里山日記

家の近くを歩いたり、ちょっと足を伸ばして、虫や鳥の写真を撮っています。

山田池公園で鳥探し

山田池公園は大阪の枚方にあります。2月13日に初めて行ってみました。

イメージ 1

JR片町線の藤阪で降りて、10分ほど歩くと山田池公園の入り口に着きます。この日は曇りで、途中、雪もちらつくような寒さだったのですが、下見のつもりで歩いてみました。

イメージ 2

鳥はちょこちょこといるのですが、なんせ曇っていて、動いているとうまく撮れません。やっとツグミを撮りました。

イメージ 3

それから、逃げる寸前のルリビタキ。

イメージ 4

やっと池に到着しました。オオバンがたくさんいます。

イメージ 5

これはイカルチドリかな。

イメージ 6

飛び立とうとするアオサギ。

イメージ 7

それに岸辺にいたアオサギです。暗くてどうもうまく撮れません。

イメージ 8

ぐるっと池を一周してから、もう一度、池の傍に行ってみました。カワウでしょうね。

イメージ 9

それにダイサギ。

イメージ 10

それから魚をくわえたカイツブリです。

イメージ 11

池を離れて小川の近くを歩いてみました。これはコガモです。

イメージ 12

梅を背景にシジュウカラです。

イメージ 13

やっと天気がよくなってきました。陽にあたるアオジです。

イメージ 14

それにエナガです。

イメージ 15

イメージ 16

川べりにはエナガの群れがたくさんいました。それにメジロも。

イメージ 17

イメージ 18

鳥はこんなもんかなと思っていたら、帰りにケリに出会えました。道の横の畑に2羽がうろうろしていました。山田池公園は広くて、まだ、全貌はよく分かりませんが、それでも鳥はそこそこ見られました。あまり変わったのはいなかったのですが・・・。

この記事に

開く コメント(0)

家の近くで鳥探し

先月末に家の周りで鳥探しをしてみました。エナガが可愛かったですね。写真をいっぱい撮ってしまいました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

エナガの群れが道沿いの木に来ていました。少しずつ近づきながら撮ってみました。

イメージ 4

イメージ 5

これはまた別の個体。

イメージ 6

イメージ 7

目がたまらなく可愛いですね。ここですっかり時間を取ってしまいました。

イメージ 8

この先はツグミと、

イメージ 9

イメージ 10

それに、休耕田に来ていたイカルチドリでした。

この記事に

開く コメント(0)

25日に服部緑地に行って鳥の写真を撮りました。その続きです。第4駐車場に車を置いて、新宮池に沿って歩き、その後、都市緑化植物園に行ってみました。今頃は花はほとんど咲いていなくて、歩いている人もほとんど鳥目当てみたいでした。

イメージ 1

ハーブ園の周りで鳥が数十羽飛び回っていました。止まったところで写真に撮ると、アトリみたいでした。ちょうど昨年の今頃も鶴見緑地で見ていました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ちょっと粘って何羽か撮ってみました。

イメージ 5

その横ではカワラヒワもいました。

イメージ 6

園内は特に目立った花はなかったのですが、その中ではロウバイを写している人がたくさんいました。それで、私もパチリ。

イメージ 7

イメージ 8

イカルの鳴き声がしたのであちこち探していたら、シメが写りました。こちらはたくさんいたようです。

イメージ 9

ラクウショウの落葉は綺麗ですね。

イメージ 10

イメージ 11

後はシジュウカラとメジロです。

イメージ 12

昼は緑地公園駅で食べて、また、新宮池に戻ってきました。仲のよさそうなカワウだなと思って撮ったのですが、実は止まっている枝が違っていて、横から見ると1mほど離れていました。

イメージ 13

さっき見たカイツブリは池に浮かんだ枯葉の上でじっとしていました。これが巣なのかしら。

イメージ 14

カワセミもいたのですが、ちょっと遠すぎました。

イメージ 15

行きしなに見たゴイサギは少し姿を現していました。

イメージ 16

イメージ 17

後はヒヨドリとシロハラでした。服部緑地は池あり、林あり、植物園ありで鳥はいろいろと見られますね。

この記事に

開く コメント(0)

