Ashley事件から生命倫理を考える

世の中は想像していたより、はるかにコワイ・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全706ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本当に申し訳ないのですが、

拙著『アシュリー事件』の上梓から2年も経って、
きわめて重大な誤りに気づきました。

116ページの12行目(後ろから4行目)、
病院側に支払われた総額が漢数字で「26万3890ドル15セント」となっていますが、

これは「2万6389ドル15セント」の誤りです。

すでに取り返しがつかないほど時間が経ってしまっているのですが、
お詫びして、訂正させていただきます。

申し訳ありませんでした。

【支払い総額に関するエントリー】
WPAS調査報告書 添付資料一覧(2007/6/3)
WPASの調査報告書に関する疑問(2007/6/6)
(支払い金額については、3の項目に)
“Ashley療法”の費用に関する、ありがちな誤解(2009/10/18)


拙著『アシュリー事件』に関する、
その他の追記情報と、注にあげられたリンクについては、
左欄の「拙著『アシュリー事件』について」の書庫にあります。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

当ブログでずっと追いかけてきたRasouli訴訟に
18日、カナダ最高裁から判決が出ました。



週末のこととて、PCの前にゆっくり座っている時間が取れないので、
さっき、以下の関連エントリーにコメント欄で判決文だけリンクしたのだけれど、


結果がどうしても気になってならないので、
ざ〜っと目を通してみた。

上訴棄却

結論は[117]から[122]に。




ざ〜っと目を通して、目に留まったのは以下の箇所。
(翻訳は全訳ではなく、ごく大まかな概要です)

(75) Wherever one tries to draw the line, it is inevitable that physicians will face ethical conflicts regarding the withdrawal of life support. No legal principle can avoid every ethical dilemma. What may be needed is a practical solution that enables physicians to comply with the law and to satisfy their professional and personal ethics. In this case, for example, the physicians explored the possibility of transferring Mr. Rasouli to a different Toronto hospital. Alternate staffing arrangements within Mr. Rasouli’s present hospital could also be considered. Finally, other physicians qualified to undertake Mr. Rasouli’s care may not hold an ethical objection to continuing the administration of life support. Such practical solutions could go far in averting any ethical conflict.

Rasouli氏に生命維持治療を行うことが自分の医師としての倫理観に合わず、
他の病院に転院もさせられなかったのなら、

病院内で、
同氏の治療をする資格があり、なおかつ同氏の生命維持の続行に抵抗感のない
医療職に担当を交代することだってできる。

どんな倫理的な係争解決にも、そうした実際的な方法が有効であろう。


(76) While the end of life context poses difficult ethical dilemmas for physicians, this does not alter the conclusion that withdrawal of life support constitutes treatment requiring consent under the HCCA.

終末期の医療判断が医師に倫理的なジレンマをもたらすからと言って、
治療の中止もまた医療同意法の下で同意を必要とする治療であるという結論は変らない。


……ということなんだと思うのですが、
まだ全然まともに読んだとはいえないし、
しばらくちゃんと読む時間が取れそうにないので、

もしどこか違っていたら、ご教示ください。

そのうちには判決文をちゃんと読んで、
詳細な論点をなるべく理解するよう努めた上で、改めて書きたいと思いますが、

ずっと気にかかっていた大きな判決が出て、
その結果がそれなりに嬉しいもののようなので、取り急ぎ、速報的に。

この記事に

開く コメント(4)

拙著『死の自己決定権のゆくえ』の刊行後に出てきた
ベルギーとオランダについての情報をいくつか、簡単に追記。


ベルギーの「安楽死後臓器提供」ドナーに精神障害者も

ベルギーの安楽死後臓器提供について移植医らが5月に発表したところでは、
DCDの肺提供のうち12.8%にあたる6人のドナーが安楽死後臓器提供で、
3人は重症の神経筋肉障害、3人は精神障害者とのこと。
http://www.bioedge.org/index.php/bioethics/bioethics_article/10676#comments


ベルギーで性転換手術に失望した人が安楽死

ベルギーで9月30日、
性転換手術の結果が期待したものとまるで違っていたと
絶望したNathan (born Nancy) Verhelstさんが安楽死。
「耐え難い精神的苦痛」として認められた。
http://www.bioedge.org/index.php/bioethics/bioethics_article/10707


