全体表示

[ リスト ]

2月5日のエントリー
オランダの安楽死クリニックでの精神障害者の安楽死が
報告されていることを取り上げましたが、

2月3日付の以下の記事には、
さらに気になる内容があるので。



“We consider it self-evident that someone who is terminal can turn to euthanasia,” Life-Ending Clinic Director Steven Pleiter told The Daily Beast. “Now we are entering a phase in which there will be more debate about patients who are not terminally ill, among them psychiatric patients and those with dementia.”

「終末期の人が安楽死を利用できることは自明だと我々は考えています」と
安楽死クリニックのディレクター、Steven PleiterはDaily Beast に対して語った。
「今では我々は終末期の病気ではない患者さんたち、
とりわけ精神疾患の患者さんや認知症の患者さんたちについて、
もっと議論すべき段階に差し掛かっているところです」


Clinic Director Pleiter thinks giving psychiatric patients a chance at assisted suicide is important. “We are dealing with a group of patients that have no other place to go, that are also being ignored by psychiatry,” he said. “We are looking at their requests seriously, we treat them in all fairness. I believe it was a deliberate choice for the lawmakers to offer space legally, to which both patients with physical as well as psychological problems can turn.”

Pleier氏は、
法に解釈の余地が残されているのは、
精神的な問題を抱えている人たちにも道を開くためだと考えているらしい。

自分たちは公明正大に対応しているし、
安楽死を求めてくるのは「精神科医にずっと無視されてきた、行き場のない人たち」だ、と。


こうした動向に対して、興味深いのは
安楽死法ができる前の1991年に患者の自殺を幇助して有罪となった精神科医
Boudewijin Chabot医師が安楽死法について
ここ2年くらいで脱線してしまった、と語っていること。

Psychiatrist Boudewijn Chabot, seen as a pioneer of the euthanasia movement after his conviction in 1991 for helping a female patient die, told the Dutch TV program Nieuwsuur that the law “has gone off the rails.”

“In the last two years things started happening that made me feel uncomfortable,” he said. Many of the Dutch have living wills stating whether they want to be euthanized or not, if they are no longer able to make the decision. But Chabot argues that a written statement made when one is of sound mind should not be considered “completely valid” for “a seriously demented person who no longer knows what it means.”

Chabot warned that the emphasis on a long-term doctor-patient relationship is paramount when it comes to evaluating psychiatric problems. “There are a 100,000 chronic psychiatric patients” in the Netherlands, according to Chabot, and of those “a large segment struggles with and against a death wish.” If the Life-Ending Clinic wants to take on such a responsibility, he said, then it better “get ready.”


Chabot医師が指摘しているのは主に2点で、

オランダの多くの人の事前指示書には
安楽死を選ぶ判断ができなくなったら安楽死させてほしい、と書かれているが、
頭がはっきりしている時に書かれたものが
その意味が分からなくなった認知症の進んだ患者の指示書として
「有効性にまったく問題がない」とはいえない。

精神障害のある人の状態をきちんと評価するためには
長期的な医師と患者の関係性が重要。

オランダの、Chabot医師によれば10万人いるという慢性の精神障害者のうち、
大多数が自殺年慮を抱えて、それと闘っている。

安楽死クリニックが、それだけの責任を負うというなら、
それに備えてやるべきことがあるだろう、と。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事