全体表示

[ リスト ]

「知的障害者の脱施設化の論点に関する文献的研究」
樽井康彦 大阪市立大学大学院生活科学研究科後期博士課程
生活科学研究誌 Vol.7, (2008) 《人間福祉分野》


機ァゞ畴のわが国における脱施設化施策の動向

2006年から段階的に施行された障害者自立支援法での目標値は
2011年度末までに入所施設定員を(新規入所者の増加分と差し引いて)7%以上削減。

2007年12月の「重点施策実施5カ年計画」では
グループホームとケアホームの利用者数を2007年の4.5万人から2011年度には8万人に。
福祉施設入所者を2011年度末までに1.1万人削減。

……このように、入所施設の存在がノーマライゼーション実現の阻害要因であるとする議論は、わが国でも広く浸透しているといえるだろう。

(中略)

……現状に対する憤りにも似た疑念と改革への志向が「原点」となり、ノーマライゼーション理念の実現には入所施設の削減が不可欠との考え方は、障害福祉分野で広く含意されているといえよう。
(p.2)


. 脱施設化議論の焦点

Jackは、
文献で指摘される施設逆機能(引用者注:施設の負の側面)は、
綿密な調査を行うと、当然の真理ではないと指摘。

KleinbergとGalliganは、
地域移行が伝統的な大規模施設よりも、よりノーマライズされているという考え方は
「単純化されすぎている」と指摘。

CooperとPictonは
80〜90年代の脱施設に関する研究を振り返って、
その成果には矛盾や対立が含まれている、と指摘。

もちろん、これらは施設の全肯定でも施設化への回帰の主張でもなく、

秋山は、

「脱施設化」の目標そのものが間違っているのではなく、それを達成し、可能にするための条件整備なしに推進されたことに問題があるのである。


塩見も、
脱施設化に慎重な人々も脱施設化の異議を否定しているのではないし、
議論の最大の焦点は脱施設化の「賛否」ではなく、
それを進めるための「手法」だ、と指摘。

つまり「賛成vs反対」ではなく、実態は「賛成vs慎重」なのであり、

そうであるならば、必要なのは
「慎重なのは差別しているから」「現状が都合がいいから」と決めつけるんじゃなくて、
「なぜ慎重にならざるを得ないのか」を問うことだろう、という話なんだと思う。

遠藤も、
論点は「もはや『地域移行を行うか否か』ではなく、
『どのように地域移行を行うか』という支援の質、支援のあり方を検討していくこと」と指摘。

これこそ、まさに私がハートネットTVのインタビューで指摘させてもらった、
医療的ケアを必要とする子どもたちで目下、進行している、
「支援なき地域への移行」が抱える問題そのもの。




掘テ所施設批判の内容と性格

1.Goffmanの問いかけをめぐって

米国の施設批判の代表的なものはGoffmanの「アサイラム」。
BlattとKaplanの『煉獄のクリスマス』。

日本でも、入所施設については
過剰な保護・規制で入所者の主体性・自主性が剥奪される、
安全性が強調されるあまり自立への取り組みが消極的、など
入所施設の逆機能については「明確に把握された経験的な事実ということができる」が、

著者は、そこに取り残された論点として、
「それらは大規模施設に独自・固有の現象であるか否か」換言すると
「大規模施設を解体することによって、人権侵害の問題が解決できるという
論理の実証的な妥当性はあるか」を指摘する。

施設書いた異論に対する懐疑的な見解として著者があげているのは、

大島は
「施設という形態から必然的に生じる問題ととらえるのは正しくない」

中村と相澤は
「入所施設の本態として避けがたく存在するもの」ではなく
「それは援助の質の問題であり、入所施設の宿命的な課題ではないと
現場にあるものたちは考えているのではないだろうか」

この点については、私は、前から
一部の自立生活運動関係者の発言にしばしば
「施設職員の意識は低くてケアも劣悪。自立生活のヘルパーは意識が高くてケアも良質」という前提を感じて、どうして、そんなに単純素朴に決め付けていられるのだろう、と不思議。

また、田ケ谷は、
現在の居住施設が本来行使すべき専門的な機能をまだ十分に発揮しえていない可能性を指摘。

塩見も、
入所施設が機能を遺憾なく発揮しても保障できないことと
機能を発揮できないために招いた結果とを区別する必要を指摘。

中野も
人権侵害等の問題は
「機能し得なかった実践の結果であり、『施設』自身を即否定するものとは言い切れない」

だとしたら、「なぜ」機能しえていないのか、を検討する必要がある。


(次のエントリーに続きます)

この記事に

閉じる コメント(19)

顔アイコン

『「脱施設化」の目標そのものが間違っているのではなく、それを達成し、可能にするための条件整備なしに推進されたことに問題がある』のは、その通りかもしれませんが、条件がない中でも『脱施設』をめざす、熱い思いがあって、いま、地域生活が可能な条件が生まれていることも一方の真実だと思います。先駆者の人たちが条件が整うのを待っていたら、いまの制度はなかったのだと思います。
とはいうものの、本体を読む前に、このメモを読んだ段階で感じたことでした。

2016/12/3(土) 午前 0:40 [ tu_*a* ] 返信する

顔アイコン

> tu_*a*さん

だから、今現在もこれからも、それぞれの人の障害特性もそれぞれの地域の事情も考慮することなく、条件がない中でも「脱施設」「地域移行」を進めていくべきだ……と?