服部緑地で鳥探し

25日、久しぶりに豊中市にある服部緑地に行ってみました。この冬は何を撮ろうかと迷っているうちに、冬もどんどん過ぎていってしまいます。それで、とりあえず鳥でも撮ろうかと思ったからです。

イメージ 1

例によって第4駐車場に車を止め、新宮池に沿って歩いてみました。三脚とカメラを持った人が何人か来ておられました。池ではコサギが脚を揺らしながら餌を狙っているところを見ました。そういえば、ここはゴイサギがたくさんいたなと思って探してみたのですが、複雑に絡み合った枝の向こう側に1羽いただけでした。

イメージ 2

ゴイサギの撮影は諦めて、代わりに、枝のてっぺんにいたアオサギを写しました。

イメージ 3

イメージ 4

池の中に何かいないかと思って歩いていたら、カイツブリの幼鳥がいました。幼鳥はいつも距離が遠くてはっきり写せないのですが、今回はすぐ近くでした。と、思ったら、親に呼ばれたのかそちらの方向に泳いで行ってしまいました。

イメージ 5

そちらの方に歩いていったら、ちょうど親が子供に餌の魚をやっているところでした。2羽の間にある白いものが魚です。まさに親が子供に渡したところだったようです。子供は真剣に魚を見ています。

イメージ 6

子供は頭を突っ込んで餌を探すのですが、なかなか見つかりません。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

仕方なく、親はもう一度、餌の魚をくわえて子供の前に落としました。今度は子供はくわえることができたようです。でも、どうやら鰭のところをくわえてしまったようです。

イメージ 10

やっぱり落としてしまいました。子供は真剣に落ちた方向を見ているのですが、私は最後まで見ずにそのまま先を歩いていきました。

イメージ 11

新宮池はこんな感じです。カモがそこそこ来ています。

イメージ 12

真ん中くらいでハシビロガモが一か所に固まってしきりに円を描くように泳いでいました。

イメージ 13

すぐ近くにはオオバンがいました。

イメージ 14

そして、また、カイツブリがいました。可愛いのでついつい撮ってしまいます。

ここから池を離れ、都市緑化植物園に行ってみました。

イメージ 15

イメージ 16

途中、ツグミが草むらでじっとしていました。1mほどに近づいても逃げません。どこか悪いのかなぁ。

イメージ 17

植物園の入り口の並木では小鳥たちがうるさく鳴いています。これはシジュウカラです。長くなったので、ここから先は次回に回します。

この記事に

開く コメント(2)

大阪では珍しく雪が続き、やっと晴れた17日に家の近くの里山に行ってきました。

イメージ 1

山に向かう道を歩いていたら、ちょっと先をいきなりシロハラが出てきました。一瞬のことだったので、カメラがぶれてあまりうまく撮れなかった・・・。

イメージ 2

イメージ 3

道沿いのツバキにはメジロが来ていました。どうもこちらを気にしているようです。

イメージ 4

イメージ 5

山裾を歩く道があるのですが、そこに達する前の畑にはジョウビタキがいました。

イメージ 6

イメージ 7

また、メジロです。

イメージ 8

山道は雪がまだ残っていました。こんな道をとぼとぼ歩いていくと、別の集落の近くに着くのですが、

イメージ 9

放し飼いの犬に吠えられ、フラッシュをたいて追いやって、やっと民家のある場所まで降りてきました。

イメージ 10

山の中では鳥の姿をちっとも見なかったのですが、民家のあるところではジョウビタキに会えました。さぁ、帰ろうと思って、ふと見るとカメラに取り付けたあった一脚が雲台だけ残してなくなっています。途中で落っことしたみたいです。どうしようか。やはり戻ろう。でも、また、あの犬がいるし・・・と、悩んでいたら、小さな軽トラが通りすぎ、その窓から身を乗り出して犬がこちらを覗いていました。ちょっと安心してまた同じ道を戻りました。

