技と匠のお店!SPORTS mikuni0595 ドンのたわごと

日頃の野球・サッカー用品の修理・加工技術とそれに関する記事を紹介します。オリジナルや限定商品情報もあり!

手づくり!グラブの革グッズ

すべて表示

知り合いからのご依頼です。アイホン7の横型スマホケース!その3


イメージ 1

 
朝の散歩のときにいつも通る公園も!
すっかり、”秋めいてまいりました。”・・・てな、そんな感じの紅葉?
今年の営業が本日でとうとう最後になりましたので、そんな冗談も言い納めですね♪
 
今日は、お店の大掃除で18時まで営業の予定です。
よろしくお願いします。
 
ブログの書き納め?
そうなるかもしれませんが〜
 
 
こちらの記事を完結させておきたいと思います。
 
イメージ 2


 
パーツができて組み立てに入るわけですが・・・
この間も言いましたが、単純な作品ほどよりクォリティーにこだわりたいわけです。
スポーツの練習でもそうですよね〜
簡単な練習ほど一生懸命やる!
それが、技術の進歩の近道です。
・・・と、過去の記事にも書きましたが〜賢人が申しておりました。
 
イメージ 3
イメージ 4


 
最初は、手縫いでの仕上げも考えましたが・・・年末が近くなり、時間がない!
そんなことで、ミシン縫いですべてにステッチが見えるように仕上げました。
ずいぶん見栄えが変わることに、小さくガッツポーズです。
 
金具は、ジャンパーホックではなく、バネホックを今回は使います。
硬いジャンパーホックですと、薄いスマホの本体にダメージが出ては!?
そう思ったからです。
上の金具部分は、型紙上ですでに位置が決まりポンチで穴をあけてあります。
下の金具は、上の金具を取り付けてから、位置決めを行います。
これは、レザクラのテクニックです。
型紙の紙面上の寸法だけでは、きれいに蓋が閉じるかどうかわからないので、そうするわけなんです。
単純な作品のよりクォリティーをあげるための工夫ですね!
 
イメージ 5


イメージ 6
イメージ 7


 
黒と茶色で2個のご注文が仕上がりました。
 
ここで!ちょっと、ワンポイントですけど・・・
 
イメージ 8


 
内部のベルト側へは、縫いPの柔らかい部分を一枚張り付けてあります。
スマホのガラスを保護するための工夫です。
 
イメージ 9
イメージ 10


 
蓋を開けるとステッチが見え、スマホを取り出しやすいように切り込みも少しつけてあります。
 
横の厚みは、スマホの厚みが1cmに対して。。。1.5cmに設定しました。
あまりキツキツすぎますと〜
電話がなっているのに、取り出すのに時間がかかります。
 
そんなことを、いろいろシュミレーションをして作りました。
 
ご本人のオリジナルスマホケースですよねぇ〜
なんせ〜横型ですから!
 
来年は、この製造販売部分を少々強化していきたいと・・・
そう思っております♪
 
 
 
 
 

.


みんなの更新記事