全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全134ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

日生カキオコライド

2月13日
チームフルミーネのカキオコライドに参加。

イメージ 8

強脚の新しいメンバーさんも二人増えてハイペースなうえにほぼ毎年の恒例行事となってルートも極めてマイナーなジェットコースターの様な細い細いスリリングな海岸線沿いをヒョイヒョイと進んで行く。
鈍感・貧脚の老ディーにとては中々辛いサイクリングであった。

イメージ 11

イメージ 1

イメージ 7

「みっちゃん」にしようか「たまちゃん」にしようかそれとも「もりした」にしようか・・・・・
それぞれの好みを聞いてたら中々揃わんし、9名が同時に入れるお店もないかも知れんから
行き当たりばったりで行こうとスタートしたが運よく「もりした」が比較的空いてました。

イメージ 2

        「自転車縛り」のしりとりゲームをしながら鉄板席が空くのを待つ。
        白熱した4巡くらいしたところでお呼びがかかる。

イメージ 9


イメージ 3

   此処の親父のこだわりで半分に切って片方は醤油、もう片方はソースが塗られて出されます。
   そして醤油の半分には山椒、ソースの半分には一味を振りかけて4種類の味を楽しんで下さい
   と強く強くご説明されました。特に山椒をぶっかけた熱々を口に放り込んだ時、美味さの後に来る
   口の中の痺れは癖になりそう・・・・・・・
   これもありですが自転車乗りの中には栄養補給を望みソースとマヨネーズをたっぷりと掛けたく
   なる者も居るだろうからあまりこだわりを押し付けない方が嬉しいですね。(笑)

イメージ 4

   カキオコ満載の腹を抱えて海岸沿いの小刻みなアップダウンを走らされ無様な格好を撮られてしまった。
   
イメージ 5

              終盤が近づいた頃、そういえば集合写真を撮っていなかったな

イメージ 6

   最後に坂越しの町並みに寄り道したところでやっとサイクリング気分を味わいさせて頂きました。(笑)

イメージ 10


     今日は初めてvivosmartを装着して走ったんですが従来のストラップ式に比べて心拍がやけに
     高く表示され自分自身不安に陥り皆さんにも心配を掛けてしまいました。

イメージ 13

     ホントに150bpmで1時間以上持続出来てるなら嬉しいのですが・・・・
     体調不良とかセンサーの特性なだろうか・・・・・・シュン

イメージ 12



この記事に

開く コメント(0)

厄神さん

2月2日
おへんらー仲間ゆば〜〜ばさんの厄年のお参りのお付き合いでとっても懐かしい須磨の多井畑厄神さんへ
オッサン3人(一人はGGか?)が自転車で行って来ました。
この道のずっとずっと先が50年間生息しづけてた故郷の須磨。中学生の頃の校区は今では信じられないくらい広く直線距離で4kmもあるのに同級生が居て休みの度にこの道を歩いて遊びに来ていたもんです。
当時は山に囲まれた小さな集落であったけれど、その緑の山は神戸ポートアイランドに沈められました。

イメージ 1

  よく遊んでいた境内なのに「日本最古の厄除けの霊地! へ〜知らなんだ」

イメージ 2

 え〜〜っと、60歳の次の厄年は・・・・ない! 
 それより今年は古希ではないか! なにか記念行動を起こさねば・・・ゆっくり考えよう。

イメージ 3

ゆば〜〜ばさんはいつも楽しい企画をしてくれます。
激坂の象徴である天井ミラーのある坂に挑戦。登ってる途中でガーミンを見る余裕がなかったので後日ルートラボで確認すると28%ありました。ここはなんとかクリアー。

イメージ 4

一次試験合格で本試験の34%へ連れていかれましたが、見た一瞬に恐怖感オーバーフロー。
下るだけでも後輪にお尻が擦れるくらい重心移動しなければ前転しそう。

イメージ 9

坂道遊びを終えて追い風の国道2号線をすっ飛ばして新開地へそそくさと輪行バックに詰めて

イメージ 5

先日も行ったメトロ神戸の串カツ屋さんへ・・・立ち飲みで生中3ハイは激坂くらい忍耐力が要ります。

イメージ 6


イメージ 7

  座ると寝てしまいそうなので運転席の後ろに立って車窓を眺めてました。
  鉄ちゃんの特技です。新開地から約一時間、飽きないですね。

イメージ 10
                
  反省会で高級イタリアン〇〇ゼリアのマグナム+デカンタの2Lを飲み干し翌日本当に反省させられました。

イメージ 8


この記事に

開く コメント(1)

