パキシル(抗うつ薬)ちょっと待って!!

パキシル(抗うつ薬、SSRI)はやっかいな薬です。私の体験と考えをまとめました。

全体表示

[ リスト ]

医者とネット情報、どっちが正しいの?

医者は抗うつ薬を飲みなさいと言うけど、
ネットで調べると悪いことばかり書いてある。。。。
「いったいどっちが正しいの?」
って思う人はいっぱいいるんじゃないかなと思います。
 
僕はどっちも正しいとも言えるし、どっちも正しくないとも言えるんじゃないかなと思っています。
 
ネットでブログを書いている人(僕のように)や掲示板に書き込んでいる人は、当事者という意味で正しい。
でも、それが全ての人にあてはまるかと言えば、それは正しくない。
 
医者は、専門知識もあり、たくさんの患者を診ているという意味で正しい。
でも、所詮は当事者ではない。
医者が絶対正しければ、過去の薬害なんて起こるはずはない。
医者の常識は変わるものでもある。(最近ではリタリンが使われなくなったことなんかも当てはまると思う。)
いい医者もいれば、よくない医者だっているだろう。
そういう意味で、医者だって絶対正しいわけじゃない。
 
ネットでの書き込みは責任がないからと言われればその通り。
でも、医者だってやっぱり責任はあるようでない。
(何人かの医者に診察を受けたが、医者は患者を追いかけてまでその後の様子を見ることはないですしね。)
 
じゃあ、誰に責任があるかと言えば、それはやっぱり自分なんだろうと思う。
医師かネット情報かではなくて、どっちの情報も知りながら、
最終的には自分で判断していくということじゃないかなと思う。
 
僕の場合には、はじめのころ、医者の言われるがままに服用しつづけた。
そして、5年。。。。5年たっても治らないときに、やっとネットでの情報にたどりついた。
(ちなみに3〜5年前、本はいくら読んでも副作用や離脱症状については一言も書いてなかった。
このごろは多少書いてあるけど、本は意外とあてにならないとわかった。。。)
それまで、薬の副作用や離脱症状や肝臓疲労だなんて考えたこともなかった。。。。
そして、減薬と断薬。。。漢方内科の医師の力も借りた。
もっと早くにネットの情報を知っていれば状況も変わったかもしれないと思った。
 
自分で調べて、自分で判断するのは面倒くさいことでもあるし、
気持ちの落ち込んでいるときにはつらいことでもあると思う。
医者に完全に任せてしまった方がよっぽど楽だと思う。
余計なことを言って、医者に嫌な顔をされたくないというのもあるとも思う。
 
すごくすごく難しいことだと思う。
ただ、何も知らないでいるよりは、知っている方が良いのではないかと思っている。
多くの人が、薬の効果も害もどっちも知って、
それで、よりよい判断をしていってほしいと思う。
 
 
<補足>
僕自身として答えるならば、ネットでの情報の方がはるかに役にたったし、正しかったと思っている。
それに、自己責任のようなことを書いたけど、いまの精神医療に何の責任がないとは思っていない。
患者側に情報が与えられる機会などほとんどないのだから。。。
ネットがもっと身近なものとなり、もっと多くの人が発信し、
ネットの情報が無視できなくなれば、向精神薬の安易な処方もなくなるのではないかと期待している。
 

閉じる コメント(6)

わたしこの記事に全面的に賛同しますね

解りやすいし的確にまとめられてて素晴らしいと思いました!!

>自分で調べて、自分で判断するのは面倒くさいことでもあるし、気持ちの落ち込んでいるときにはつらいことでもあると思う。

本当にその通りですね
でもそれができるようになると、情報の取捨選択する目がかなり肥えていると思いますよ


>医者に完全に任せてしまった方がよっぽど楽だと思う。

手放しでこれができる医者に出会えればどんなに楽か。。

イタイ目を見たからこそ身に着くことって大きいし、それを粗末にしないから絶対自分の役に立つと信じてます

2011/2/21(月) 午後 11:52 [ ]

顔アイコン

りんたろーさん

賛同してもらえて、それをこうやって書いてもらえるととてもうれしいです。

ぼくはもう「医者に完全に任せる」ことはしません。どんな病気でも。
「医者をうまく利用しながら」だと思っています。
それに、年をとってきたこともあり、人生経験を積んできたこともあり、医者が医者であるだけですばらしい人間だとも思えなくなってもいます。

情報の取捨選択は、医療に限らず、これからの私たちに必要な力ですよね。
これまで、万人向けの情報を一方的に受け取るだけだった時代から、
様々な情報(正しいも怪しいも含めて)から、自分で情報を取捨選択する時代になっていく。
歴史を大きく眺めるならば、むしろ、ここ数十年のマスコミの時代こそが特異な時代だったと言われるのかもしれないとも思っています。

この半年、そういうことを考えることができただけでも良かったかな。

2011/2/22(火) 午前 9:08 [ slowbutsteadyippo ]

私はネットの情報が無かったら
今生きていたか分かりません

どれだけの病院に行って調べたことか・・
「飲んでいる薬のせいかも知れません」と
言った医師は1人も居ませんでした

2011/2/22(火) 午後 5:44 [ ユキ ]

顔アイコン

ユキさん

コメントありがとうございます。
それは、僕も同じです。
薬を服用しつづけ、副作用や離脱症状でさえも再発や別の病気を発症したと言われ、
やがては、仕事に行き詰まり、家庭も行き詰まり、
自分を責め、苦しみながら生きていたか、生きていなかったか。。。。
医者や薬を疑うこともなく、むしろ感謝さえしながら。。。

今もそういう人が数多くいるんじゃないかなと思うのですが。

2011/2/22(火) 午後 8:04 [ slowbutsteadyippo ]

顔アイコン

僕は皆さんの意見に賛同です。経験者が言ってるのです。間違いないです。必ずこの声は届きます。悪も人だけど・・・善も人だと信じます。

話変わりますが、スノボーめっちゃ楽しく・・・あっと云う間に終わってしまいました。身体を動かして汗をかいて、温泉!ビールが美味しかった・・・。食事もバイキングなんだけどとても美味しいく感激して食べました。こんな幸せを今まで奪われていたかと思うと本当に腹が立つけど、楽しく過ごせた時間に思わず目頭が熱くなり・・・帰るまでは薬害は忘れようと思い過ごしました。
今シーズンにもう一度必ず行こうと思います。

2011/2/24(木) 午後 4:03 ぷんぷん

顔アイコン

ぷんぷんさん

お帰りなさい。
良かったですねー。
文章から楽しさが伝わってきてますよ。
ボード、温泉、ビールいいなー。いいなー。
苦しかった分、うれしさも倍増ですね!

2011/2/24(木) 午後 5:34 [ slowbutsteadyippo ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。
Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

検索 検索
 今日全体
訪問者185286879
ブログリンク034
コメント01499
トラックバック00

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事