全体表示

[ リスト ]

【テレ朝】【原発】作業員激白「建屋の壁が崩れてた・・・」(11/03/19)




【ブログ】福島第二原発で働く19歳の作業員の日記

2011年3月15日(火)
【無事です】
おっす。

おら◎◎。
東京電力株式会社福島第二原子力発電所環境施設グループの者です。 

今福島第二原子力発電所でやっと休憩もらえて、あんまり寝れないんで、日記を書くことにしたよ?

みんなは無事なんかい? 俺ぁなんとか生きてるよ??

1Fの影響がこっちまで響いて、復旧作業に支障が出てるけど、2Fはなんとか無事にやってます。

問題は食料と水ですかね??
みんないつもと比べものにならないくらい仕事してるのに水と食料はないんだよね〜。
1Fがあんなんだからこっちまで救助も来れないし、あと何日続くのかね〜〜。

1Fは・・・・作業する人もいなくなってきてるみたいだね。
親父は生きってかな・・・・・。

な〜んて暗い話ばっかしてないで、ニュースではなかなかやってくれない原発のいいニュースをお知らせします。

1Fの水素爆発が起こった1,3号機は爆発が起こった原因は水と燃料の水・ジルコニウム反応によるものです。
よって水は今も注水されているわけでであります。
水が注水され続けているうちには問題は特には起こりません。
2号機も現在は注水されています。
あとはニュースでも行われているとおりです。

2Fですが、1Fの放射線が一時かなりの量が飛んできていましたが、今はとても安定して外に出て作業できるレベルになりました。
だからといって原子力発電所特有の装備をして出ているわけで、屋内にいる人は外に出ないようにしてください。
2Fは4号機ある内、3号機はすでに冷温停止を完了しました。
1,2号機も今は冷温停止に近付いております。
4号機は注水している最中ですがまだ安心と呼べるまでに至っておりません。
私も含め、4号機への注水活動を続けておりますので、どうか皆さん無事を祈ってください。
私も無事に20歳を迎えたいと思います。
それでは
みなさん
さようなら。

3/15?^18:44
2011年3月16日(水)
【いろいろなエールを頂きました。】
今日も日記を福島第二原子力発電所環境施設Gの◎◎のPCからお届けしたいと思います。

発電所付近では誰もいないことになっているので、携帯の電波はまるできません。遮断されています。
こちらでも体調不良の方や女性の方を中心に避難を始めています。
2Fから避難した方々が避難した場所で、「非難」されていないことを祈ります。

まずはコメントくださった皆様、本当に、本当にありがとうございます。細々としていたサイトがいつの間にか知らない人に知れ渡っていたんですね。(広めた奴だれや!?)
本当に力になります。涙が出ます。(最初のほうの友達のコメント信じられね〜。)
こちらでもテレビやネットで様々なエールを頂いたのを目にして、力をもらいました。

「東電社員死ね」だとか
「現場で作業してる人は偉いとかいってるけど、それが仕事で当たり前。むしろ逃げる奴なんかいたら最低だ。」とか
「たとえ逃げてきても、放射線浴びてきた奴なんか引き取らないでほしい。」とか、
「危険なんか一言も聞いたこと無かったのに、これは裏切りだ。」とか
「原発に送る水、食料が勿体ないから送るな。」とか、
「たとえこの先、原発すべてが安定しても東電を許さない。特に原発所員は隔離してほしい。」とか
「発電所いた奴は原発安定させたら死ねばいいんじゃない??」

だとか、とても力強いコメントを頂きました。
地域の方々、特に友達、知り合い、学校で知り合ったみんなの為に全力を尽くしてきたつもりですが、そんなことで賞賛されることではないことは分かっています。
全力を尽くして対応して当たり前。
否定できないし、しませんし、当たり前なんです。
でも頭で分かっていても、どうしようもないんです。
親父も今、連絡は取れませんが、私と同じように福島第一原子力発電所で対応しているのだと思います。親父、自分は家族からも背中を押されて、「過労死」だけ気をつけろと激励されました。もし親父が1Fで対応しているのなら、自分よりも遙かに過酷な状況で対応しているものと思われます。
母親も連絡はつきません。
もし、誰か知っている人がいたら教えてください。
家族から聞いた話では、原町で孤立状態にあるそうです。
ただでさえ薬が切れたら危ないのに・・・。
望みはほとんど捨てています。もし亡くなっていたとしても、覚悟はできています。途中、何度も助けにいきたかったけど、私情は挟むことはできません。
今は外に出れば、二度と発電所に戻ることができません。
どうか無事でいてほしいですが・・・・・。
私は親父が1Fで働いてきたこともあり、東電がこれまで地域にもたらしてきた功績がどれだけのものか、理解しているつもりで、地域住民としても感謝してきました。
そんな身近にあって尊敬する福島の原子力発電所に入りたくて希望したわけです。
でも今は状況が違います。何をしても許されることはないことは分かっています。
わたしは今日所長から頂いた言葉に感銘しました。「福島第一、第二原子力発電所所員に『人権』なし!!」
まさに今の私達はその通りです。
今私達にできることは、一刻も早く原発を安定させることです。
それまではマシーンように感情を持たず、行けといわれれば行き、無理とされることもやります。
どうか知り合いである皆さんあたたかい目で見ていてください。
2F(福島第二原子力発電所)は無事、全ての号機冷温停止に至ることができました。
今はこの先もしも電源停止や今機能している系統が機能しない事態になったとしても、他系統でカバーできるよう、作業を続けています。
2Fの安定したことのニュースなんて流れてませんよね?
少ない時間でいいので報道してほしいのに・・・・。

