(月) 午後 8:41 [ ふくしま史料ネット本間 ] 返信する

顔アイコン

本間さん、松下です。
地震発生直後だったのでこちらからの連絡をひかえておりました。
大変なところご連絡いただきありがとうございました。
職場の皆さんがご無事とのことでほっとしました。
ただ、まだまだライフラインも完全には復旧せず
配給も不足ぎみとのことで心配しております。
まずは身の安全を第一に、どうかおけがのないよう気をつけてください。
こちらからは何もできなくて歯がゆいですが、皆様の無事だけをお祈りしております。

2011/3/14(月) 午後 9:37 [ 歴史資料ネットワーク ] 返信する

顔アイコン

全史料協の「東北地方太平洋沖地震における全史料協機関会員の安否確認情報 平成23年3月15日付 第三報 」「福島県歴史資料館 本間宏氏 詳細情報」を追加更新いたしました。福島の状況を是非ご覧ください。(松下)

2011/3/16(水) 午後 11:27 [ 歴史資料ネットワーク ] 返信する

顔アイコン

各学会の動きも追加しています。
情報が錯綜していていますので、精査しながらアップしていきます。
完成するまで今暫くお待ちください。(松下)

2011/3/18(金) 午後 2:34 [ 歴史資料ネットワーク ] 返信する

顔アイコン

記事数を増やすと昔の記事がトップページから見えなくなるので、追記する格好で更新しています。一つの記事あたりの分量が多くなり見づらいかと思いますがご容赦ください。(松下)

2011/3/18(金) 午後 10:19 [ 歴史資料ネットワーク ] 返信する

顔アイコン

3/19朝日朝刊で国立国会図書館の被害状況が報道されました。Webでも読めます。 削除

2011/3/19(土) 午前 10:35 [ (島) ] 返信する

顔アイコン

(島)様
松下です。ありがとうございました。記事は、
http://www.asahi.com/national/update/0318/TKY201103180588.html
ですね。書架から落下した約120万冊の図書の後片付けに追われているそうです。希少本は主に地下書庫に所蔵されており、「百万塔陀羅尼」などには被害はなかったとありました。

2011/3/19(土) 午後 2:11 [ 歴史資料ネットワーク ] 返信する

顔アイコン

松下さん、お手数をおかけしました。
被災地の各自治体では住民基本台帳等が水に流されたため人的被害が把握できなくなっています。ラジオのニュースでは南三陸市が取り上げられていましたが、同様の自治体が多いと思われます。 削除

2011/3/22(火) 午前 9:13 [ (島) ] 返信する

顔アイコン

文化庁が被災文化財に関する「レスキュー隊」を立ち上げるとの
朝日新聞の記事(3/31)がでましたのでお知らせします(ま)

2011/3/31(木) 午前 10:29 [ 歴史資料ネットワーク ] 返信する

顔アイコン

復興基金に関する情報をアップしました。(ま)

2011/3/31(木) 午前 11:26 [ 歴史資料ネットワーク ] 返信する

顔アイコン

文化庁による報道発表「東北地方太平洋沖地震被災文化財等救援事業(文化財レスキュー事業)について」をアップしました。

2011/3/31(木) 午後 4:21 [ 歴史資料ネットワーク ] 返信する

顔アイコン

「SaveMLA」など、最新情報を追加いたしました(か)

2011/4/3(日) 午後 3:22 [ 歴史資料ネットワーク ] 返信する

顔アイコン

岩田書院・岩田様のご厚意により、2011年中の岩田書院の学会・研究会での売上金の1割を、被災史料保全への支援募金としてご寄付いただけることになりました。記して感謝申し上げます。(川内)

2011/4/7(木) 午後 5:11 [ 歴史資料ネットワーク ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事