パキシル(抗うつ薬)ちょっと待って!!

パキシル(抗うつ薬、SSRI)はやっかいな薬です。私の体験と考えをまとめました。

全体表示

[ リスト ]

医者は抗うつ薬を飲みなさいと言うけど、
ネットで調べると悪いことばかり書いてある。。。。
「いったいどっちが正しいの?」
って思う人はいっぱいいるんじゃないかなと思います。
 
僕はどっちも正しいとも言えるし、どっちも正しくないとも言えるんじゃないかなと思っています。
 
ネットでブログを書いている人(僕のように)や掲示板に書き込んでいる人は、当事者という意味で正しい。
でも、それが全ての人にあてはまるかと言えば、それは正しくない。
 
医者は、専門知識もあり、たくさんの患者を診ているという意味で正しい。
でも、所詮は当事者ではない。
医者が絶対正しければ、過去の薬害なんて起こるはずはない。
医者の常識は変わるものでもある。(最近ではリタリンが使われなくなったことなんかも当てはまると思う。)
いい医者もいれば、よくない医者だっているだろう。
そういう意味で、医者だって絶対正しいわけじゃない。
 
ネットでの書き込みは責任がないからと言われればその通り。
でも、医者だってやっぱり責任はあるようでない。
(何人かの医者に診察を受けたが、医者は患者を追いかけてまでその後の様子を見ることはないですしね。)
 
じゃあ、誰に責任があるかと言えば、それはやっぱり自分なんだろうと思う。
医師かネット情報かではなくて、どっちの情報も知りながら、
最終的には自分で判断していくということじゃないかなと思う。
 
僕の場合には、はじめのころ、医者の言われるがままに服用しつづけた。
そして、5年。。。。5年たっても治らないときに、やっとネットでの情報にたどりついた。
(ちなみに3〜5年前、本はいくら読んでも副作用や離脱症状については一言も書いてなかった。
このごろは多少書いてあるけど、本は意外とあてにならないとわかった。。。)
それまで、薬の副作用や離脱症状や肝臓疲労だなんて考えたこともなかった。。。。
そして、減薬と断薬。。。漢方内科の医師の力も借りた。
もっと早くにネットの情報を知っていれば状況も変わったかもしれないと思った。
 
自分で調べて、自分で判断するのは面倒くさいことでもあるし、
気持ちの落ち込んでいるときにはつらいことでもあると思う。
医者に完全に任せてしまった方がよっぽど楽だと思う。
余計なことを言って、医者に嫌な顔をされたくないというのもあるとも思う。
 
すごくすごく難しいことだと思う。
ただ、何も知らないでいるよりは、知っている方が良いのではないかと思っている。
多くの人が、薬の効果も害もどっちも知って、
それで、よりよい判断をしていってほしいと思う。
 
 
<補足>
僕自身として答えるならば、ネットでの情報の方がはるかに役にたったし、正しかったと思っている。
それに、自己責任のようなことを書いたけど、いまの精神医療に何の責任がないとは思っていない。
患者側に情報が与えられる機会などほとんどないのだから。。。
ネットがもっと身近なものとなり、もっと多くの人が発信し、
ネットの情報が無視できなくなれば、向精神薬の安易な処方もなくなるのではないかと期待している。
 

この記事に

開く コメント(6) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事