技と匠のお店!SPORTS mikuni0595 ドンのたわごと

日頃の野球・サッカー用品の修理・加工技術とそれに関する記事を紹介します。オリジナルや限定商品情報もあり!

手づくり!グラブの革グッズ

すべて表示

親父のガラケーケース3代目!完成です。

最近話題にはしておりませんので!
 
。。。もう、やめたんか?
 
そう思われても仕方がありませんが、朝の散歩は今まだ毎日続けております。
 
中性脂肪の増加、肝機能の低下とお店の売り上げの低下という、あまりにも不名誉な宣告を昨年の11月の検診で言い渡され、、、
それから始まったことは、すでにブログでご報告いたしました。
ここに、血圧の増加が入ると〜
スポーツ業界のグランドスラムと言われているゾーンへ突入するところでした。
 
その散歩の効果があらわれ、血液の再検査の結果が良かったこともすでにご報告した通りです。
 
検査結果が良かったからと言って、やめてしまうとまた元通りになりますので・・・
せっかく始めた日課でもあることですし、毎日続けている次第です。
ある程度同じ時間に歩きますので、すれ違う人も同じ人です。
夏休み中は、子供たちには会いません。
当たり前ですけど、、、
 
そんな中、今日気がついたんですが〜
セミの鳴き声が、少なくなっています。
って言いますか!
今日なんかは、あの耳につくような鳴き声が聞こえませんでした。
オリンピックの閉会とともに、今年の夏ももう終わりということなんでしょうかねぇ〜
今日は、柄にもなく・・・”秋”の訪れを感じる散歩となりました。(*^▽^*)
 
さて、今日はというより今日もになりましたが・・・
”手作り!グラブの革グッズ”のお話です。
自分で使うものも自分で作っていることは、自分で作れるので当たり前のことですが〜
意外とめんどくさいので、後回しになると以前お話ししたことがあると思います。
 
今回は、親父のガラケーケースがずいぶん前かた壊れかけていて、作り変えてあげないと!
とそう思っていました。
何度も言いますが、ずいぶん前からです。
 
イメージ 1

 
この写真からも、ずいぶん前感がわかっていただけると思います。
今回作ったら、3回目です。
 
イメージ 2
イメージ 3

イメージ 4


 
型紙が残っていると思って探してみたんですが、この2代目の時もあわただしく作ったのか?
残っていませんでした。
なぜか!1代目の型紙はあったんですけどねぇ〜
 
2代目の現物から寸法を割り出し、型紙を作りました。
その際、必要な修正も加えていきます。
裁断→縫製と作業を進めるわけですが〜
この時、2代目をよく見るとその時の技術レベルが読み取れて、恥ずかしくなります。
この技術レベルで、その時は修理や革グッズの製作を行っていたわけですからねぇ〜
(。>0<。)
当時のお客さんに申し訳ないという気持ちがわいてきました。
 
・・・と同時に!
3代目の製作が進むにつれ、2代目の時よりもスキルアップした自分が確認できました。
基本の型紙作りから、裁断→縫製にいたるまですべてが違います。
自分で自分のことを言うのも、おかしな話ですが〜
 
イメージ 5

イメージ 6

 
情報収集やいろんな道具や技術を試してみたり、失敗や成功を試作で繰り返しながらやってきたことが・・・過去の作品をこうやって比べて見て、その違いがはっきり目でわかるくらいになっていることがただ嬉しいです。
 
親父も今年でもう84歳になりますが、まだまだ現役で頑張っています。
 
イメージ 7

 
次に作り変える時には、もっとスキルが上がっているように努力したいと思います。
また、親父も健康で4代目が必要になるまで、現役を続けてほしいと思います。
 
ちなみに、ベルト通し部分が斜めになっているのは親父のこだわりです。
車に乗った時に、斜めになる方が邪魔にならないからだそうです。
もうこういうガラケーケースも、市販では少なくなってきたでしょうねぇ〜
 
 
 

.


みんなの更新記事