ここから本文です

書庫全体表示

東京都多摩地区の梅の木から昨年、果樹に感染する
植物ウイルス「プラム・ポックス・ウイルス」が検出された問題で、農林水産省と都は近く、
植物防疫法に基づく省令を出し、感染したすべての木を2010年度中にも伐採する方針を固めました。
JA西東京吉野梅部会によると、青梅市の観光名所「吉野梅郷」の約1万本のうち少なくとも
1500本以上が伐採対象になるとみられ、観梅や梅干しの生産にも大きな影響を与えそうである。 

青梅市でPPV感染が確認されたのは昨年4月である。
PPVの検出は国内初、自然な状態で梅への感染が確認されたのは世界初だった。
その後、都が5、6月、市内全域を272区画に分け、
無作為に抽出した果樹園1カ所でウイルス検査をしたところ、
全体の1割以上に当たる37カ所で感染を確認しました。
八王子市、あきる野市、日の出町、奥多摩町でも計9カ所で感染が見つかりました。
農水省によると、水戸市や神奈川県小田原市でも青梅市の梅からの感染が確認されたが、
既に防除されました。

農水省は、青梅市を中心に広範囲に感染が広がっている可能性があるとみて、
植物防疫法に基づく緊急防除措置として、来月にも省令を出す方針を決めました。
これまでの調査で発生が確認された都内の5市町を対象地域としました。
感染樹とその周辺の木を伐採し、3年間栽培ができないようにします。
3月ごろから詳細な調査を始め、伐採対象の木を決めます。
伐採は所有者の了解を得て進められます。
梅の場合は、葉や花弁に斑点が現れるが、果実への影響はみられない。
だが桃やスモモなどでは、成熟前に落果したり、
果実に斑点が出て商品価値が失われるなど大きな被害を与えることから、
農水省は国内からのPPV根絶のため全伐採に踏み切ることにしました。

青梅市は江戸時代から梅の産地として知られ、吉野梅郷は全国でも有数の梅の名所である。
2、3月の開花時期だけで約30万人の観光客が訪れます。
JA西東京吉野梅部会の会長は
「どこまで被害が広がるか分からないが、梅は青梅にとって重要な観光資源で、打撃は大きい。
しかし他の産地に感染させるわけにはいかず、しっかりウイルスを根絶して一日も早く立ち直りたい」と
話しています。

この記事に

閉じるコメント(2)

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事