全体表示

[ リスト ]

ゾ鑞OC設定を探る。Corei5-2500K オーバークロックレビュー ASRock P67 Extreme6

前回までは、ベンチ回すだけの設定で、今回は、常用OCに向けた設定をしていきました。
 
 
イメージ 14
目標動作周波数は4.8GHzです。
 
私の場合、常用設定は、負荷テストをクリアする設定から、倍率をワンステップ落とすか、Vcoreを少し盛った設定にします。
4.8GHz常用ということで、4.9GHzで軽くさわりだけテストしたら、少し要求電圧が高すぎる印象だったので、4.8GHzで負荷テストが通る設定に、少しVcore盛った設定を常用設定としたいと思います。
 
 
 
・Vcore:1.425V  LLC:Lv2 ⇒Prime95 1hエラー
・Vcore:1.435V  LLC:Lv2 ⇒Prime95 2hエラー
・Vcore:1.445V  LLC:Lv2 ⇒Prime95 7hエラー
 
スタートはこんな感じで始まりました。
思ったより、要求電圧が高い感じです。
(ここで、Vcoerの影響度を見てます)
 
・Vcore:1.425V  LLC:Lv2  PLL Over Voltage:ON  PLL:1.898V ⇒Prime95 0.5hエラー
・Vcore:1.425V  LLC:LV2  PLL Over Voltage:ON PLL:1.898V EIST:OFF ⇒Prime95 3hエラー
(Vcore以外の影響因子を見てます)
 
他にも設定だけ変えて起動確認のみや、電圧確認のみのテスト等を行いましたが、
流れは大体こんな感じです。
 
 
そして、最後は勘で(爆
・Vcore:1.450V  LLC:Lv2  PLL Over Voltage:ON  PLL:1.898V EIST:OFF  C1E:OFF
(いきなり雑な上げ方ですが、予想はコレで通るだろうと)
 
結果
イメージ 1
Prime95 v26.4(x64)    14時間パス
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
OCCT 3.1.0(64bit環境)   20時間パス
 
 
 
 
 
イメージ 3
OCCT 3.1.0 LINPACK(32bit環境)  12時間パス
LINPACKが、64bitだとシバキ具合が甘かった感じなので、XP32bit環境下でテストしています。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
Tripcode Explorer 1.2.4(32bit環境)  14hパス
 
 
 
画像取り忘れ
StressPrime 2004 ORTHOS 0.41.110.18(32bit環境)
12h以上パス
 
 
 
イメージ 5
複合テスト(64bit環境)
FurMark1.8.2 + Prime95 v26.4(x64) 15hパス
 
 
 
 
イメージ 7
FluidMark 1.3.1 (64bit環境)  17hパス
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
Memtest86+ 4.20b  56パス
必要以上に回しましたw
 
 
他にもまだ、スタビリティーテストしてますが、一通りのテストは通る感じです。
この設定+αくらいで、常用行けそうな感じですが、雑な盛り方したので、もう少しVcore下げれるか軽く見てみる価値もあるかもしれません。
 
 
 
環境
CPU:Intel Core i5-2500K
M/B:ASRock P67 Extreme6
MEM:CORSAIR CMX8GX3M2A2000C9 4GB×2枚(DDR3-1866MHz 9-10-9-27で使用)
VGA:玄人志向8800GT
HDD:日立320GB(テスト用)
電源:ENERMAX MODU87+ EMG700AWT
光学:Samsung SH-S223C DVDマルチ SATA
ケース:SilverStone Raven2 SST-RV02B-W
OS:Windows7Pro 64Bit
CPUクーラー:Larkooler BA2-241
 
室温:エアコン使用時22度設定、エアコン使用時吸入吸気温度16〜21度
基本的にはエアコン使用の時間帯が含まれています。
 
 
 