姫路満喫ライド

1月31日
約3週間も長引いた風邪が漸く治りかけていたところで気分一新の100kmライドで姫路城を目指しました。
姫路のグルメと言えばアーモンドトーストに姫路おでんに今回はパスしたが御座候。
朝7時スタートだったので途中の加古川辺りの喫茶店に飛び込んだらモーニングのメニューにアーモンドトーストを見つけ。 姫路までまだ30kmはあろうところなので少々・・・いや結構なお手付きだが早速頂きました。
播州と言えばちょっぴりやんちゃなイメージがあるのですが、ほんのり香ばしい香りと甘さはそれを払拭する上品なお味でした。

イメージ 1

厳しい坂もなく11時前に姫路城にとおちゃこ。ぐるっと一周して正面で記念撮影していたらタイから来た青年が近寄って来て「俺も自転車乗っとるよ」とスマホの写真を見せてくれたが室内トラックを疾走する凄い写真!
お互い言葉も通じ会わないので暫くニコニコしながら自転車メーカー名を交わすだけのひと時を過ごした。(笑)

イメージ 2

イメージ 5

そろそろ腹も減って来て目的の姫路おでんの店を探さねばとしてたら相棒がスマホに向かって「姫路おでん」と喋ると即座に数件のお店を紹介してくれた。 いやいや驚くほど便利な世の中になってしもうたもんだ。
その中でチョット人気の少ない通りの店に行ってみた。
おでん・・・関西なのに我々は関東だきとも言って何時間も何日も煮込んでいわゆる出汁が浸み込んだ真っ黒なのが叩き込まれてるが、此処のは素材の色と味がしっかりと残されていました。
生姜の効いた熱いおでん・・・・・熱燗が飲めればなぁ

イメージ 3

相棒はおでんのお替りに加え、ぶりカマの照り焼きに熱い白いご飯とガンガンいきます。


イメージ 4

       自分はまだ体調不良で食欲がなくおでんだけで帰途はハンガーノックでへとへと。


この記事に

開く コメント(0)

南森町のあのカレー

もう2週間ほど前になるのですが友人にお裾分けして貰ったカレーが人生の中で味わった中で恐らく1〜2番であろうくらいにスパイシーで美味しかったので1月12日にお店まで一緒に食べに行って来たのです。

イメージ 1



由来は下手に書くより・・・・・こう言うこっちゃ。

イメージ 2
    

      カウンター席の後ろの壁が気になって中々食べられない。
      オーナーさんが乗っておられた?乗ってる?バイク4台をディスプレイされてる。
      その一台、シマノとランボルギーニがコラボした希少なバイク。 
      20数年前のビアンキもカレーぐらいに味がある。        

イメージ 3

     スパイスがよく効いてるが額に汗を滲ませながらガツガツいってしまう。 
     大きなゴロゴロした肉は口の中で直ぐに解れ蕩ける。
     食べ終わって一息して店内を見渡すと鉄道雑誌が置いてあるのに気付いた。 
     「え〜〜〜っ 自転車好きの上に電車好きですかぁ え〜〜〜っ」     

イメージ 4              
    
    最初は無口そうなマスターであったが第一印象なんぞにかまっておれず自転車から鉄道の話と
    熱が入りました。 今日は風邪気味で車で来たお陰で4人前をテイクアウト出来ました。

イメージ 5


この記事に

開く コメント(0)

そろそろ線路を配置してみたくなりました。

イメージ 1

 保線小屋は下見板造りの初工作で、狭い面積に1/10の精度で板を張り重ねるために数年振りにCADを使っ 
 て作図しました。
 
イメージ 11

イメージ 2

        バックにタブレットPCを置いて風景を映してみました。
       遠い昔の記憶が蘇ったような気がして・・・旅情を誘ってくれます。
       ワイングラス片手に(本当はワインぐびぐびですが)いろんな風景を映して眺めてると・・・
       心静まり無心になれます。     
       実際にこんな場所に行くときっとカメラ片手に落ち着かないでしょう。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 5


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全134ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事