ここから本文です

ツミ

 本年の1月9日のこと,拙宅近くの冬田を車で走っていると,突然,前方の田から,1羽の鳥が鋭く飛び上がりました。一見して猛禽類であることが分かりました。飛び方は,はばたきと滑翔を繰り返すオオタカとは異なり,パタパタと連続したはばたきです。しかも,明らかに小さい。これは,ツミかなと感じました。
 そうこうしているうちに,この鳥は,拙宅の近くのケヤキの木に留まりました。そのまま,車で近づいて撮影したのが,下の写真です。
イメージ 1

 脇に太い横斑があり,眉班もあることから,これはツミの幼鳥と思われます。

  On 9th January, when I drove my car near my house, suddenly a bird jumped up sharply and flew away from the front field. At a glimpse, it turned out to be a bird of prey. Unlike the Northern Goshawk which repeats flapping and gliding, the way of its flying is continuous flapping. Moreover, it is obviously small. I felt that this bird was a Japanese Sparrowhawk.
  In the meantime, this bird stayed at a zelkova tree near my house.  The picture below is which I took by approaching it with my car.
  There are thick horizontal belts in its flank and also superciliums, so this is probably a young Japanese Sparrowhawk. 
霞ヶ浦 野鳥 kasumigaura wildbird
霞ヶ浦 野鳥 kasumigaura wildbird

この記事に

大洗マリンタワー

1月18日,涸沼に行ったついでに,久しぶりに大洗に行きました。そして,これまた久しぶりなのですが,大洗マリンタワーに上りました。

大洗マリンタワーは,茨城県が整備して大洗町観光協会が管理運営する,高さ60mの塔です。最上階は展望室になっていて,そこからは360度のパノラマが楽しめます。
イメージ 1
展望台には,大洗町が舞台となっているアニメ「ガールズ&パンツアー」のキャラクターが飾られています。
イメージ 2
商船三井フェリー(株)の「さんふらわあ号」。大洗港と苫小牧港を往復します。航路は海鳥の絶好のポイントで,ハシボソミズナギドリ,オオミズナギドリ,ハイイロヒレアシシギ等の大群,アホウドリ,コアホウドリ,アビ類などを観察できます。
イメージ 3
日立製作所(株)のG1TOWER。高速エレベーターの研究開発に用いられる実験棟。高さ214mで,茨城県内では最も高い建物。
イメージ 4
東日本大震災時の津波被害を踏まえて,整備中の高さ4mの防潮堤。海水浴場として有名な大洗サンビーチの真ん中を横切っています。
イメージ 5

この記事に

 仕事が立て込んで,まったく鳥見に行けません。よって,大昔の在庫から投稿します。
 7年前に谷津干潟で撮ったアメリカコガモ。肩に縦方向に白い帯があり,胴体に横に白い帯が出るコガモとの相違点となっています。
イメージ 1

  この時以来,アメリカコガモは見ていません。

  Because I am very busy on my job, I cannot go bird-watching at all. So, I upload an article with an old picture of my stock.
    A Green-winged Teal which I photographed at Yatu Higata seven years ago.  It has  vertical white belts on its shoulders ,which are different from a Common Teal which has horizontal white belts on its body.
 I  have not seen the Green-winged Teal since that time.

  

この記事に

ミヤマガラス−The Rook

 平成29年1月15日,冬田にミヤマガラスの群れがいました。彼らは用心深いので,約100m離れた地点に車を止めたのですが,あっという間に飛び立たれてしまいました。これが,今期初見でした。

ミヤマガラス。ハシボソガラス,ハシブトガラスと比べると,体は小さい。とがった短いクチバシが特徴。
イメージ 1

旋回しながら上昇するミヤマガラスの群れ。
イメージ 2

 There were a flock of Rooks at a rice field on 15th January 2017.     
 They are so cautious that they flew away immediately as soon as I stopped my car at a place about 100m away from them.  This was the first look of them in this season.
 Rooks, which are smaller than Jungle Crows and Carrion Crows. The short and sharp beak is one of their features.
 A flock of Rooks going up with turning.
霞ヶ浦 野鳥 kasumigaura wildbird

この記事に

   1月15日に,水戸市の大塚池を訪れてみると,池の周りの散策路への立入を抑制するため,低い柵が設けられていました。散策路への立入が禁止されているのではありませんが,柵を立てられると,さすがに散策路に立ち入る人は少なくなるようです。結局,この散策路を歩いているのは小生1人だけという状況でした。
イメージ 1

   さて,オオハクチョウの個体数ですが,例年この時期には,200羽ぐらいのオオハクチョウがいるのですが,このときは,66羽でした。他のカモ類も明らかに少ない。
イメージ 2

   その理由は,人による給餌が行われていないためと思われます。いつもなら,パンくずなどが入っている餌箱は,空のままです。
イメージ 3

  では,オオハクチョウはどこにいるのでしょうか。答えは,大塚池から約1.5kmほど離れた冬田です。数百m離れた2カ所の冬田に,約240羽のオオハクチョウがいました。
イメージ 4

イメージ 5

   かれらは,盛んに泥の中に,クチバシを入れて何かを食べているようでした。泥の中の落ち穂を食べているのでしょうか。
イメージ 6


    When I visited Otsuka Pond in Mito city on 15th January, a low fence was set up to suppress entry into the walking path around the pond. Entry into the path is not prohibited, however there seem to be few people entering into the path by setting of the fence. After all, the person who walked on the path was only me.
     By the way, there were 66 Whooper Swans at that time ,whereas there were about 200 Whooper Swans at that time in previous years. There are obviously few other ducks.
     I thik that the reason is the fact that feeding for birds by people had been stopped. The feed box, which had been full of food previously ,was empty.
    Well, where are the Whooper Swans? The answer is rice fields about 1.5km away from Otsuka Pond.
    There were about 240 Whooper Swans at two sites in the rice fields ,several hundred meters away from each site.
    They seemed to be eating something with their bills in the mud. I wonder if they eat gleanings in the mud.

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事