sumirere日記

sumirere日記が移動しました。これからもよろしく!

ピーターラビット展

 

昨日、用事で大阪へ出かけたとき、駅においてあったチラシに「ピーターラビット展」を見つけた。グランフロント北店なら帰り道だ。さっそく寄り道を決めた。海上には、ピーターラビットのファンが、たくさん詰めかけていた。どの絵も素晴らしく、「ベアトリックス・ポターはやっぱり天才!」思わずつぶやいた。これは、生口島で平山郁夫画伯の、少年時代のスケッチを見たときもそう思った。何か、練習を続けて腕を上げるというレベルのものではない。生まれ持ったセンスだ。
会場にいる間は、まるで夢を見ているみたい。昔から、ピーターラビットは好きだったけれど、ますます好きになった。ポターの結婚が47才だったというのもびっくり。印税を使って、湖水地方の広大な土地を購入して、ナショナルトラストに寄付したというのもすごい。実に、男前な女性だ。しはらく展覧会は続くので、もう一度行ってみようかな。



この記事に

開く コメント(0)

朝からギョッ!

86才になる叔母から、久しぶりの電話。「あー、もしもし。わたしの定期を解約してあんたの名前で貯金したでしょう?」「はあ?」「〇○ちゃんは、貸したお金を返してこないけど、あんた知ってる?」いえいえ、なんにも知りません。以前から、認知症の症状が出ていたけれど。でも、一人でマンションでちゃんと暮らしている。ただ、お金の管理がうまくいっていないみたいで、やたら姪たちにお金をとられたと言っている。そういう私も、定期をだまって解約してとったと言われた。まあ、まいどのことだけどあまりいい感じはしない。こちらから電話しても、いつもその話になるから誰も電話もしなくなった。たしかに、長年公務員をしていたので残金が少ないのを気にやんでいるらしい。気のどくだけれどどうにもならない。しゃべるだけしゃべって、ガチャンと電話が切れた。何か、大きな不安が心にひろがったまま。年を取るのは大変な事だとあらためて思った。叔母さん、いつまで一人で暮らせるかなあ。

イメージ 1

                                      

この記事に

開く コメント(0)

寒いねえ。

今日は、母の命日。30数年前に、亡くなった日は大雪だった。毎日、病院に通いながら日々弱って行く母の姿を見ているのは悲しかった。あれから、雪を見るとあの日を思いだす。今日、お坊さんが来られて読経をしていただいたが、父がポカンとしているのが、悲しいようなホットしたような。まもなく99才になる父が、母の事でしみじみされてはますますこちらも沈んでしまう。年をとった人間が多かれ少なかれ認知症になるのは、神様のおぼしめしではないかとさえ思う。ただ、日常は大変だ。五分前の事さえ記憶から消えているのだ。今日は、午後から父を連れて散髪屋さんへ。ヒゲもそってもらってすっかり男前?になった。明日も、はりきってデイサービスへ行ってちょうだいね。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

今日は節分。

寿司屋の陰謀か、はたまた海苔屋の陰謀か?。大阪育ちのわたしは、巻き寿司のまるかぶりなんて聞いた事なかった。洋裁の修業にお店に入った時、お店の人たちがみんな寿司屋にぞろぞろ。ひまな私もついて行くと、みんなが巻き寿司を買っていた。恵方に向かって願い事をして黙って一本まるかじりするんだって。大阪育ちの母も、「そんなん知らんで」と言っていた。でも、それがいつか習慣になって今日もコープで買ってきた。まあ、あるある。豪華なものから、細巻きまでいろいろ。どうせ入れ歯の父は、切ってやらないと食べられないし、わたしだって太巻き一本は無理。それで太巻き一本、焼アナゴの細巻き一本、ブリの細巻きを一本。まっ、これでいいでしょう。豆まきの豆は購入済み、よし、今年も派手にまいたるで!
sumirere日記イメージ 1

コープで、子ども食堂を運営している知り合いと立ち話。今日、尼崎市の議員が二十人も見学にきたらしい。なんでも、市から補助金が出たので来たそうだ。おかげで、二升炊きの炊飯器を購入したとの事。口コミで、子どもたちや、大人もたくさん来るようになってきたそうだ。コープもいろいろと応援してくれている。なんか、気持がほっこりした。わたしにも、手伝わなくてもいいから見にきてと言ってくれた。食堂の前にふれあい広場でコーヒーを飲みながらおしゃべりしているらしい。時間的に子ども食堂のお手伝いはむりでも、なんかのかたちで応援したいと思っている。なんにでも、積極的な彼女に頭が下がる。

この記事に

開く コメント(0)

本が山積み。


読みたい本、読まねばならない本が山積み。買った本、友人から借りた本、図書館から借りた本、いただいた本。昔は、さっさと読めていたのになあ。よく考えると、(考えなくても)とにかく、家族が夜寝るのが早い。おまけにみんな朝寝坊。午前中は、あっというまに過ぎ、午後も気が付けば夕方。
ようするに、自分の稼働時間が短い。と思って早起きを試みるのだけれどだめ。今日からは、時間の無駄をはぶきましょう。ただ、本を読みだしたらかなりのスピードがあがるので、しばらくは読書モードにいたします。
            四年ざしきワラシ組     こうだゆうこ
       プリンセス・アカデミー   シャノン・ヘイル
      ユウキ             伊藤遊
      つくも神             伊藤遊
それから、購読している季節風、日本児童文学、鬼ヶ島通信も読まなくては。積読だけでは意味が゜ありません。同人誌の「ももたろう」は、毎号いただいています。

イメージ 1
猫と遊んでいる場合ではありません。


                             


         

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事