道沿いをずっと探し回っていたら、道端に落ちている一脚を見つけました。よかった!そして、結局、また出発点の集落に着きました。

イメージ 11

イメージ 12

今度はホオジロがいました。しきりにこちらを気にしています。

イメージ 13

イメージ 15

イメージ 14

畑にできた水たまりではアオジが水浴びをしていました。

さあ、最後は一登りすればもう家です。

イメージ 16

途中でツグミを見ました。

イメージ 17

そのすぐ近くではヒヨドリがネズミモチの実を食べていました。

イメージ 18

イメージ 19

もう家が見え始めたとき、道端の木にコゲラがいました。山を往復したので、ちょっとくたびれましたが、そこそこ鳥は見られました。早く花が咲かないかなぁ。

この記事に

開く コメント(2)

前回が11月下旬だったので、1か月半ぶりのアップになります。本当に久しぶりです。実は、ここしばらく家の近くの散歩には行くのですが、いつも見慣れた景色、見慣れた鳥、見慣れた花・・・と撮影意欲を全くなくしていました。それで、気分転換にと思って、一昨日に開かれた市民向けの植物同好会の観察会に参加し、結局、同好会に入ることにしました。これから月1回は植物を見て歩くので、ちょっとモーチベーションが上がるかもしれません。

それで、早速、昨日は家の周りのいつもの里山を歩いてみました。民家のあたりは道路の工事が進んでいて、だいぶ様相が変わっていました。でも、山はいつものように静かでした。今日は気の付いたものだけを撮ろうと思って気楽に歩いてみました。

イメージ 1

イメージ 2

まずは家の近くのフェンスに止まっていたツグミです。

イメージ 3

イメージ 4

山道を歩いてから畑に入ったところの藪にいました。カシラダカかなと思って撮ったのですが、胸の色を見るとホオジロみたいな感じです。

イメージ 5

イメージ 6

畑の端には実をたわわにつけた柿の木がありました。渋柿なのでしょうけど、鳥も食べないのかなぁ。

イメージ 7

山道が終わって河原に出てきました。コサギが3-4羽いました。最近コサギの姿をよく見かけますね。ほかのコサギは飛び去ったのですが、1羽だけ残って様子見です。

イメージ 8

河原の茂みではスズメが何十羽となくうるさく鳴いています。近づいたら一斉に飛び出しました。すると同じ茂みから茶色の獣が道を横切って廃材置き場に逃げ込みました。

イメージ 9

イメージ 10

廃材置き場を探し回ると、じっとこちらを見ている目に出会いました。人の姿を見ても意外に逃げません。

イメージ 11

テレコンを取り付けたり、こっちはガサゴソしていたのですが、じっとしています。可愛いですね。

イメージ 12

そして、逃げる寸前の顔でした。

イメージ 13

川を見ると、コサギが脚を細かく動かしながら魚を探していました。

イメージ 14

最後はホオジロです。

久しぶりの撮影だったのですが、結局、植物は撮らず、鳥ばかり撮ってしまいました。まだ、カメラの固定がうまくいっていなくてちょっとぶれた写真が多かったのですが、これからもう少し練習してみます。早く、花の咲く季節になるといいのですけど・・・。

この記事に

開く コメント(2)

家の周りの散歩

最近は病院へ行ったり、風邪をひいたりと、ゆっくりと散歩する機会がありませんでした。そして、気が付いたらもう11月も半ばを過ぎて、冬にまっしぐらに進んでいます。一度、暖かい日にでも歩いておこうと思って、3日前に目的もなくぶらぶら歩いてみました。

イメージ 1

イメージ 2

もう何もいないかなと思ったら、とりあえずモンシロチョウはまだ健在でした。

イメージ 3

赤い実がぎっしりついています。葉脈が透けて見えないので、たぶん、モチノキ科。そう思いながら、撮影して、後でネットで画像検索をしてみました。モチノキ科のクロガネモチというのが似ている感じです。

