ここから本文です
印染のいろは|水野染工場
染の「いろは」をご紹介します。染知識、染商品などの情報を随時更新します。

書庫日本の印染供疎茖仮蓮

すべて表示

染物屋の風景 --------------------------------------------------------------------------------------------  ここからは「印染豆知識」とともに、普段見る機会の少ない染物屋の 仕事場の風景を少しだけお見せしましょう。 -------------------------------------------------------------------------------------------- 豆知識1. 【染屋には「しんし」が多い】  染屋に紳士が多いかどうかは議論の分かれる所ですが、伸子(しんし)は たくさんあります。伸子の長さは生地巾に合わせて色々ある様に、染すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 型の準備

    2016/4/7(木) 午前 11:49

    捺染 −型の準備ー 印染において、いくつかある重要な工程の1つに型作りがあります。 型作りには、様々な手法があり、染色方法やデザイン内容によって使い分けます。 捺染部屋を訪れると、数時間後に染め始める手ぬぐいの準備で、若手の職人が型の 最終チェックを行っていました。 出来上がったこの型で染めて、イメージ通りの手ぬぐ ...すべて表示すべて表示

  • 〈張り手と伸子〉 引き染めに重要な道具、「刷毛」については以前ご紹介しましたが、今回は 布をしわのない様に均一に張る道具「張り手」と「伸子」についてご紹介 します。 【張り手】 張り手の内側には針が打ちこんであり、この針を生地に刺して(挟んで) 使用します。 生地巾に合わせて、様々な種類のものが販 ...すべて表示すべて表示

  • 染め物が仕上がるまで様々な工程を要します。 本日は、最初の工程「下絵・型職人」のいろはです。 まずは、お客様ご希望のデザイン・書体を染められる形に修正する所から始まります。 染物は、紙への印刷とは違い、浸透し易い生地に染めるため、にじみや色の裏通り といった染料の浸透状態を考慮して、そのデザインや文字が一番綺麗に表現できる 型 ...すべて表示すべて表示

ブログリンクブログリンク

更新

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事