Ashley事件から生命倫理を考える

世の中は想像していたより、はるかにコワイ・・・

全体表示

[ リスト ]

担当医の自殺について

あまり論理的な根拠があって書くことではありませんが、
Gunther医師の自殺は”アシュリー療法”を巡って批判を浴びたことが原因だとする説が、
これから、まことしやかに出てくるのではないでしょうか。
そういう話にしてしまいたい人がいるに違いないから。

しかし、もしも英国でKatieからの子宮摘出が合法だと認められれば、
自分たちのやったことも正当化されるわけだから、
批判に苦しんでいたとすれば、むしろ英国での動きはありがたかったはず。

なぜ10日間も、彼の自殺は報じられなかったのか。

なぜ、遺書の有無が明らかにされないのか。

そして、今から遡って考えると、
なぜアシュリーの親はGunther医師に名指しで特別の謝辞をささげたのか。
それは本当にブログに書かれているように、彼が主導したからなのか。
それなら、なぜ彼自身がメディアやシンポで自ら弁明しなかったのか。
特にアシュリーの問題がテーマだった5月16日のWUのシンポでの担当医の不在は、
極めて不可解です。

どう考えてみても、去年の10月以降、釈明を主導していたのはDiekema医師でした。
ほとんど孤軍奮闘といってもいい。
そのことと、アシュリーの親のブログで特にGunther医師への謝辞がささげられていること、
Gunther医師がある段階からは表に出てこなかったこととは、
どう関連しているのか……?

アシュリーに行われた一連の医療行為を巡って、
Gunther医師は実際にはどういう役回りだったのか……?

                ―――――

アシュリーのケースが引き金となって英国で2例目が行われてしまえば、
多くの障害女児への処置が事実上解禁されてしまう……そういうタイミングでの自殺です。

ついに人が死にました。

シアトル子ども病院は、
2004年5月5日の「特別」と冠した倫理委員会での議論の詳細を、
明らかにするべきではないでしょうか。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事