2016/12/4(日) 午後 5:29 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

先駆者たちは条件のない中で、ある意味、無謀な感じも含めて、つっこんでいったのではないかと思うのですが、いまはそんな状況じゃないですよね。ていねいに『脱施設』を可能にする条件を作っていくことが求められているのだと思います。

ただ、大田区という地域で暮らしていて、感じるのは『脱施設化』というスローガンは聞こえても、実態は『推進された』とはとても言えないと思うのです。いまでも、主要な介護者が介護を続けられなくなり、いままで行ったこともない遠くの施設に行かざるを得ないという人が後を絶ちません。

2016/12/6(火) 午前 7:17 [ tu_*a* ] 返信する

顔アイコン

> tu_*a*さん

ご自身の手と目が及ぶ範囲の外に目を向けていただければ、「脱施設化」は決して単なるスローガンに留まってなどいないし、現に犠牲者が出ているのですが。

ためしに、医療的ケアを必要とする子どもたちと家族に何が起こっているか、調べてみてくださいませんか。

そこで起こってきたことは、いま知的障害者に及ぼうとしています。
https://twitter.com/nhk_kabun/status/803143760615915520

ここで条件整備などないまま政治主導で強引に進められていく「地域移行」は、障害者運動や自立生活運動の皆さんが相模原の事件からこちら、しきりに説いておられる「地域移行」と同じだと思われますか?

2016/12/6(火) 午前 8:55 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

> tu_*a*さん

「先駆者たち」について、思うことなんですけど、

重心の世界でも同じく「先駆者たちのお陰で今がある」ということがよく言われており、それを聞くたび、私も糸賀一雄先生や小林提樹先生他に深い感謝の念を新たにします。同時に、重心の世界の外でも、障害者の権利を求めて闘い、障害者が自律して生きやすい社会を作るために尽力してこられた多くの「先駆者たち」のことを思います。

障害者運動が「先駆者」の功績を上記のtu_*a*さんのように称えられる時、その人たちへの深い敬意と感謝を改めて感じつつ、同時に、身障者であるその人たちの当時の視野には捉えられていなかった重症児者と知的障害者が生きられるように尽力してこられた多くの「先駆者」のことを思います。

どちらも、今の「制度」を作ってきたのは自分たちの領域の「先駆者」だけであるかのような前提でものを言われることは同じだなぁ、と思います。

2016/12/6(火) 午後 0:30 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

キャッシュで残っていたニュースを見ました。
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:TCXdMeuYb-gJ:www3.nhk.or.jp/news/html/20161128/k10010786971000.html+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
でも、「だから施設は必要で」ではなく、「誰もが生まれ育った地域で生き続けるために必要な手立てを」と考えたいと思います。

2016/12/6(火) 午後 11:13 [ tu_*a* ] 返信する

顔アイコン

『都合の悪い現実はスルー』するのではなく、困ってる人に向き合う勇気は持たなければならないのですが、解決はできるだけ大規模収容施設の維持ではない方向で、と思います。もちろん、現実がそうなっていない中で、彼や彼女が生きていく手立てが必要なのは言うまでもありません

2016/12/7(水) 午前 7:10 [ tu_*a* ] 返信する

顔アイコン

> tu_*a*さん

できるだけ「脱施設」の方向でと考えたいとしても、いま現に強引な「地域移行」で困っている人がたくさん出ている問題と向き合う勇気はもたなければならない。その人たちに手立てが必要なのはいうまでもないけど、現実はそうなっていない。

おっしゃっていることを、このように転じることもできますし、これがそのまま、この論文の「達成し、可能にするための条件整備なしに推進されたことに問題がある」という指摘だとも私には思えるのですが、そもそもコメントの始まりがその部分を「それはその通りかもしれないが」と、それを留保するところから始まっているので、話はきっとこのまま論理の逆転の応酬になって、噛み合いませんね。

2016/12/7(水) 午前 9:58 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

噛み合うためには、このエントリーで書いているように「なぜ慎重にならざるを得ないのか」へと問題を転じる必要があるというのが私の考えですが、それはコメント欄で議論できるようなことではないですし、

あの事件ですでに大きな傷を負って、とても傷つきやすくなっているもの同士が、さらに互いの間で論理を逆転しあうだけの議論を続けたあげくに感情的に傷つけあうようなことだけは避けたいと思いますので、ここで一旦締めくくらせてください。

相模原の事件の後の議論によって、本来は連帯すべき人の間に分断を生んでいるように思えてならないので、私もこのやりとりには自分なりに苦慮していました。冷静に対応していただけたことに、感謝します。