イメージ 4

ちょっと寂しい写真なのですが、実が独特の恰好をしているので、おそらくウツギでしょうね。

イメージ 5

ツマグロヒョウモンがいました。今頃でも新鮮ですね。翅を開くかなとしばらく待っていたら、

イメージ 6

ちょっと開いてくれました。

イメージ 7

イメージ 8

キチョウはたくさんいました。今頃でもチョウは結構いますね。

イメージ 9

そして、用水路脇にぶら下がっていたカラスウリです。

イメージ 10

いつもの川の土手を歩き始めたら、アオサギが陣取っていたので、悪いかなと思って引き返しました。

イメージ 11

近くに咲いていたヒメジョオンです。

イメージ 12

そして、コシロノセンダングサ。河原もだいぶ寂しくなりました。

イメージ 13

イメージ 14

家の近くでいつも見かけるツルウメモドキです。今頃はなんとなく赤い実に惹かれます。

この記事に

開く コメント(2)

里山の散策 花探し

秋も深まって来ると、咲いている花も少なくなってきます。そんな里山を歩いて花を探してみました。

イメージ 1

今回の目的の一つはヨメナとノコンギクの違いを調べるということでした。ヨメナはヨメナ属、ノコンギクはシオン属で、「日本の野生植物」の検索表によると、ヨメナ属はそう果に短い冠毛があり、シオン属は長い冠毛があるという違いがあります。それを調べてみました。

イメージ 2

種の根元にわずかだけ冠毛が見えています。

イメージ 3

これもよく見ると、極々短い冠毛があります。

イメージ 4

これは花を拡大したものです。周辺の花びらは舌状花、にょきにょきと飛び出しているのが筒状花で、短い花びらが見えています。中心はまだ開いていない筒状花です。

イメージ 5

こちらの花も調べてみました。

イメージ 6

これには長い冠毛があります。これがたぶんノコンギクかもしれません。

イメージ 7

これも花の拡大です。筒状花の花びらがよく見えます。その根元あたりに糸のように伸びているのが冠毛なのでしょうか。

イメージ 8

イメージ 9

これはアリタソウのようです。

イメージ 10

イメージ 11

これもアリタソウかなと思って写したのですが、拡大して見るとまるで違います。まだ、名前が分かりません。

イメージ 12

イメージ 13

畑の横で変な花を見つけました。

イメージ 14

イメージ 15

横から見るとキク科みたいですね。「日本帰化植物写真図鑑」で調べてみると、カッコウアザミという熱帯アメリカ原産の外来種のようです。図鑑によると、和歌山県以南で帰化状態と書かれていますが、大阪北部でも自生していました。

イメージ 16

茎にはこんなに毛が生えています。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

山道を歩くとフユイチゴに実がいっぱいついていました。

イメージ 20

最後はイタドリの種です。陽が当たってきれいに光っていたのですが、写真に撮ると大したことがないですね。

この記事に

開く コメント(0)

里山の散策 花と虫

最近、家の近くの里山を歩くのが楽しみになってきました。いろいろな花が咲いているので、それを順番に写していって名前を調べようと思っているからです。3日前にもこの間と同じところを歩いてみました。

イメージ 1

まず気の付いたのはこの花でした。ヒイラギモクセイだと思います。たぶん、植えられているのだと思いますが・・・。

イメージ 2

イメージ 3

民家から外れて山の斜面に作られた畑に沿った道を歩いていると、いきなり白いチョウが飛び上がりました。なんだか分からなかったのですが、ひょっとして戻ってくるかもと思って待っていたら、案の定、戻ってきました。イシガケチョウでした。キヅタの花に来ているみたいですね。じっとしてくれなくて、なかなか写真が撮れなかったのですが、やっと撮れました。

