星空を楽しむ

すべて表示

夏休みの星空情報

ここの解説画像は、アストロアーツ星空シミュレーションソフト「ステラナビゲーターver.10で作成しています。
画像をクリックすると表示が切り替わります。もう一度クリックすると拡大できます。


みなさん、こんばんは。(株)スコープテックの大沼です!8月の天文現象の案内ですが、こども達が夏休みに入り、旅行の計画を立てている方も多いと考え、7月末から8月一杯の天文情報を早めにお送りすることにしました。

⚫︎『7月下旬から8月の天文現象カレンダー』⚫︎

7月27日(水) 下弦の月 明け方に見える半月です。夕方に見える半月とは太陽の当たる方向が逆で望遠鏡で覗くと新鮮です。早起きして見ましょう!

8月3日(水)新月

8月7日(日)立秋

8月9日(火)旧七夕 各地でライトダウンキャンペーンなどが行われます。余分な照明消して星を見よう!
8月11日(木)山の日だそうです。祝日です。

8月12日(金)今夜日付が変わる夜半から明け方にかけてペルセウス座流星群極大(最も沢山の流れ星が見えます。星空が綺麗な海や山で一時間に数十個、都会でも一時間に数個の流れ星が観察出来ます。今日だけでなく前後2~3日は比較的たくさんの流れ星見えます。

8月17日(水)太陽系でもっとも内側の軌道をまわる水星が東方最大離角(太陽の東側に最も離れます)夕方の西空で8月初旬から観察できます。太陽が沈んで15分くらい経ったら探してみましょう。見つけ出すのはまだ夕焼け残っている空なので、ちょっと大変です。天文学者コペルニクスも見ていないという逸話があるほど、なかなか見にくいのですが、双眼鏡で探して見てください。

8月18日(木)満月 満月の時は望遠鏡で月を観察しても月面の凹凸がほとんど見えません。太陽の光が月の正面から当たっているので地形に影が出来ないためです。ですが月のクレーターから放射状に広がるレイ(光条)と呼ばれる、天体が月に激突してクレーターができる時に月の表面やぶつかった天体が飛び散った跡がよく見えたり、海とよばれる溶岩大地の場所による溶岩の色の違いが良く分かったりします。

8月25日(木)下弦の月 朝方に見える半月です。

8月26日(金)下弦すぎの半月がおうし座の赤い1等星アルデバランにぎりぎりまで大接近 夜中の2時過ぎから明け方までが見頃です。近くにすばる星団も見えるでしょう。(ご注意!)日にちに注意してください。26日午前2時過ぎということは、25日(木)の深夜すぎですからね。真夜中12時に日付が変わりますから。
また火星と土星が約4度(お月さま8個分)まで接近して見えています。

8月28日(日)夕方の西空超低空で、金星と木星が大接近して見えます。70倍くらいの倍率ですと望遠鏡で覗くと木星と金星を同一視野で観察できるでしょう。空気が澄んでいれば、金星が明るいので肉眼でも見つけられる筈ですが、双眼鏡があると楽に見つけられるでしょう。


イメージ 1
今年の夏は、さそり座に見えている二つの惑星、火星と土星を観察してみてはいかがでしょうか?これは7月20日から8月31日までの火星と土星の動きを二日ごとにプロットしてみたものです。土星はほんのすこししか動かないのですが、土星はほんの少ししか動かない事が分かるでしょうか。これは、火星と土星の地球からの距離の違いも大きいですね。火星に比べ、土星は地球からの距離が20倍以上遠いのです。

それに加えて、下の太陽系を俯瞰した図版では、各惑星が7月20日から8月31日の間にどれだけ動くかを図示しています。この図版を見れば分かりますが、火星や地球が、7月20日から8月31日の間に動く距離は、土星のそれに比べてずっと大きいのです。これが、星座を背景に火星と土星の動きを調べると、火星は大きく見かけの位置を変えるのに、土星はほとんど位置を変えない理由です。

火星と土星の位置の観察して、位置を記録してそれに対する考察をすれば立派な自由研究ができるかもしれません。

すべての図版は、二回クリックすると大きくなるので大きくして見て下さいね
イメージ 2

下の図版は、7月20日夜8時、8月1日夜8時、8月11日夜8時、8月21日夜8時、8月31日夜8時の土星と火星を実際の夜空で見つけるための星ガイドマップです。

こちらにゲンコツで角度を測って実際の星空で天体を見つける方法が解説してあるので、この記事を参考に下の星ガイドマップを使って火星と土星を見つけてくださいね。

下の記事で解説に使っているソフトとは表示画面が異なりますが、マス目一辺の幅は同じ10度なので同じようにやれば、実際の星空で土星と火星を見つけられる筈ですよ。


すべての図版は、二回クリックすると大きくなるので大きくして見て下さいね

7月20日夜8時
イメージ 3



8月1日夜8時
イメージ 4



8月11日夜8時
イメージ 5


8月21日夜8時
イメージ 6


8月31日夜8時
イメージ 7


さて夏休みに月を観察するしようと思っている方もいるでしょう。
夜8時ごろに空のどこに月がいるか調べてみました。7月23日以降、8月6日まで表示がありませんが、月が見えない訳ではなく、夜8時の時点で見えていないだけで、例えば7月23日以降であれば、夜遅くなれば東の地平線から月が上がってきます。月の出は毎日1時間弱ずれて行くということを覚えておきましょう。月の観察をする方は参考にしてくださいね。