2016/12/7(水) 午前 10:02 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

上記のやりとりには、spitzibaraのコメントが一つ削除されています。7日早朝(6日深夜)に書き、7日朝6時半ごろに削除する前にtu_*a*さんが読んでおられた以上、追記しておこうと思います。

12/6(火)午後11:13のコメントと、12/7(水)午前7:10のコメントの間に、spitzibaraによる以下のコメントがありました。(文言は多少違っているかもしれませんが、こういう趣旨)

「都合の悪い現実は『でも』の一言でスルーされるなら、tu*_*a*さんの言われる『誰でも地域で暮らせる手立てを』こそが単なるスローガンではありませんか」

2016/12/8(木) 午前 11:06 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

ここでのコメント欄を読み返して、得ている情報がspi*zi*ara2 さんとぼくとでまったく違うのだなぁと思いました。恥ずかしい話ですが、【条件整備などないまま政治主導で強引に進められていく「地域移行」】のこと、ぜんぜん知りませんでした。教えてもらったNHKのニュースのことも。
おっしゃる通り【「なぜ慎重にならざるを得ないのか」へと問題を転じる必要がある】のかもしれませんし、【それはコメント欄で議論できるようなことではない】とも思います。
ただ、【条件整備などないまま政治主導で強引に進められていく「地域移行」】のことはもっと知りたいと思っています。読むべきものとか教えてもらえればうれしいです。よろしくお願いします。

2016/12/9(金) 午後 11:08 [ tu_*a* ] 返信する

顔アイコン

> tu_*a*さん

やはりtu_*a*さんはtu_*a*さんだったなぁ。ご理解いただけて、ありがとうございます。

とりあえずはこちらから4回連続シリーズのハートネットTVのブログを読んでいただけると、いわゆる「医療的ケア児」といわれる子どもたちで何が起こっているか、大まかなところを想像していただけるか、と。
http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/3400/247227.html

また、某所でお話しするための準備として、私自身がざっとネットで調べてみた重症児者の介護者の実態についてはこちらにあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/65309697.html

こうした中で、医療的ケア児では「退院支援」、知的障害者でも「地域移行」の方針が明確に打ち出され、現に実行されているわけなのです。

2016/12/9(金) 午後 11:43 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

最近、こうした過重な介護負担を担っている母親たちが心を病んだり先が見えずに命を断つ事件が続いているという話を聞くことが増えてきました。すでに犠牲者が出ています。それについては近くエントリーに取りまとめたいと思っています。

2016/12/9(金) 午後 11:44 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

ここでの話を反芻しながら
http://tu-ta.at.webry.info/201611/article_2.html
の大澤さんの書いたものの部分を大幅に書き足しました。この部分を「たこの木」の通信の原稿にも使おうと思っています。

2016/12/12(月) 午前 5:49 [ tu_*a* ] 返信する

顔アイコン

> tu_*a*さん

おはようございます。お知らせありがとうございます。エントリーそのものはだいぶ前に拝読しておりました。

『現代思想』の相模原特集では、私は星加先生がお書きになったものが最も強く響きました。多くの人が事件にかこつけて、それまで自分が言ってきたことを一層声高に主張しておられるだけ、と見える中で、自らへの問い返しを最も誠実に引き受けようとしておられるように思えたからです。

2016/12/12(月) 午前 7:49 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

3つ上のコメントで予告したエントリーを書いたので、TBしました。

2016/12/15(木) 午後 0:51 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

たこの木の原稿で、spi*zi*araとのやりとりをもとに書き足したのは以下です。
〜〜〜
そして、『施設』にしか、生きる場が与えられない多くの人たちがいまも存在する。障害者は誰も、そこに収容されない権利があると日本政府も批准した国際条約があるにもかかわらずだ。
また他方で、『脱施設』という謳い文句の中で、施設を出る条件がないまま施設から出され「過重な介護負担を担っている母親たちが心を病んだり先が見えずに命を断つ事件が続いている」という指摘がある。
(ブログ『海やアシュリーのいる風景』
樽井康彦論文「知的障害者の脱施設化の論点に関する文献的研究」前 …のコメント欄参照)。
『脱施設』は絶対に間違ってはいないと思うが、それを可能にする条件がないところで強制されると、そこに悲劇が生まれるということは容易に想像できる。
しかし、十分に条件がないからと逡巡していても現実は変わらない。条件を整える努力を続けながら、少しでも可能なところで施設から抜け出していく勇気を持つ必要もあるだろう。その抜け出した後の負担を母親だけが担うという事態は絶対に避けなければならない。
〜〜〜

2016/12/25(日) 午前 10:14 [ tu_*a* ] 返信する

顔アイコン

あ、spi*zi*araさんの敬称が抜けちゃいました。すみません。

2016/12/25(日) 午前 10:16 [ tsu*u*a_mas*h*de195* ] 返信する

顔アイコン

> tu_*a*さん

お知らせありがとうございます。

2016/12/25(日) 午後 9:31 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事