茶の湯のプロムナード

★新しいブログにお引越しいたしました★

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

八月になりました。
結婚する前は旧姓に「夏」がついていた為か、夏大好き!人間だったのに
今では「冬」が好きになってしまいました。

「八寸」

懐石用具の一種。
山海川里の珍味をごく少量盛り、主客献酒のときの取肴とする器。
八寸角のヘギ盆で赤杉の木地でつくられ、角を曲げ縁の一方に綴目があります。
趣向の上から塗物・陶磁器類も用いられることもあります。


「八炉」

本勝手(点前を行う右側に客が座る席構えをいいます)および
逆勝手(点前を行う左側に客が座ります)の四畳半切、台目切、向切、隅炉の
八通りの炉の切り方。

点前座に炉を切ることを「入炉(いりろ)」といいます。
風炉の位置と同じく壁側に切る場合、茶室の隅に位置するので「隅炉(すみろ)」といいます。
その反対に点前座客側に切る場合を「向切(むこうぎり)」といいます。

点前座の外に炉を切ることを「出炉(でろ)」といいます。
「四畳半切」「台目切(だいめぎり)」がありますが、
「出炉」というと「台目切」を指します。
「台目切」は点前座が台目畳(一畳の約四分の三の長さ)の炉の切り方です。
「四畳半切」は「広間切」ともいわれ、ごく一般的な炉の切り方です。

詳しくは図を見た方が分かり易いので、
淡交ムック『これでわかる茶室のしくみ』淡交社刊 40ページ
をご覧下さい。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事