後藤英

後藤英の最近の活動、作品等を紹介

プロフィール

すべて表示

プロフィール

「人間の感性と音の境界線への旅。これはサイエンスフィクションか現実なのか? それとも近い将来 ? 日本の指導的、実験アーティスト、後藤英は新世代のリード指数であり、世界的に重要な貢献をし続けている。」
イタリア、第53回ベネチアビエンナーレ 2009のカタログより抜粋

「 技術的進化の速度はもう一つの挑戦である。アーティストが、インタラクティブな現象を探求して、それによって作品のアイデアを開発し、すべての技術的障害を克服してしまうだろうとき、 既に発明は新しいプロセスによって取って代わられるかもしれない。 日本の後藤英がこれと直接の繋がりがある空間を提供しているのを見ることは驚くべきものである。」
フランス、 雑誌Danser(2009年6月号)より抜粋



日本人の新しい世代を代表する作曲家、ニューメディア・アーティスト。国際的に評価されており世界活地で活躍。斬新で刺激的な作品を新たなテクノロジーと関連させて発表している, アメリカ、ボストンのニューイングランド音楽院、そして、ドイツのベルリン芸術大学、ベルリン工科大学などにて学ぶ。作曲をアメリカにて、アール・ブラウン、ロバート・コーガン、ルーカス・フォス、ドイツでは、ディーター・シュネーベル、フランスではIRCAMにてトリスタン・ミュライユとブライアン・ファニーホウに学ぶ。
主な賞歴は、ボストン・シンフォニー・オーケストラ・フェローシップ、タングルウッド音楽祭より、クーセヴィツキー賞、ワシントン州のマルゼナ国際作曲コンペティションにて第1位、ドイツにてベルリナー・コンポジション・アウフトラーゲ1994、パリのユネスコで行われた、IMC国際作曲家会議にて入選、フランス政府よりDICREAM、ドイツ、ベルリンのミュージック・シアター・ナウ・アワード2008にて受賞、フランス、バン・ニューメリック4、アンガン・デ・バン・デジタル・アート国際フェスティバルにて、「OFQJダンス・ニューテクノロジー賞」を受賞などが挙げられる。, 作品は世界各国の音楽祭、レゾナンス/IRCAM、タングルウッド音楽祭、ICC、SONAR、 Haus der Kultures der Welt, ISEA、NIME, ヴェネツィアビエンナーレなどにて演奏されている。
1995年、マルティ・メディア・オペラ作品、"NADA"がベルリンのシャウルシュピール・ハウスにて演奏される。同年より、IRCAMにてコンピューター音楽を研鑽し、その後、研究員として、ジェスチュアル・インフォマティックの開発に携わる。2000年、東京フィルハーモニによりオーケストラ作品”ResonanceII”がオーチャード・ホールにて初演された。2003年、IRCAMのレゾナンスのフェスティバルでポンピドゥー・センターにてソロ・リサイタルを行い好評を得る。2006年、イギリスのAVフェスティバルより委嘱され、作品は話題となった。現在はIRCAMにてアーティフィッシャル・マウスのプロジェクトを行っている。2009年にはイタリア、第53回ヴェネツィアビエンナーレに招待された。
作品は、アメリカ、イギリス、イタリア、ドイツ、フランス、オランダ、ウクライナ、スペイン、カナダ、ポルトガル、ポーランド、スロベニアルーマニア、日本などにて演奏されている。作品は、ドイツのエディション・ヴァンデルヴァイザーより出版、"Onomatopoeia and Montage"は、ドイツのアカデミー・デア・クンストより、”Temps tresse III”はALM RecordsよりCDに収められている。

Suguru Goto
IRCAM
1, place Igor Stravinsky
75004 Paris
France

http://suguru.goto.free.fr
http://sugurugoto.blogspot.com

その他の最新記事

すべて表示

来年4月より、東京藝術大学、音楽学部音楽環境創造科の准教授に就任することが決定しました。何卒よろしくご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 http://www.geidai.ac.jp I am pleased to ...すべて表示すべて表示

ワークショップのお知らせ

2016/8/5(金) 午後 0:29

今月号のサウンド&レコーディングマガジンに書籍、Emprise(エンプリズ)の記事が載りました。 The review about my book, "Emprise" at Sound&Recording Magazine i ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事