オランダで視覚障害者への安楽死

オランダで初めての障害理由の安楽死。
70代の目が見えなくなった女性に。
http://www.news.com.au/lifestyle/health/euthanasia-for-woman-who-could-not-cope-with-being-blind/story-fneuz9ev-1226735207489


オランダの安楽死、12年は前年から13%の増

昨年のオランダの安楽死は
5つの地域委員会の報告によると
4188件で、前年から13%の増加。

最も多かったのはガン患者の安楽死で3251件。

42件は認知症患者で
13件は重症の精神障害者だった。

10件で、医師が要件を満たしていないと委員会が判断。
その中の2件は認知症患者の安楽死で
インフォームドコンセントを与えることの困難が要因となっていた。

80%近くが
自宅での安楽死を希望した。

この記事に

開く コメント(9)

開く トラックバック(2)

迷ったのだけど、
やっぱりこの話題はこちらのブログに書くべきか、と。

ただ、これまでのような詳細情報ではなく、
Spitzibara自身のメモのようなものになります。


米国ウィスコンシン大学が、家族の要望を受け
14歳の自閉症スペクトラム障害の男児Kade Hanegraaf君に
頻回で大きな音声を伴うチックへの治療として
手術によって大きな声を出せなくした症例を3月に報告し、

Ashley事件と全く同じ論争が繰り返されている。


【関連情報】
ウィスコンシン大学病院の外科サイトの当該記事
http://www.surgery.wisc.edu/research/publication/1650

Salonの記事
http://www.salon.com/2013/09/27/is_surgically_altering_an_autistic_boys_voice_cruel_or_kind/
(私もすぐにこれを思ったけど、
障害者の人権運動の立場からA事件と同じだとの指摘が出ている)

BioEdgeの記事
http://www.bioedge.org/index.php/bioethics/bioethics_article/10703
(これによるとA事件では批判に回ったCaplanが
 今回は、QOLが上がって本人の利益だとして擁護しているらしい)

自閉症の人によるブログAUSTISTIC HOYAの批判記事
http://www.autistichoya.com/2013/09/literal-silencing.html
(興味深いことに、この人は最初にポストした際には
この手術を行ったのはワシントン大学だと誤記したとして、
最初に修正情報が記されている。

ワシントン大はA事件の舞台だったし同じ「W大」だから無理もないけれど、
ウィスコンシン大はA療法の旗振り役の1人、Norman Fost医師の所属先でもある)


驚いたことに、
日本でも似たような手術が1999年から行われているらしい。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibi1954/51/5/51_381/_pdf

この日本語論文で言及されているボツリヌス菌による治療が失敗したため、
Kadeの手術に踏み切ったという説明が上記大学サイトの論文概要にある。

この記事に

開く コメント(11)

開く トラックバック(4)

拙著『アシュリー事件』または『死の自己決定権』から当ブログをご訪問くださった方へ。

【2013年10月29日追記】
拙著『アシュリー事件』を読んでくださってご訪問いただいた方へ

116ページのアシュリーの入院時の総額は誤りでした。
大変申し訳ありません。

詳しくはこちらをご覧ください。



拙著を読んでいただき、ありがとうございます。

せっかく来ていただいたのに、
当ブログの方は休止状態になっており、申し訳ありません。

(休止に至った事情はこちらに ⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara/66669850.html)


新刊の『死の自己決定権のゆくえ』関連は
左の書庫欄の2番目「拙著『死の自己決定権のゆくえ』」に集めております。

『死の自己決定権のゆくえ』の注データについては
以下のエントリーからたどれるようになっております。
http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara/66642327.html


2年前の拙著『アシュリー事件』についても、
関連エントリーは左手書庫欄の3番目「拙著『アシュリー事件』について」の書庫に
注データを含め、集めてあります。

時間経過と共にURLのリンク切れも生じていると思いますが、
よかったらご利用ください。

よろしくお願いいたします。


【追記】
その後、新しいブログを始めました ↓
『海やアシュリーのいる風景』

この記事に

開く コメント(2)

全706ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事