「クズ」になる薬 by 細谷 知司

『ヒール〜先生はいつだって上田馬之助だ!〜』ただ今Amazonにて好評発売中♪

全体表示

[ リスト ]

忘却の反復

某学園をめぐる問題が泥沼化しそうな気配だ。
登場人物を見ていると、何となく「日本会議」周辺のヘゲモニー争いに関わる話のような気がする。
メディアはその辺には一切触れようとしない。
だから問題の真相がわかりにくくなっている。
私が目にした限り、菅野完が『日本会議の研究』の著者として紹介されないことに大きな違和感を覚える。

現職総理大臣が夫人を経由して寄付金を渡したという話が出てきた。
真実は是非とも明らかにしてほしいが、一般論として「ない」ことを証明するのは非常に難しい。
叩けば埃くらいはどんな政治家からも出てくる。
また、防衛大臣の件もあり、聴衆は政治の口にすることに対して更に懐疑的になっている。
まして、領収書のような確固たる証拠が出てくる可能性はあまり期待できない。

政治家を庇うつもりは毛頭ないが、「言ったもん勝ち」が横行する事態は明らかに好ましくない。
それを「ポスト・トゥルース」などと呼んで違った衣装を着せてはいるが、中味は何も変わっていない。
「嘘も100回吐けば真実になる」と言ったのは誰だったかを私たちは想い出すべきだ。
それはたかだか100年ほど前の話でしかない。
時代の風潮がよくない方向へ流れていくことを、今私たちは目の当たりにしているはずなのだ。

個人的な意見だが、問題はホコリの方には存在しないことをしっかりと見極める必要がある。
哲学者のドゥルーズが言った通り「この世に二つとして同じ埃はない」のだが、埃の違いが意味を持ってくるのは背後に横たわる構造を正しく理解した後のことだ。
構造にこだわる人も、埃にこだわる人も、もう一方との関係性の意味を忘れがちだ。
繰り返し言ってきたように、そうした忘却が生み出す空隙に忍び込むもののことを私は何よりも怖れる。
私たちの愚かさもまた常に反復されることを決して忘れてはならない。


↓よろしければこちらもクリック願います。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事