レッズを中心とした日々の文字列

浦和レッズを応援しながら、書いてくことは、思いっきり個人的なこと
大胆にも柏木以外を入れ替える
フレッシュなスタメン。

スタメン発表された時はワクワクものでしたが、
終わってみれば、水輝のロスタイムゴールで
やっとのことでバカ試合をものにする。

ゴールは、阪野、矢島、水輝。

温存していたはずの槙野を投入して、
残り15分から左サイドから大攻勢で逆転。
やはり、リーグ戦のスタメンの方が
格段に良いパフォーマンスなのですね。

未勝利の徳島を相手に、
あやうく初勝利を献上するところでした。

この記事に

開く コメント(3)

TV観戦。

事故の様な形で名古屋に先制される。
失点後もいい形で攻め続けるもゴールが遠い。
シュートがことごとく決まらず。

後半になって、流れもへったくれもない時間帯で
突然に元気のゴールで追いつく。

勝ち点3は厳しいかと思いきや
試合終了寸前のコーナーからこぼれ球に
那須のボレーを興梠がコースを変えて劇的勝利!

つくづく、わからないもんだなぁ…

この記事に

開く コメント(0)

仙台に完勝!

2点目の李のループシュートには震えた。
そして、啓太のミドルが炸裂!
日曜の夜に観戦に行った甲斐がありました。

相手のことながら仙台の守備組織はズタボロ。

しかし、この時期のナイターは想像以上に寒い。
真冬並みの格好でなんとか凌ぐことができました。

この記事に

開く コメント(0)

平日開催のさいたまダービー。

関根、関口が先発でフレッシュな顔ぶれ。
李の初得点に、青木の決勝点。
ゲーム内容は、もっと点差が離れてもおかしくないほど
チームとして躍動していた。

大宮は、一番悔しい負け方だろうなぁ。

この記事に

開く コメント(0)

3月に読んだ本

「現代思想の冒険」竹田青嗣
「反哲学入門」木田元
「週末台湾でちょっと一息」下川裕治

この記事に

開く コメント(0)

TV観戦。
いつの頃からか、神戸が苦手な相手に。
(以前は上客のイメージなのだが・・・)

神戸の外人3人は、さすがにミスを見逃さない。
自滅だと思えなくもないが、完敗。

この記事に

開く コメント(0)

Jリーグ初の無観客試合。
TV観戦。

緊張感のない立ち上がりに失点。
何とか元気のゴールで追いつくが、
逆転までは至らず。

観客がいれば、もっと違う結果に
なっていたようにも思える。

ペナルティを決定したJリーグやチェアマンに対し
言いたいことはあるが・・・

この記事に

開く コメント(0)

TV観戦

先制するも、PKとセットプレーから
逆転を許し敗戦。

岡部主審の判定が不安定なせいで、
緊張感のあった好試合を損ねた感じ。

何だか後味が悪い。

この記事に

開く コメント(0)

録画観戦。

ゴタゴタ後の最初の試合。
変な意味で注目が集まってしまったが、
「9」番が決め、そして勝てて本当に良かった。

次節は、無観客試合。

この記事に

開く コメント(0)

14日曇り:
5時30分に出発するも、
事故により、菅平でまたもや高速を降ろされる。

前日か未明に雨でも降ったか、
気温が高かったかでバーンが、
凸凹としたガリガリの状態。
夕刻から、気温が下がり始め翌日に期待!

15日快晴:
気温も低く春とは思えない雪質。
午前中は、いつもように西舘山と東舘山を
かっ飛ばして滑る。
午後からは、指導員にタダでいろいろ教わる。
ターン弧がきれい。
他人から教わるのは何年ぶり?

16日快晴:
奥志賀にて甥姪の相手。
スキーよりもソリの面倒がメインに。

帰路に、一号トンネルにて、
スリップして中央分離帯を越え、一回転。
バンパーをぶつけるも、後続車、対向車が
なかったため大事には至らず。
Uターンして戻ってきたら、
同じ個所で、別の人の車は横転してました。

14シーズン滑走日数 計23日

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事