石田牧場の牛歩な日々

ブログ移転しました!→http://ameblo.jp/sun41i/へアクセス!

全体表示

[ リスト ]

こんばんはー★
クリスマスの夜、いかがお過ごしでしょうか^^
僕はといえば、牛たちと濃密なひとときを過ごしていましたよ〜(爆)
いつもより多めになでなでしてやり、クリスマスの夜が過ぎて行きますww


イメージ 1

イメージ 3
(前回のあらすじ)
旅の4日目の朝は、ホームステイ先のベネットさんの農場を散歩しました。
大きな牛、アルパカと珍しい動物がたくさんいましたが、
最後は可愛い子馬の赤ちゃんに遭遇します。
いろんな動物と触れあい、素晴らしい人と触れあい、
充実したホームステイが終わりました。
前回の記事はこちらから☆

イメージ 2



イメージ 4

ニュージーランドの道路を走っていると、必ずと言っていいほどこの巨大なタンクローリー車とすれ違います。
人口400万人で車の数も少ないこの国で、この車は実にたくさん走っているのです。

この大きなタンクの中に入っているもの、それは、 牛乳

そう、この車は各酪農家が牧場で搾った牛乳を集める、酪農王国・ニュージーランドを代表する働く車。


タンクに 『Fonterra(フォンテラ)』 と書かれているのがお分かりですか?
ニュージーランド酪農研修4日目の最初の研修先は、この超巨大乳業メーカー・ フォンテラ のチーズ工場視察で始まりました。


イメージ 5

午前9時に旅のメンバーが各ファームステイ先から合流し、バスに乗り込みます。
僕も素晴らしい人柄のベネット夫妻とはここでお別れ。

バスの中では、それぞれのファームステイ先の面白話で大いに盛り上がりました。

そして午前10時15分。
ハミルトン郊外のフォンテラ社チーズ工場に到着です。



イメージ 6

フォンテラ社は、ニュージーランドで生産される生乳のじつに 95% を処理し、
世界140カ国以上に乳製品を輸出する超・超巨大企業。

95%とか言ったら、寡占を超えて独占ですよね^^;
日本では明治とか雪印とか森永とか、地方にもいろいろ乳業メーカーがありますが、
ニュージーランドで売っている乳製品は、ほぼ全てがフォンテラ傘下のブランドです。


2006年には130億NZドル(約9000億円)の売り上げを記録するなど、
現在ニュージーランド国内で最大の企業となっています。

そんな工場を視察できるなんて超レアな体験なわけで、すごいドキドキワクワクでした!!
しかもその 通訳 です・・・超緊張しました^^;



イメージ 7

お話はニュージーランド酪農の現状や、フォンテラの世界戦略など多岐に渡りましたが、
話をしてくれたシェーンさんがとても分かりやすく教えてくれました^^


イメージ 8

その後は、チーズの製造ラインを見学。・・・でか!
雪印の方によると、日本一の規模を誇る十勝の工場よりも、4〜5倍はデカイそうです^^;


それもそのはず。
フォンテラは、世界のチーズ輸出シェアでは 25% を占めて、 輸出チーズ世界NO.1

聞いたことのあるフランスの ダノン社 や、スイスの ネスレ社 などと肩を並べる
世界一の乳業メーカーという事がうなずけます。



イメージ 9

この方がシェーンさん。役職は忘れましたが、若いのにけっこうお偉い役職だったと思います!
しかもカッコイイ。話してもとても気さくで笑顔が素敵で、ナイスガイでした^^



イメージ 10

しかもしかも!僕たちのためにこんなに豪華なランチまで用意してくれました!
シェーンさん優しい(*´∇`*)
やっぱ世界一は違うなー!!


お腹も知識も満たして大満足の一行は、12時半、フォンテラ社を出発しました。
次に目指すのもニュージーランドの酪農を支える企業。4日目の視察はかなり濃密です。。

次回は、NZの家畜改良事業団へとまいります。


【No.27 世界最大の乳業メーカー・フォンテラ社 27/42 完】

この記事に

開く コメント(10) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事