Ashley事件から生命倫理を考える

世の中は想像していたより、はるかにコワイ・・・

全体表示

[ リスト ]

当ブログは、2007年初頭にアシュリー事件と出会い、
その不可思議を追いかけるという作業に問答無用で引きずり込まれたことから始まり、
事件との出会いから既に5年近く、事件を検証すると同時に、
事件を通じて見えてきた英語圏の医療倫理の話題を追いかけ、
素人の徒手空拳であれこれと考えてきましたが、

このたび、これまでの作業を1冊の本にまとめ、
出版させていただけることになりました。

「アシュリー事件
メディカル・コントロールと新・優生思想の時代」といいます。

生活書院から9月22日刊行予定です。

各章の詳細などはこちらに。


この本の原稿を仕上げながら、
”Ashley療法”論争はこのまま尻すぼみで終わって
もう水面下に潜っていくのだろうかと、
ぼんやりとした空しさを感じていたのですが、

「アシュリー事件」という本を書いたことを
こうしてご報告できる段階までたどりついた今日、

私には同志のようにも感じられる
PeaceやRoyというお馴染みの人たちがまだまだ諦めずに闘い続けてくれていることを知り、
本当に嬉しく、新たに希望をもらう思いです。

私がAshley事件と出会うよりもはるかに前から
こうした闘い、もっと過酷な闘いを続けてきた人たちが世の中には沢山あることを、
私はこの事件との出会いによって学びました。

そうした闘いを必要とする世の中の現実についても
この事件との出会いによって初めて目を開かせられました。

英語圏の論争に直接参加するだけの力はありませんが、
遠い日本にいる、そしてその日本で我が子らが同じ時代の脅威に晒されようとしていることを恐れる
無力な一母親のささやかな闘いとして、私はこの本を書くことにしました。

アシュリー事件の検証と考察の他にも、
この事件を追いかける過程で見えてきた“無益な治療”論や
“死の自己決定権”、それらが“移植臓器不足”の問題と繋がっていく懸念など、
事件の周辺に見られる英語圏の医療倫理の問題についても
一つの章を割いて簡単にまとめました。

また最後の章「アシュリー事件を考える」では、
以下のエントリーなどで書かせてもらったことを
もうちょっと広げて(同時に深められているといいのですが)書いてみました。


どうぞ、一人でも多くの方にお手に取っていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。


これまで当ブログにお付き合いくださった方々、
私には手に入れにくい論文や情報をゲットしてくださった方々、
私の知識不足をサポートしてくださった方々に。

みなさんに支えていただき、助けていただいたおかげで
これまでの作業をこうして形にすることが出来ました。

心からお礼申し上げます。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

この記事に

閉じる コメント(24)

顔アイコン

どんなにか色々な思いをなさっていらしたことか・・・
じんわりとspi*zi*ar* さんの喜びが胸を打ちました。
おめでとうございます。是非、読ませて頂きます。
大勢の皆さんに読んでいただけますように!^^
お祝いのポチ!!

2011/9/2(金) 午後 10:51 megumi 返信する

顔アイコン

出版おめでとうございます!
凡人の私には、英語の記事は読めませんがいつも関心を持ってブログを読ませて頂いています。
色んな情報を載せて下さってて、自分の知らない所でおこっている、問題を知る事ができてとても勉強になります。
この本の出版を機に、色んな方がこの事件に関心を持ってくれるといいですね。

2011/9/2(金) 午後 10:54 ryouko 返信する

顔アイコン

こんばんは。新しいご著書の上梓、まことにおめでとうございます。とても大切な営み、応援する側としてはできるかぎりの宣伝などに努めたいと思います。
冒頭の方のご指摘なさるとおり、このブログ自体が現代にとって貴重な媒体ですので、著書として広く親しまれ、国会図書館にも納本されますこと、嬉しく思います。
お疲れさまです。

2011/9/2(金) 午後 11:03 [ ガウタマ・シンラン・パタティ ] 返信する

顔アイコン

megumiさん、ありがとうございます。アシュリー事件を巡っても、この本を出せるまでの過程でも本当にいろんなことがあったので、megumiさんの言葉が心に沁みて嬉しいです。

megumiさんを始め、ブログを通じて知り合えた障害のある子どもを持つ親の方々からも、親はみんなそれぞれに自分が生きている場所で自分の闘いを闘っているんだと、いつも感じて、励ましをもらっています。

