星空を楽しむ

すべて表示

間も無く火星最接近です。

 来る5月31日に最接近する赤い惑星「火星」本日からその火星の毎日23時の火星の表面模様をブログにアップします。

 2年2ヶ月ごとに最接近を繰り返す火星。今回の接近距離は約7500万キロ、その距離は毎回変わるが今回は約7500万キロ。接近距離としては中接近という条件です。火星の接近は2年2ヶ月ごとに起こるということを先ほど述べましたが、火星の太陽の周りを回る軌道は地球の軌道に比べるとかなり楕円軌道なので、その軌道のどこで地球と接近するかによって毎回接近距離がかなり違うのです。

 火星の近日点(太陽を回る軌道上で太陽に一番近い時)付近で地球に接近すれば接近距離は約5600万km程度となるが、遠日点付近(太陽を回る軌道上で太陽に一番遠い時)に地球に接近すると1億kmと2倍近く距離ちがうのです。軌道を公転するにつれて地球から見る他のどの惑星よりも大きく明るさが変化する。これは、火星が地球から最も離れる時には最も近づいた時の7倍以上も距離が離れるためである。最も観測に適した時期は32年ごとに2回、15年から17年をおいて交互におとずれ「大接近」と呼ばれる。

 遠日点付近での接近を小接近と呼び、近日点付近での地球との接近を大接近と呼びます。距離が二倍近く違うので、小接近と大接近では、地球から同じ倍率で見ても見える直径(視直径)が二倍近く違い、面積比での違いは4倍にもなるので小接近と大接近では同じ望遠鏡同じ倍率で見ても模様の見え方が全然違ってきます。大接近時にはより小さな望遠鏡でもくっきり見えることになります。

 今回は中接近(距離約7500万キロ)なので、丁度その中間位の大きさです。弊社の一番小さな望遠鏡ラプトル50で、ぎりぎり黒い染みのような模様が見えています。口径8センチのアトラス80であれば、極雲と呼ばれる、極上空にかかる灰色の雲や極冠、黒い模様の火星の自転に伴う変化が見てとれます。


今は地球から見ると満月のように、全面に光があたり真ん丸に見えますが、6月も半ばに近づくと、少し欠けていびつに見えてきます。


火星の模様は黒い部分、オレンジ色の部分、白い部分など色が見えますが、それぞれなんなのでしょうか。
黒い部分は岩石がちな部分。オレンジ色の部分は砂漠のような砂がちな部分。白い部分は極冠と呼ばれるドライアイスと氷が凍りついている部分や火星表面に発生した霧や上空の雲です。

そして時々起こるのが砂嵐です。砂嵐が発生すると砂嵐が発生している地域の模様は見えなくなります。激しいものでは火星全体を覆うような大規模砂嵐が発生し一切模様が見えなくなる事もあります。これは大黄雲と呼ばれる大砂嵐です。

月を観察していても、月には大気が全くないので月に雲がかかったり霧が発生したり、砂嵐が起こりクレーターが見えなくなることはないですが、火星には薄いながらも大気があるのでこのような気象現象が観察できるのです。

火星全体が大規模砂嵐で覆われると、肉眼で見えている火星の色も、普段より赤みが薄くなるのが分かることがあります。
今日は、なんか色が薄いなぁと感じたらもしかすると火星全面を覆うような大黄雲が発生しているかもしれません。


下の画像は本日5月26日から5月31日までの、毎日23時の火星表面の模様のようすです。アストロアーツのステラナビゲーターVer.10でシミュレーション画像を作成しました。望遠鏡で見ると逆さに見えますのでご注意ください。
天頂ミラーや天頂プリズムを使ってみると、上下はこの画像のままですが、左右が逆に見えます。

※ 6月1日からの火星表面模様は、後日こちらにアップしますね!
お楽しみに!


基礎知識はこちらをクリックしてください!
↑火星の望遠鏡での見え方

レッドプラネット赤い惑星火星の秘密

火星の模様に関して

5月26日23時ごろ
イメージ 1


5月27日23時ごろ
イメージ 2



5月28日23時ごろ
イメージ 3

5月29日23時ごろ
イメージ 4


5月30日23時ごろ
イメージ 5


5月31日23時ごろ
イメージ 6





その他の最新記事

すべて表示

耕耘機で畑を耕しました。

2012/4/25(水) 午前 1:27

こちらのブログでも何度か紹介しましたが、20坪の畑を借りて、畑作のまねごとをしています。家の野菜の自給率は30から40%程度ですが、自分の作った野菜は新鮮で美味しいです。今年も沢山の野菜にチャレンジしたいと考えています。 リタイヤ後は畑付き一戸建てに住み、庭で犬とヤギとアヒルを飼い、庭先で星を眺めて暮らしたい。そんな夢があります。 ...すべて表示すべて表示

明日のエコじゃまにあわない?

2009/6/29(月) 午前 2:31

最近エコ運転がはやっているようです。 もちろん私もエコ運転の研究には熱心に取り組み日々実践しています。 (あんなハイパワー車乗って、エコ運転?という声あり) しかし、やっちゃいけないことあるんです。 一番やっちゃいけないのが、 ふんわりアクセルゆっくりスタートです。 二番目が信号停車でのエンジンストップ 信号が ...すべて表示すべて表示

新型インフルエンザ国内発生に対する弊社の対応のお知らせ 平素より弊社をご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 さて標記につきまして、メキシコにおける新型インフルエンザ(H1N1亜型由来豚インフルエンザ)発生と関西方面での感染拡大状況を考えますと、さらに拡大の傾向にあると予想され、国内に置いて感染拡大が沈静化される見込みが無い為、厚生労働省の ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事