ここから本文です

書庫全体表示

JR東日本グループのジェイアール東日本メカトロニクスは、
在来線用の新型自動改札機「EG20」を開発しました。
2000年度から導入している在来線用の自動改札機「EG2」が老朽化したため、
置き換え用として人にやさしい新型機を開発したという。
本体の幅を従来より20ミリ薄くして通路幅を広げたほか、ICカード専用機はクリーム色から
緑色に変更。
上部にはラインライトを設けて通行判定を明確にし、ドアへの衝突防止を図っている。
既に山手線&中央・総武緩行線:代々木駅と大宮駅で使用を開始しており、
今月下旬に中央線:西八王子駅にも導入する予定である。
 
新型自動改札機の大きな特徴は、本体の幅をスリム化して通路幅を拡大させたこと。
大きさ自体は高さ1メートル×長さ1.75メートルで従来と変わらないが、
幅を200ミリから180ミリに薄くしたという。
この結果、通路の幅は従来の550ミリから570〜590ミリに拡大し、
より通過しやすくなっているという。
床面の架台と改札機本体を接続するスペーサーは、従来の長方形から台形に変更。
本体をスリム化しても、既存のピットを再利用できるように工夫して、
コストダウンを図ったという。
 本体上部には、LED式のラインライトを設置。
入場時に、通行可の場合は青色、通行不可の場合は赤色に点灯するという。
利用者により早く、明確に通行判定を知らせることで、ドアへの衝突を低減させるという。
上面のIC判定モジュールでは、従来は一番奥に配置していた残額表示モニターを手前に移し、
ICカードをタッチした直後にカード残額が確認できるように改良。
ICカードタッチ部の形状についても、従来の平面から高さ1ミリの凸型として、
タッチした際に分かりやすくしたという。
このほか、通常機(ICカード+磁気券)のカラーは現行と同じ黒色だが、
ICカード専用機は従来のクリーム色から、コーポレートカラーの緑色に変更したという。
ドアは両機とも緑色として、視認性を向上させている。

今年7月13日〜22日にかけて代々木駅西口改札(9通路)に最初に導入しました。
7月27日に代々木駅東口改札(3通路)、今月5日に大宮駅中央改札南(11通路)でも
使用を開始しました。
本年度は、さらに今月下旬に西八王子駅改札(10通路)に導入する予定である。
3駅の使用結果を見ながら、来年度以降順次、在来型を置き換えていく計画である。

「JR」書庫の記事一覧

閉じるコメント(2)※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

  • 顔アイコン

    そういえば、JR東日本の自動改札って大宮で作られるらしいですよ。
    今年の大宮車両センター公開で係りの人が言っていました。意外です。

    [ Airport.Ltd.Exp.Sakura ]

    2012/8/9(木) 午後 1:28

  • 顔アイコン

    …そうなんですね〜。
    意外ですね。

    ウディー

    2012/8/9(木) 午後 4:28

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

Yahoo! Choctle

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

ブログバナー

 
今日
全体
訪問者訪問者1301491058
ブログリンクブログリンク0158
コメントコメント2130485
トラックバックトラックバック0409
検索 検索
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24 25 26
27 28 29 30 31

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)
本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事