ギャラリィファンタジア

soelは2009年1月26日他界しました。遺作展を同年10月9日〜14日ギャラリー日比谷にて開催いたしました。

遺作展から一年:三人展「つながる心」開催

イメージ 1
添嶋奈美子(soel:故人)、川原百合子さん、菊池正人さんによる三人展「つながる心」の開催をお知らせいたします。
日時は、遺作展のちょうど一年後にあたります本年10月8日(金)〜13日(水)、場所も前回と同じ東京の日比谷ギャラリーです。
************************************************************
ご挨拶

添嶋奈美子(soel)は昨年1月、他界いたしました。そして、ブログ仲間皆様のご協力のもと、昨年10月に遺作展を開催させていただき、soelの夢をかなえるとともに、その作品を約千人という多くの方にごらんいただくことができました。あらためまして、お礼をのべさせていただきます。

ところで、遺作展以降、soelの作品が増えることはありません。
同じ作品を展示しても、ごらんにきていただける方は少なくなる一方でしょうし、また、作品から受ける印象も弱まっていくでしょう。
このため、遺作展当時は一回限りのものと思っていました。

しかし、ご芳名録に再度の展示をというお言葉を頂戴したり、さらには、何人の方から同趣旨のお手紙をわざわざいただき、心がふらついてきました。

その中で、妻の治療への励ましのため大事な作品をお送りいただいた何人かのsoelのブログ友達を思い出しました。
感情を面に出すことがなかったsoelが、そのたびに満面の笑みをうかべ、いただいた作品について説明をしてくれました。
今度は、このようなお友達と一緒の展示会をもてたらいいのではないか。
そして、はり絵の川原さん、絵画一筋の菊地さんにお声をおかけしたところ、快諾いただき、開催となったものです。

このような三人展ですから、三人に共通の師匠がいるわけでもありませんし、定例の集まりがあったわけでもありません。
手法にしても、アクリル画を中心とする奈美子、はり絵作家の川原さん、そして、今回は油絵を出される菊池さんと異なり、作風も違います。
ほとんどが違う中、ブログでの奈美子の作品という、それだけにより「つながる心」。
個々の作品を超えた「つながり」を感じていただければ幸いです。

皆様のご来廊をお願い申し上げます。

なお、最後になってしまいましたが、治療中、奈美子は多くの方から多くの励ましをいただいきました。お二人よりも自分のほうが三人展にふさわしいと思いになられる方も多数といらっしゃるでしょうが、全ては芸術センスに乏しい夫の勝手な判断ということでお許しお願いします。

                               (添嶋一/soel夫)
*******************************************************
三人展「つながる心」
日時:10月8日(金)〜13日(水)11:00〜17:00(最終日は15:00)
場所: ギャラリー日比谷(東京都千代田区有楽町1-6-5) 
     [http://www.g-hibiya.com/]
出展者:

 
− 添嶋奈美子/soel
   [ギャラリィファンタジア http://blogs.yahoo.co.jp/soel917]
 
 − 川原百合子/はり絵
   [貼り絵・今週の一枚 http://blogs.yahoo.co.jp/eco_harie
  − 菊地正人/masato
   [個蔭のチェスト http://blogs.yahoo.co.jp/masato_kikurin


.


みんなの更新記事