キリギリスのように暮らし、アリのように蓄える

戦略的バリュー投資で安全確実に資産を増やす。

全体表示

[ リスト ]

年初来パフォーマンス  90.1

日経平均アウトパフォーム  +81.8
(日経平均パフォーマンス 8.3%)

2002年からの通算パフォーマンス  192.8倍



先週の急落は、いつの間にか過ぎていった感じで、個別銘柄の株価的には、値下がりしただけ(株価が下がっただけ)というレベル程度で、まだ勝負をかけるようなところまで落ちて来なかったので、地味に配当狙いの銘柄を買った程度でした。

まあ、あのリーマンショックを経験すると、少々の下げでは動じなくなりますよね。株式市場とはそんなところだ(株式投資とはそんなものだ)、というのが心に刻まれます。 

厳しいマーケットが訪れ、自分の保有銘柄が徹底的に売り込まれたとき、どの程度まで下がるのか(資産評価額がドローダウンするのか)というあたりをファンダメンタルズ的にある程度捉えておけば、大きなショックを受けたり退場することにはならないのだと思います。

要は、自分がどれだけのリスクを取ってやっているのか、ということがわかっているのかどうか、ということだと思うのです。

「あんた、それだけのリスクとってたんだから、その程度当たり前じゃん、何でショック受けてるの?」って言いたくなるような人が沢山参加しているのも株式市場です。




戦略的バリュー投資パフォーマンス(2002年〜2014年)

2002年  +35% (日経平均 −21%)
日経平均アウトパフォーム +56%

2003年  +53% (日経平均 +23%)
日経平均アウトパフォーム +30%

2004年  +51% (日経平均 +6%)
日経平均アウトパフォーム +45%

2005年  +94% (日経平均 +40%)
日経平均アウトパフォーム +54%
【信用取引を開始】

2006年  −26% (日経平均 +7%)
日経平均アウトパフォーム −33%

2007年  + 5% (日経平均 −11%)
日経平均アウトパフォーム +16%

2008年  −42% (日経平均 −42%)
日経平均アウトパフォーム  0%

2009年  +4% (日経平均 +19%)
日経平均アウトパフォーム −15%      
【7月に投資資金の大部分を現金化し、住宅ローンの繰上げ返済を行う】
 
2010年  +63% (日経平均 −3%)
日経平均アウトパフォーム +66%

2011年  +140% (日経平均 −17%)
日経平均アウトパフォーム +157%
【12月に投資資金の6割程度を現金化し、住宅ローンを完済しました】

2012年  +190% (日経平均 +23%)
日経平均アウトパフォーム +167%

2013年  +124% (日経平均 +57%)
日経平均アウトパフォーム  +67%
【4月に2人の子供の将来の大学進学資金確保のため、2000万を出金】

2014年  +41% (日経平均 +7%)
日経平均アウトパフォーム  +34%
【2002年からの通算パフォーマンス100倍超え達成】



ポートフォリオ(2015年 月)

(現物)         
4333 東邦システムサイエンス
7637 白銅  
7614 オーエムツーネットワーク
4577 ダイト
4952 エス・ディー・エス・バイオテック
3177 ありがとうサービス
8909 シノケングループ
1782 常磐開発
6652 IDEC
7838 共立印刷

(信用)
6757 OSGコーポレーション
キャッシュができたら現引き予定です。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事