イメージ 8

あと、見逃せないのは、ペルセウス座流星群です。今年は8月12日深夜から13日の明け方までがベストな観測時間です。月が夜12時ごろに西の地平線に沈んだら月明かりに邪魔される事なく、満天の星空をバックに沢山の流れ星が観察出来ます。時間帯別に流れ星を数えてみるのも夏休みの自由研究のネタには良いと思います。あと図書館やインターネットで流れ星の正体を調べてみるのも良いと思います。

8月13日午前0時15分ごろのペルセウス座がどこに見えているか下の図をごらんください。ペルセウス座の放射点を中心に空全体に飛び出すように、流れ星が飛びます。天の川の見られるような夜空の美しい場所なら、1時間に数十個の流れ星を見ることが出来るでしょう。市街地でも都会でも街灯が直接目に入らないようにすれば、1時間に数個の流れ星が見ることができます。

よりたくさんの流れ星を見るこつは、出来るだけ開けた場所で見ることです。ペルセウス座を正面に見る必要はなく、空の上の方を出来るだけ広い範囲を見ることが重要です。安全な場所であれば、芝生に寝っ転がってみるのがオススメです。

また流星群の流星は、暗い流星から眠気が覚めるような明るい流星まで色々な流星を見ることができますが、明るい流星の時に注意して見ていると、流星が流れた跡にそって光る雲が出現することがあります。なかには、上空の大気の流れで徐々に形を変えながら数分間に渡り光る雲が見えることがあります。
これを流星痕といいます。
流星痕は、明るく、高速な流星で出現しやすいのですが、ペルセウス座流星群の流星の元になる粒は、秒速59kmという、東京から大阪間を10秒かからない程の猛スピードで地球に飛び込んで来ます。
秒速59kmを時速に直すと時速21万2400km!にもなります。これは時速80kmで高速道路を走る自動車の2,655倍という、とてつもないスピードになります。

もしペルセウス座流星群の飛ぶ、8月12日深夜から8月13日明け方にかけて晴れそうになければ、前日や翌日の深夜に夜空を見上げてみましょう。数は減りますが、それでも普段よりずっとたくさんの流星が見える事でしょう!諦めないでくださいね!

イメージ 9


そして最後に望遠鏡で天体を観察する時の基礎のおさらいをしたい方は下記ブログ記事をごらんくださいね!

⚫︎『望遠鏡基本的な使い方の確認』⚫︎
夏休みに望遠鏡を使うが、見たい天体を見つけ視野に入れるのが苦手な方、またピント合わせの極意を学びたい方は、私のブログの下記ページをごらんくださいな。スムーズに出来ると星空観察がもっと楽しくなりますよ。

見たい星の位置を調べ、実際の夜空で見つける
http://blogs.yahoo.co.jp/solunarneo/55331861.html

天体望遠鏡の視野に星を導く
http://blogs.yahoo.co.jp/solunarneo/55331775.html

ピント合わせの極意
http://blogs.yahoo.co.jp/solunarneo/55331845.html

私のブログでは他にも、星の話題を中心に色々と書いていますので、ぜひご覧くださいね。
http://blogs.yahoo.co.jp/solunarneo/GALLERY/gallery.html?fid=0&p=1




############################################################
株式会社スコープテック 代表取締役社長 大沼崇のフェイスブックアカウント
https://www.facebook.com/takashi.onuma.7
天文情報、観望会情報ほか、写真、天気、食べ物、など色々情報を流しています。
ぜひお友達申請してみてください。

星空情報メール
月に一から二回、星空情報や、書籍、グッズ、音楽情報を流します。
こちらから、簡単に登録や解除が出来ます。
ぜひ購読くださいね。
メールマガジン登録解除

・乙女高原星空観望会
http://otome.sblo.jp/
山梨市牧丘町柳平で毎年10回開催している星空観望会のご案内です。天の川の見える最高の環境と豊かな自然に恵まれた場所でくつろぎながらみんなで星を見ませんか?
############################################################


その他の最新記事

すべて表示

耕耘機で畑を耕しました。

2012/4/25(水) 午前 1:27

こちらのブログでも何度か紹介しましたが、20坪の畑を借りて、畑作のまねごとをしています。家の野菜の自給率は30から40%程度ですが、自分の作った野菜は新鮮で美味しいです。今年も沢山の野菜にチャレンジしたいと考えています。 リタイヤ後は畑付き一戸建てに住み、庭で犬とヤギとアヒルを飼い、庭先で星を眺めて暮らしたい。そんな夢があります。 ...すべて表示すべて表示

明日のエコじゃまにあわない?

2009/6/29(月) 午前 2:31

最近エコ運転がはやっているようです。 もちろん私もエコ運転の研究には熱心に取り組み日々実践しています。 (あんなハイパワー車乗って、エコ運転?という声あり) しかし、やっちゃいけないことあるんです。 一番やっちゃいけないのが、 ふんわりアクセルゆっくりスタートです。 二番目が信号停車でのエンジンストップ 信号が ...すべて表示すべて表示

新型インフルエンザ国内発生に対する弊社の対応のお知らせ 平素より弊社をご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 さて標記につきまして、メキシコにおける新型インフルエンザ(H1N1亜型由来豚インフルエンザ)発生と関西方面での感染拡大状況を考えますと、さらに拡大の傾向にあると予想され、国内に置いて感染拡大が沈静化される見込みが無い為、厚生労働省の ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事