また11時から作業予定なので、これから寝させて頂きます。
それでは
みなさん
おやすみなさい。

3/16?^20:31

この記事に

閉じる コメント(10)

アバター

まなちゃん 読ませていただきました。
LINKに飛んで 私もこれをUPします!!
ありがとう❤
ぽち♪

2011/3/19(土) 午後 9:49 **seiko** 返信する

顔アイコン

seikoちゃん〜お家は大丈夫でしょうか。
こちらは、先ほども余震がありましたあ。

原発で働く作業員の方を思うと辛いですね。

2011/3/19(土) 午後 9:51 sj566029 返信する

アバター

まなちゃん 私は 岡山に住んでいますので 大丈夫です。
でも 私もずっと東京に住んでいましたので 地震は結構頻繁に起こっていましたね。。
早く余震も収まるといいですね〜
記事UPしたのでトラバさせて下さいね〜♪

2011/3/19(土) 午後 10:16 **seiko** 返信する

顔アイコン

トラバ出来なかった〜

2011/3/19(土) 午後 10:17 **seiko** 返信する

顔アイコン

seikoちゃんは、岡山ですかぁ、いいなぁ〜。
でも、同じ日本ですものね、気をつけましょう^^

>>>トラバ出来なかった〜

記事がアップできたなら、トラバは、けっこうです<m(__)m> お持ち下さいませ。

2011/3/19(土) 午後 10:29 sj566029 返信する

顔アイコン

【朝日】消防放水「命中を確信」 涙の隊長、家族に陳謝

2011年3月20日5時6分

「非常に難しく危険な任務だった。国民の期待をある程度達成でき、充実感でほっとしている」――。東京電力福島第一原発の冷却作戦で、10時間以上の「連続放水」を成功させた東京消防庁の派遣隊員の一部が19日夜、帰京した。佐藤康雄総隊長(58)ら3人が東京都内で記者会見し、心境を語った。

会見したのは、災害救助のスペシャリストである「ハイパーレスキュー」の冨岡豊彦隊長(47)と高山幸夫隊長(54)。

冨岡隊長は「大変だったことは」と問われると、「隊員です」と言って10秒ほど沈黙。涙を浮かべ、声を震わせながら、「隊員は非常に士気が高く、みんな一生懸命やってくれた。残された家族ですね。本当に申し訳ない。この場を借りておわびとお礼を申し上げたい」と言った。

高山隊長は18日、職場から直接現地に向かった。妻に「安心して待っていて」とメールで伝えると、「信じて待っています」と返信があったという。

佐藤総隊長も妻にメールで出動を伝えた。「日本の救世主になってください」が返事だ

2011/3/20(日) 午前 11:25 sj566029 返信する

顔アイコン

高山隊長は今回の任務を「目に見えない敵との闘い」と振り返った。注意したのは放射線量。「隊員たちが常に測定しながら安全を確認し、アピールしてくれた。仲間のバックアップがあったから任務を達成できた」と話した。

会見では、作戦の具体的な中身も明かされた。

佐藤総隊長によると、派遣隊は本人が承諾した隊員から選抜された。

原発に入ったのは18日午後5時5分。作戦は当初、車から出ずに車両でホースを延ばす予定だった。8分で設置できる計算だった。だが、海岸付近はがれきだらけ。車が走れそうなルートだと2.6キロあり、ホースが足りない。

一度本部に戻り、安全な方法を再検討した上で午後11時半に原発に戻った。最終的には、途中まで車で延ばし、最後の約350メートルは隊員が車外に出て、巻いたホースを手で延ばし、取水のために海まで届かせた。

2011/3/20(日) 午前 11:26 sj566029 返信する

顔アイコン

ポンプで吸い上げた海水を放つ「屈折放水塔車」を止めたのは、2号機と3号機の真ん中で建物まで約2メートルの至近距離。目標とした、使用済み核燃料が貯蔵された3号機のプールまでは50メートルだった。いつでも退避できるようにマイクロバスを用意し、「特殊災害対策車」も待機した。

翌19日の午前0時半、「白煙の方に向かって」3号機への放水が始まった。

放水現場の放射線量は毎時60ミリシーベルトだったが、放水後はゼロ近くに。「命中している」と確信したという。

2011/3/20(日) 午前 11:26 sj566029 返信する

顔アイコン

東電の作業員の方々のご無事を、ただ祈るのみです。
原子力発電所が安定した暁には、しっかり検証しましょう。

危険な中で国民を救うために闘ってくれている日本男性、最高ですたい!!

韓流スターに❤❤❤してるのは、ただの娯楽の中の一つですからね。
依存症になっちゃうと困りますが、まだ大丈夫ですよぉ。

2011/3/20(日) 午後 8:53 [ eri4 ] 返信する

顔アイコン

eri4さま、こんばんは。
今、戦車が発動というニュースを知りました。
自国は自国民が守る...鉄則ですねぇ。
つくづく この度の地震で思い知らされました。
また、株式会社早水圧送という会社も覚えてしまいました^^ 働く車〜万歳っ❤❤❤

>>>韓流スターに❤❤❤してるのは、ただの娯楽の中の一つですからね。

爆っ(●^o^●)
韓国でも、おむつやペーパーの買いだめが始まったそうですが、儒教の精神から 我が一族は我が家が守るという鉄則からオーバーヒートしそ^^;

2011/3/21(月) 午前 0:15 sj566029 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事