2011/9/3(土) 午前 9:25 [ spi*zi*ar* ] 返信する

顔アイコン

RYOUKOさん、いつもありがとうございます。英語が多少読めたところで凡人ですが(笑)、日本ではある種のニュースはなぜか広く報道されないということは本当に気になりますよね。アシュリー事件も余り目立たない小さな事件なのかもしれないけれど、いろんな意味で今の時代を象徴しているような気がするので、多くの人に興味を持っていただければと思います。

いつも寄ってくださって、本当にありがとうございます。上のコメントでも書きましたが、このブログを通じて知り合って問題意識を共有してだ去る障害のある子どもの親の方々は、お目にかかったことはないままに、どこか同士のように感じられたりします。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

2011/9/3(土) 午前 9:31 [ spi*zi*ar* ] 返信する

顔アイコン

ガウタマ・シンラン・ソリドゥスさんの応援や励ましに、どんなに励まされてきたことか。本当に感謝! です。日本の政治状況を読み解くにも、ガウタマ・シンラン・ソリドゥスさんのブログから多くのことを学ばせていただいていますし、私はモノを知らないままですが、こうしたグローバルな弱者切り捨ての流れの中で、日本の仏教の考え方にこそ希望があるのでは、と漠然と感じているので、これからもいろいろご教示いただけると嬉しいです。今、何年か前に読んだ「西行花伝」(辻邦生)を読み返していたりします。

2011/9/3(土) 午前 9:37 [ spi*zi*ar* ] 返信する

遅ればせながら、ご上梓おめでとうございます。
本になれば、インターネットを使わない、使えない人たちにも届きますね。
こちらのブログと「アシュリー事件」、そして
毎日情報を集めてコツコツと更新して下さっているspitzibaraさんのことを、
ネットに懐疑的な地元の人たちにも知って欲しい、読んでほしいって
ずっと思っていたのです。嬉しいです。

さっ、地元の図書館にも入れてもらわなくちゃ^^

2011/9/3(土) 午後 0:22 [ MoranAoki ] 返信する

顔アイコン

まとめて読めるのは助かります。
残念なことに、この事件はいよいよアクチュアルな意味を持つようになっているので、この出版はとても意義があると思います。 削除

2011/9/3(土) 午後 7:49 [ acceleration ] 返信する

顔アイコン

モランさん、ありがとうございます。いつもモランさんもフラストレーションを感じておられる世の中の理不尽を、私も生活書院さんと出会うまでは体験することが多かったですが、その間もこのブログを書き、多くの方々とやりとりさせていただくことを通じて、世の中には「誰が言っているか」ではなく「何を言っているか」の方を問題にする人だって沢山あるのだと信じ続けることが出来ました。

モランさんとも本当に長いお付き合いになりました。同じ問題をちょっと違った角度から見たらこうなる、と示唆に富んだコメントをくださるモランさんとのやり取りから、いくつものエントリーを書かせてもらってきました。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

2011/9/3(土) 午後 10:10 [ spi*zi*ar* ] 返信する

顔アイコン

accelerationさんにも、いつも専門知識で助けていただいて、ありがとうございました。

おっしゃる通り、ブログはシコシコと検証作業を積み重ねてくるプロセスでは最適のツールだったのですが、一段落した検証を元に見えてきたことや訴えたいことを理解してもらうためには、ブログでは、ある程度のエントリーを最初から時系列で読んでもらう以外に方法がなくて。生活書院さんが、売れそうもない本だけど関わるべき仕事だと言って即断してくださったのは、本当に本当に嬉しかったです。

この事件がアクチュアルな意味を持つようになっている、というご指摘は、本当にリアルに感じられて恐ろしいです。これからも考え続けていきたいと思っていますので、これまで同様、時にヘルプいただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

