徒然なる司馬に

ネットの大通りの路地裏の場末に開いている小さなブログです。。。。TB歓迎です

全体表示

[ リスト ]


船場吉兆の女将と言えばあのヒソヒソ会見のオバハンのことです。
自分の目の前のマイクのことも気付かないような人が、どうやって再建できるというのでしょうか?

まぁ、善意的にとらえれば船場吉兆は民事再生法を申請していることも考えていることから、自らの一族の手でなんらかの“みそぎ”や“終末を”考えているのならそれはそれで結構。他人の手に渡るよりは自分の手でスクラップするのもいいだろう。しかし、例のヒソヒソ会見ではそんな覚悟は感じられなかったので、女将の単なる保身に過ぎないのかもしれません。
引き際のチャンスを本当に失いましたね。これでは顧客や取引先が最後までつきあってくれないでしょうね。

高級料亭には縁がないから知ったことではありませんがね・・・。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000091-mai-soci
<船場吉兆>経営陣を刷新…女将が新社長就任へ 反発の声も
1月12日20時38分配信 毎日新聞

 食品の表示偽装で昨年11月から休業中の高級料亭「船場吉兆」(本店・大阪市中央区)の経営陣刷新で、創業者、故湯木貞一氏の三女で女将(おかみ)の湯木佐知子取締役(70)が新社長に就任する見通しになった。一連の不祥事で、従業員や取り引き先に責任転嫁するなど、創業者一族による経営の甘さと傲慢(ごうまん)さが露呈した経緯があり、佐知子取締役の新社長就任は反発も予想される。

 船場吉兆は、食品の産地偽装や賞味・消費期限の改ざんが次々に明らかになり、休業による経営悪化により、民事再生法の適用申請を検討。湯木正徳・現社長(74)と長男喜久郎取締役(45)、次男尚治取締役(38)は引責辞任するが、正徳社長の妻佐知子取締役は創業者の娘として役員留任を表明し、「料亭経営者は顧客との関係などから継続性が必要」と主張していた。

 検討中の新体制では、他の役員に本店料理長ら料理人、弁護士らが就任する。心斎橋店のパート従業員らが加入する「アルバイト・派遣・パート関西労働組合」の仲村実事務長は「会社として責任を取ったことにならない。佐知子取締役を社長にしないよう申し入れる」と話している。

◆こんな記事も(毎日より)
船場吉兆:民事再生法の申請検討 食品偽装があだに
 賞味・消費期限切れれ商品の販売や牛肉の産地偽装など食品偽装事件を起こした高級料亭「船場吉兆」(大阪市)が、民事再生法の適用申請などを検討していることが11日、分かった。連休明けにも経営陣の刷新をはかり、経営の立て直しに着手する。

 同社は創業者、故湯木貞一氏一族の家族4人が経営していたが、一連の不祥事を受けて正徳社長(74)、長男喜久郎氏(45)、次男尚治氏(38)が辞任を表明。経営している大阪市の本店や心斎橋店、福岡市の博多店などは昨年11月から休業している。これに伴い、社員やパート従業員に対して希望退職を募ってきていたが、退職者が思い通り集まらないことや長引く休業による経営の悪化が続いていた。
 このため、船場吉兆は16日にも、正徳社長の妻の佐知子取締役(70)以外に、弁護士や本店料理長などを加え、新経営体制を決める。これに合わせて民事再生法の適用申請などを行い、本店などの営業再開に乗り出すとみられる。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


みんなの更新記事