お気楽主婦の乳がん闘病記

乳がん肺転移より10年8か月、骨転移より1年10か月経ちました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ここでは、もし、ご家族やお知り合いががんになったら、
がん患者としてどう接して欲しいか、どう考えて欲しいかを
書いていこうと思います。

乳がん転移した私の感じたこと、思ったことを書いていきますので
普通の(?)がん患者さんともまた全然違うと思います。
また、全く違う感想をお持ちの方もいると思います。
どんどんコメントお寄せ下さい。

いろいろな意見があった方がより参考になると思います。

がんはもう特別な病気ではありません。
三人に一人はがんで亡くなっている世の中です。

がんと診断されても、慢性病に近いがんもありますし
本当は何もしなくても、気づかず治ってしまうがんもどきもあるそうです。
(「患者よ、がんと闘うな/近藤誠著」より。
下に私が書いた近藤先生の「再発・転移の話をしよう。」の記事をトラバしました。)

決して、変な同情は止めて下さい。
がんになった方を哀れむのは止めて下さい。
「かわいそう」「気の毒」などと必要以上に思わないで!

たまたまその人がなってしまっただけですから。
自分は、今のところセーフなだけかも知れないですから。
イメージ 2

必要以上に励まされるのも私は嫌いです。
「がんばって。」って、一体何をがんばるのか?
「がんばって、嫌でも治療を受けなさい。」??

がんばって治療して治るものならやりますよ。
でも私の様に転移したものは完治しないのです。
延命効果はありますよ、どんどん良いお薬が出てきて。

私の病院のお友達で一度影が無くなったっていう人が
何人かいらっしゃいますが、皆さんまた出てきてます。
治らない病気なんですね。
イメージ 2

では私が絶望的になっているか、人生をあきらめているか?
全然そうではないです。むしろ逆です。

この病気はたたいてもたたききれないのだけど
今、この状態であれば、普通に生活できているわけですよ、
がんが肺にあってもですよ。

ですから私は大きくならないことだけ、転移しないことだけを考えて

がんをこの体から消そうとは思っていません。


消すことが出来ないのだったら、抗がん剤もそこそこです。
むだな治療をしてもしょうがないですよね。
それこそ正常な細胞をなるべく健康に保とうと思っています。
イメージ 2

私のがんはハーセプチンが全く効かないくらいの
たちが悪くないがんのようで、進行も遅いようです。

もし進行の早いがんであったら私だったら
治療はやっぱりそこそこにして、好きなことをしたいですね。
つらいだけの治療はしないと思います。(それでも薬が効けば良いですが。)

それよりも元気なうちに家族と旅行へ行ったり
美味しいものを食べたり、好きなことを存分にしたいです。
そういう方面に時間もお金も費やしたい、「がんばりたい」ですね。
逆に愉しいことばかりやっていたら、免疫力も上がるんじゃないでしょうか?

ですから、ご家族、ご友人の方、

どうか患者さんのやりたいようにさせてあげて下さい。

彼の、彼女の人生なんです・・。

でももし助けを求められたら
情報を取ってあげるとか、いろいろ調べてあげたり
お手伝いをしてあげて欲しいなと思います。
イメージ 2

いつかテレビを見ていたら
60歳くらいのご主人はつらいので抗がん剤治療を止めたいと
言っているのに、奥さんが「なんでそう言うこと言うのよ。」
て泣きながら言っていました。

奥さんの気持ちもわからなくはないですよ、もちろん。
でもご主人はご主人の人生をどの様に生きたいか
選択もできないのでしょうか?

60歳でもう十分だ、と思っているかも知れない。
副作用でつらい思いをするなら、人生の最後はゆっくりと
枯れて行きたいと思っているかもしれません。
イメージ 2

ご家族やご友人がなんとか少しでも長く生きて欲しいと思うのは
もしかしたら自分たちのエゴなのかも・・。

「(自分が)悲しみたくない、(自分が)寂しくなりたくない、(自分が)喪失感を味わいたくない。」
もしかしたらそうではありませんか?

もちろん患者さん自身が
「積極的な治療をしてもらって、一日でも長く生きたい。」
と言うのであれば構いませんが

実際は一日でも長く生きられるかどうかわからないですよね。
抗がん剤の場合、したのとしないのと比べると
しない方が長生きしているという結果も出ているのです。(下のトラバ参照)

体が衰弱して、もしかしたら最後は抗がん剤の副作用のために
歩けなくなったり、話せなくなったりするかも知れません。
病気で体が悪くなったのか、抗がん剤の副作用で悪くなったのか
わからない人もたくさんいらっしゃるそうです。(主治医曰く)

もしかしたら抗がん剤のせいで死期を早める可能性もあるのです。


無駄な治療をしないで穏やかに生活するには
緩和ケアという分野がきちんとされることが
大前提だと思います。しかしこの分野はまだまだ遅れているようです。
痛みをとる治療は、がんが痛みを伴うことが多いため大事な分野です。(トラバ参照)
イメージ 2

ご家族や友人ががんになったらすごくショックでしょうね。
本人は、一時期はショックですが、案外その後あっさりしてしまいます。
腹が据わるというか。
もしかしたら、予感があったのかもしれないし、
自分だけがんにならないはずはないって受け入れたのか

変な話ですが、私にとっての「がんの転移」は
人生を見つめるすごくいいチャンスでした。
転移したことで、「死」に直接向き合ったわけです。
自分は何を望んでいるのか、幸せとは何か
よく考えることが出来たからです。

そして答えが出た今、それに向かって毎日愉しく生活しています。

病気でも幸せなんですよ。なぜなら
「自分ってなんだろう。自分が望む幸せってなんだろう。」っていう疑問に対する
答えが見つかったからかも知れません。
イメージ 2

がん患者さんをかわいそうだと思わないで下さい。がん患者さんでも幸せな人は多いのです。


もし完治しないがんだとして、治療に疲れている、
副作用に苦しんでいる人がいたら
「今までよくがんばったよね、もう、がんばらなくていいんじゃない。」
と一声かけてあげるのも良いかも知れませんね。

そして彼の、彼女の望む通りにしてあげて欲しいと思います。

この記事に

開く コメント(54) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(2) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事