2011/9/3(土) 午後 10:10 [ spi*zi*ar* ] 返信する

顔アイコン

おめでとうございます、
買って、わたしの宝物の一冊にしたいと思います。

2011/9/4(日) 午後 10:06 たんぽぽ 返信する

顔アイコン

たんぽぽさん、いつも寄ってくださって、ありがとうございます。宝物にしていただけるほどの本ではないのですが、お手にとっていただけると嬉しいです。

いつぞやのたんぽぽさんの呼びかけで、それまでのエントリーが失われてしまう可能性に気付き、ずっと先延ばししていたミラー・ブログを作る踏ん切りがつきました。お礼を言うのが遅くなりましたが、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

2011/9/5(月) 午前 7:23 [ spi*zi*ar* ] 返信する

顔アイコン

アマゾンで取り寄せようと思ったら、売り切れで
いつ入荷になるか分からないそうです。
ブログの読者さんみなさんかなり買っていらっしゃるのかも
知れないなぁ〜と感じました。
急がないでゆっくり読ませていただきますね!^^;

2011/10/3(月) 午後 8:49 megumi 返信する

顔アイコン

megumiさん、早速にアマゾンに行ってくださったんですね。ありがとうございます。

まだ書店には出回っていないのかもしれません。この週末に障害学会があって、そちらで買ってくださった方が早速に読んでくださってツイートしてくださっているようなのですが。

2011/10/3(月) 午後 8:56 [ spi*zi*ar* ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。
たまたま御著書を手に取る機会があり、今まで知らなかったアシュリー事件(そこからの重症障害を持つ方と家族の抱える問題、そしてアメリカから始まる医療への異質と思える考え方−合理性、経済性−の浸透の問題)を知ることができました。
TPPへの加盟問題が所与のものとして進められてしまっている今、読むべき本の1つにも思えました。
ブログのほうはこれから少し時間をかけて読ませていただきたいと思います。まずは、素晴らしい本を読むことができたことに感謝します。ありがとうございました。

2011/11/6(日) 午前 9:43 [ pangolin46 ] 返信する

顔アイコン

pangolin46さん、拙著を読んでいただいたばかりか、願ってもない大きな捉え方をしていただき、誠にありがとうございます。米国型の極端で短絡的な合理性、効率性、経済性の問題は、まさしくTPPとも繋がっているのだと考えていたところでした。その点は「「アシュリー事件」では第11章で簡単にまとめて終わっていますが、ブログでは詳細の追いかけておりますので、よかったら、またご意見をいただけると嬉しいです。これを機に、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2011/11/6(日) 午後 7:36 [ spi*zi*ar* ] 返信する

顔アイコン

ご無沙汰しています。

図書館で新刊の棚にある本のタイトルからすぐ貴女だと思い手にとりました。出版おめでとうございます。

もし転載にしていただければこの記事をトップページにさせていただき、広く皆さんにお知らせしたいと思うのですがいかがでしょうか。

2011/11/8(火) 午後 5:22 [ nanachan.umekichi ] 返信する

顔アイコン

ああ、nanachan.umekichiさん、本当にお久しぶりです。図書館で気づいてもらえたなんて、そういう形で覚えていてもらえたなんて、ほんに嬉しい! あの節には、ウィキペディアに書いてはどうかとアドバイスいただき、ありがとうございました。ウィキペディアに書けないまま本にまとめてしまいました。

ご紹介くださるとのこと、ありがとうございます。申し訳ないのですが、思うところがあって転載機能は使用しないことにしているものですから、もしよかったらリンクでご紹介いただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

2011/11/8(火) 午後 9:58 [ spi*zi*ar* ] 返信する

顔アイコン

spi*zi*ar* さん こんにちは

そうなんですか それでは本を読み終えたら感想と医療倫理について記事にしたいと思います。

ネットは情報が独り歩きしますからね。私は細々と無言の方に語りかけているので小さな世界に浸っています。

それではお身体ご自愛ください。

(覚えていただいていて恐縮です)

2011/11/9(水) 午後 2:11 [ nanachan.umekichi ] 返信する

顔アイコン

nanachan,umekichiさん、ご理解ありがとうございます。医療職の方がどのように読んでくださるのか、記事を楽しみにしております。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

2011/11/9(水) 午後 2:42 [ spi*zi*ar* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事