ここから本文です
GP spectator
締めはロレンツォ

書庫全体表示

来シーズン、コーリン・エドワーズと
アレイシ・エスパルガロが走らせる
フォワード・ヤマハ・M1。
イメージ 1
これ見ると、エンジン、フレーム、スイングアーム
あと電装系なんかの
大物パーツはヤマハからリースされているけど、
それ以外の細かいパーツ、例えばトップブリッジとか
チェーンアジャスターとかは、自前で造っているみたいですね。
レギュレーション上、FTRが自前のフレームを
造ってもいいらしいけど、FTRがヤマハより上等な
フレームを造れるとは思えません。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
それとカウルワークがヤマハ製に比べると
太いというか、ヌルッとしているというか、
この辺がFTRっぽいですね。
まあ、カウルを大柄に造って空気の負担を
減らすって手法はアプリリアとかもやっていたけど
FTRもそういう狙いでもあるんでしょうか。
 
テストのタイムを見る限り、RCV1000Rよりは
ちょっと速いみたいですね。

この記事に

開くトラックバック(0)ログインしてすべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事