技と匠のお店!SPORTS mikuni0595 ドンのたわごと

日頃の野球・サッカー用品の修理・加工技術とそれに関する記事を紹介します。オリジナルや限定商品情報もあり!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全173ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今朝方の散歩で〜
こないだの奇妙な・・・ミニUFOの着陸跡?とおぼしき場所が。。。
 
イメージ 1

 
きれいに散髪されて、こんな状態になっちょりました♪
でも、しっかりその奇妙な着陸跡?とおぼしき部分は残っており!
朝からまた、頭の中で妄想癖が出てしまっている次第です。
 
幸せなやつ。。。
 
そう思われるかもしれませんよねぇ〜
 
ところで!
 
”消費税増税 2年半延期”
 
そんなことになってきているようですね〜
 
最近少々、Mぞえさんの3連発の流行語ノミネートで、、、
かつての大賞受賞者としては、いささか影が薄くなってきている?
そろそろ、何とかミクスも当たらぬ3本の矢も。。。
その存在も行くへも定かではなくなってきている!?
そんな気がしてなりませんからねぇ〜
 
でも〜
2年半後の”景気屋さん”の景気が良ければいいんですけど〜
そのあたりは、どうなんでしょうかねぇ?
お上の話ではありますが、、、
こっちの景気があまりにも悪いだけに、勝手に妄想している今日この頃です。
 
さて!こないだからの〜
 
スパイク修理 モレリア2 その3 アッパーの革当て!新品とニアでしょ(^^♪
 
こちらのサッカースパイク修理の続きのお話と参りましょう!
 
今回は、前にネタフリしていた・・・
スパイク修理 モレリア2 その2!見たことのない変化球???
ヒールの修理方法についてです。
 
イメージ 2
イメージ 3


 
 
ご依頼の修理は所は、こんな状態です。
それこそ、サッカースパイク修理を始めたころは・・・ずいぶん昔の話ですが〜
 
”当て革を当てて張り付けるだけ”
 
ミシンもありませんでしたので、その方法しかありませんでした。
ミシンが来てからは、、、
革当てした後に、ヒールカップの上から縫いつけの修理もしたこともあります。
でも、ミシンの糸の突っ張りで・・・
ヒールカップが縮んで変形したり!
場合によっては、ヒールカップが割れてしまうリスクも伴うわけです。
当て革をヒールカップ全体を覆うくらいに大きくして、ヒールカップの切れ目で縫い付ける!
そういう方法も試しました。
しかし、いずれも仕上がりはそれなりでした。
お客さんは、喜んでくれましたけどねぇ〜
 
そんな中当方は、野球のスパイクの加工もやっている関係で。。。
”塗りP”というのが、いろいろと世に出てくるにつれ!!
その溶剤を、野球分野での加工に頻繁に使うようになってきました。
 
ある日突然・・・
 
”これ!サッカースパイクにもええんちゃうやろか?”
 
そんなことを思いついた次第です。
妄想癖から、生まれた”修理ネタ”でした。
 
もともと摩耗を防ぐために出来上がった溶剤なわけですから!
摩耗した部分には、しっかり機能するはずですもんねぇ〜
 
イメージ 4
イメージ 5


 
こんな感じです。
 
問題はただ塗るだけだったら、素人さんと同じです。
手軽に使える市販の溶剤ですからねぇ〜
いかにきれいに、取れにくいように加工するのか?
そのあたりが、テクニックといえばそうかもしれません。
まぁ〜
取れたらまた、塗ればいいんですけど・・・
 
こんな感じで、昔にサッカースパイク修理で苦労した部分が、、、
いろんな材料の開発で、ずいぶん助かっております。
逆に言いますと〜
同じスパイクで同じところが痛むのであれば!
新品の段階で、この加工をしておけば。。。ずいぶん耐久性も変わってくるものと思います。
 
よろしければ、参考になさってください(^^♪
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全173ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事