イメージ 4

この畑の横を流れる小さな流れはいいですね。小川を流れる水の音がして・・。そのそばで、ミゾソバがいっぱいに咲いていました。

イメージ 5

その横にヒメジソだと思う花が咲いています。この間から、イヌコウジュとの違いをはっきりさせようと何度か撮っています。この日も撮ってみました。

イメージ 6

まずは花。「野に咲く花」には下側の雄蕊が仮雄蕊だと書かれていましたが、よく分かりませんね。

イメージ 7

それから葉。

イメージ 8

萼も撮ってみました。「野に咲く花」には、萼の先端が尖らないと書かれていますが、上側の真ん中の片をいうのかな。

イメージ 9

ふと横を見ると、ホシヒメホウジャクが止まっていました。

イメージ 10

イメージ 11

この間見つけたアキチョウジの花は健在でした。

イメージ 12

イメージ 13

キク科は相変わらず分かりません。そういえば、花弁を引っ張って冠毛がなければヨメナ、あればノコンギクと昔習ったことがあったなと思い出し、花びらを引っ張ってみました。

イメージ 14

冠毛がついていますね。ノコンギクなのかなぁ。今度、もう少し調べてみよう。

この記事に

開く コメント(0)

里山の散策 花めぐり

最近は花を探しながら、家の周りを散策するのが楽しみになってきました。もちろん、チョウやトンボなどもいたら撮りますが・・・。こうやって家の周辺にある植物をみな撮ってみたいなと思っています。

イメージ 1

イメージ 2

まずは畑の横を流れる用水路沿いを歩いてみました。花はほとんどないのですが、代わりにこんなカラスウリを見つけました。結構、いっぱいついています。これが美味しいといいのですが、きっと美味しくはないのでしょうね。
イメージ 3

河原のフェンス上にはスズメが鈴なり。こんなに集まるとすごいですね。

イメージ 4

橋を渡って民家の間を歩いていくと、石垣にこんな花が咲いていました。これはオキザリスと言っている栽培種でしょうね。

イメージ 5

イメージ 6

道の片隅にこんな小さな花が咲いていました。たぶん、ウリクサですね。

イメージ 7

ここからちょっと山側に歩くと、山の斜面に沿って流れる小川があります。小川というにはあまりにも小さな水の流れなのですが、ここにいろいろな花が咲いています。これはヒメジソだと思っているのですが、イヌコウジュとの差が分からなくて、この間から何度も来て写真を撮っています。

イメージ 8

イメージ 9

花を拡大して写しました。決め手は葉の鋸歯と萼なのですが、萼がいまいちはっきり写っていませんでした。今度もう一度行って写してこよう。

イメージ 10

イメージ 11

シダはだいぶ前に写したので忘れてしまったのですが、これはシケシダだったかな。

イメージ 12

イメージ 13

サクラタデがいっぱい咲いていました。こんなに咲いていると見事ですね。

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

その先でアキチョウジを見つけました。昔、見たような気がして探していたので、ちょっと嬉しかったですね。

イメージ 17

これは何の種だったかな。シンメトリーが美しかったので、思わず写してしまいました。

イメージ 18

イメージ 19

これはキヅタの花みたいです。「樹に咲く花」を見ると、黄緑色のものが花弁で5枚あり、雄蕊も5つ。真ん中の紫褐色の塊が花盤だそうです。ネットで調べると、花盤は花托が大きくなって突き出したもので、ヤブガラシが例に上がっていました。この花盤が子房を覆っているそうです。したがって、中央の黄緑色のものが雌蕊になるのかな。とにかく、この花には虫がいっぱいきていました。

イメージ 20

帰りに民家の庭で朝顔が咲いていました。これもネットで調べると、琉球朝顔といって栽培されているもののようです。

イメージ 21

コシロノセンダングサには、何でこんなに集まっているのだろうと思うくらい、モンシロチョウがいっぱい来ていました。

イメージ 22

最後に道沿いにあった木ですが、おそらく植えてあるのでしょうね。バナナみたいな実がいっぱいついているので写してみました。ヌマミズキ科のカンレンボクというみたいです。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事