杉並おやじの手作農園●手作りエネルギー、手作り野菜で自然災害に!

住宅の屋上,屋根も緑化、手作り農園★工夫で都市の中にも農場★ 手作りエネルギーで、食料自給自足を!★自立する家

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

近衛侯爵家のあった、町名も新宿区近衛町。
杉並おやじがチョット遠いけど遠征しました

この道路のど真ん中にあるケヤキを目白通り側から一周すると
幸せになれるという都市伝説がありますが
本当でしょうか?

道路のど真ん中に大きな欅が立っていて、
車も人間も自転車もすべて迂回していきます。
都市の異空間
ここを見れただけでその日がハッピーになる

何ででしょうか??????????????????
だって欅のほうがずーと以前から、そこにあったわけだから。
(おそらく樹齢は150年以上はありそう。)

世が世ならばこの辺は近衛様のお屋敷だったのでしょうが、、、、、
新参者がよけるのは当たり前なのでしょう。
でもその当たり前が当たり前でないのが今の世の中ですね、
それがよくわかる場所です。

いやー!!!
本当にこんな場所は初めてです
偶然通りかかったのですが、感激して写真をいっぱい撮りました。
自然保護とか言う以前に、自然に対して尊敬するという姿勢がなくなっているのでしょうか
保護というとなんだかえらそうですよね
守ってやってるんだぞーって感じで
尊敬 畏敬 レスペクト そんな気持ちが保護という言葉にはないのでは?
ぜひ一度見るといい場所です

幸福を呼ぶ大ケヤキ このサークルを一回廻ると その一年は幸せに包まれる
都市伝説大けや木の巻

東京都新宿区下落合2丁目17−9
グーグルマップストリートビューでも見れます
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&q=上落合2丁目&near=東京都&fb=1&split=1&gl=jp&view=map&ei=phtYSvChLKXa6gPkm_mVCw

この記事に

閉じる コメント(8)

「ケヤキの木」が、君臨してるわけですね。
ちなみに、私道では、なく公道ですよね。
近衛様のお屋敷が、あったあたりということは、子孫に当たる方が、
近くにいらっしゃるのでしょうか・・・
それとも、木自体は、区の管理なんでしょうかね。

でも、東京にもこんな場所あってほっとするという気持ち
分かるような気がします。

よかったですね。偶然にしても出会えたことに
感謝ですね。

2009/7/11(土) 午後 8:31 [ お山の姐さん ] 返信する

顔アイコン

姐さんこんばんは
子孫がいるかどうかは調べていないので分かりませんが、、、、
残してくれって誰か偉い人が言ったのでしょうね。
偶然が全てですね、常識とやらではなにも、残せません。きっと、多分
実はほかにもありました。川越街道の三本杉???
全国にはもっといっぱいあるんでしょうね
美尿菜バランスで成り立つものであることも間違いない
たったこれだけなんだけれど大変なことなのかもしれませんね

2009/7/11(土) 午後 11:42 [ 杉並おやじの手作り農園 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは
新宿区も粋な計らいですね

近衛侯爵家のけやきをちゃんと保存
道路は後からで すごいです

これからも大事にして欲しいですね。

2009/7/12(日) 午後 2:07 Farukon 返信する

顔アイコン

新宿区はおそらくあまり関係ないかと思います
街づくりナントかが関係しているのではなく、戦後すぐとか或いは戦前かもしれません
この道の正面には日立クラブと言う日立の倶楽部があって、その前身は学習院の寮だったようです。当然近衛家から学習院に寄贈されたか売渡されたか、それはいずれにしても戦前の話で 近衛文麿なんかが活躍していた時代かと思います
この幸せなケヤキは筋金入りわれわれ庶民が 心配しなくても 立派に一人でやっていけるのではと思います
B級おやじとしては ここでうなってしまうところです

2009/7/12(日) 午後 4:37 [ 杉並おやじの手作り農園 ] 返信する

凄く立派な欅に感激します!この欅さんは色々な時代を見つめてきたのでしょうね。人間の寿命120頑張ってとしたら150年とまだまだ更新中は凄いです!目白は良く歩いていたのに知りませんでした。きっと凄く有名だったと思いますが…私は現代の下には地層のように昔が重なっていてその昔の人達の色々な努力や人生が今の私が生かされる下敷きになっているはずなのですが、なかなかその歴史的背景を知らないと土地や樹木にまで意識を向けるのは難しいこの頃ですよね!自分のル‐ツや生まれた土地や住んでる土地の歴史的な事さえあまり気にしない時代ですから。因みに私の居る某茨城県の県南地区はその昔江戸崎城という立派な城下町だったそうですよ。

2009/7/13(月) 午前 8:07 [ cnm**658 ] 返信する

顔アイコン

cnm**658さんおはようございます
ご訪問ありがとうございます
確かに住んでるところの。歴史も大切、更に自分のルーツはもっと大切なのかもしれませんね。
そこをないがしろにしていると、変な霊感商法とか、いんちきなものに付入る隙を与えるのでしょうね。
もし霊が存在するならば、方法は唯一つしかありません
自分の祖先の霊に守っていただくしか方法はないなずです。
反対に霊が存在しないならば、先祖を供養するという美徳になるわけですから、なんら問題がないのです。
江戸崎は昔よく行きました。おいしいお饅頭があって、、、ほっとするようなところですね、そこに今度若女将が一日一組限定のお宿をやるようですよ、
お楽しみに!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2009/7/13(月) 午前 10:19 [ 杉並おやじの手作り農園 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。立派な欅様ですね。150年とはすごいですね。今日まで、戊辰戦争や東京大空襲などの戦火があったにもかかわらずその地に立っているなんて。そう思うだけで何だかドキドキしてしまいます。

2009/7/13(月) 午前 11:13 [ hohsho89 ] 返信する

顔アイコン

hohsho89 こんにちは
ただ,山や、林にあったんじゃなくて、町のど真ん中、しかも道路のど真ん中にある大ケヤキなんてなかなかあったもんじゃないですよね。あとで、ジーンと来て尊敬すらしています。
戊辰戦争のときはまだ近衛さんは東京にきていないかもわからないから、
おそらくそれ以前からそこにあったのでしょうね、御狩場だったらしいですよ将軍家の、、、、、たしか???????
だから新しい都市伝説として、このケヤキの周りを一周すると長生きのご利益があるなんてのはどうですか?
結構いけませんか?ぜひ二人ではやらせましょう

2009/7/14(火) 午後 6:01 [ 杉並おやじの手作り農園 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事