 
UEFI設定値
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
 
・Load Optimized CPU OC Setting : Default
 
CPU Control
・CPU Ratio Setting : Manual
 ・Max Ratio : 48
・Internal PLL Overvoltage : Enabled
・Intel SpeedStep Technology : Disabled
 ・Turbo Boost Power Limit : Manual (以下5項目はEISTを一旦 Enabledにして設定)
  ・Short Duration Power Limir(W) : 150
  ・Long Duration Power Limir(W) : 140
  ・Long Duration Maintained(sec) : 1
 ・Additional Turbo Voltage : Auto
・Core Current Limit : 150
・Host Clock Override(BCLK) : 100
・Spread Spectrum : Auto
 
DRAM Timing Control
・Load XMP Setting : Profile1 (9-10-9-27 1.65V DDR3-2000)
〜以下略〜
 
Voltage Control
・CPU Core Voltage : Fixed Mode
 ・Fixed Voltage : 1.450V
・CPU Load-Line Calibration : Level 2
・DRAM Voltage : Auto (1.65V)
・PCH Voltage : Auto (1.059V)
・CPU PLL Voltage : 1.898V
・VTT Voltage : Auto
・VCCSA Voltage : Auto
 
 
 
スタビリティーテスト判定基準
上記テストをオール12h以上ノーエラー
(テスト中は、負荷ソフトの他、CoreTempのみしか立ち上げていません。)
 
常用としては少し温度が高いですが、そこは寛容的な考えなので、OKということで。
当初の予測より電圧盛る形になったので、予想より温度も上がってしまいました。
夏場はしんどいかもな〜
 
 
【追記】2011/1/27  21:51
FluidMarkテスト結果追加
UEFI設定値追加

閉じる コメント(12)

顔アイコン

こんにちは
冷えてますねぇ、室温22度設定でこれなら夏場でも何とか行けるんじゃないでしょうか?ラジエター交換すればさらに余裕がでそうですね。
現状私のH50、4.4GHzでの温度は室温20度以下でも80度は軽く超えます、、、
知り合いの余った水冷一式交渉成立したので週末にでもくんでみます。

2011/1/27(木) 午後 0:05 [ ]

こんにちは。^^

いい感じで仕上がってますね〜♪

>最後は感で…
流石ですね〜♪

4.4ghz以上は水冷じゃないと厳しいですよね?

私は遊び心でやってたので中途半端ですね。(泣)

2011/1/27(木) 午後 1:39 やす

顔アイコン

こんばんわー^^

いい感じですねー!!
4.8GHz常用って私には信じられない数字です^^;
セッティング次第でそれも可能になってしまうところが現行モデルなんでしょうね!

相変わらず過酷な実用試験ですねー!!
私も少しは見習わないといけませんね^^;

さ、私も時間があるときに頑張ろう!

2011/1/27(木) 午後 6:58 [ すーやん ]

顔アイコン

こんばんは〜
すごいですね〜
こんなにテストをされてるとは・・・
安定性は完璧ですね^^
メモリテストPass56なんてはじめてみましたよっ!!!
オーバークロックはほんとに身近なものになった気がします。
昔は危険なイメージしかありませんでしたので。
といっても自分はPC歴が短いのですが^^
お疲れ様です〜

2011/1/27(木) 午後 8:35 [ moroheiya ]

顔アイコン

>ノヴァリチェスさん
こんばんは〜。ラジエター交換はさすがに本気水冷にしないといけないのでちょっと無理です(>_<)そのうちやってはみたいんですがねぇ。

おっ、遂にクーラー交換ですか!みんな脱簡易水冷化していきますねぇ〜(^^)温度どうなるか楽しみです。

2011/1/27(木) 午後 10:16 NOBO

顔アイコン

>やすさん
中々良い感じで安定しました。

あれ、最後は勘には違いないんですが、流れ的に明らかにパスできそうな設定なんです。何度も連続で落ちられると、嫌になって余裕な設定値打っちゃったんです(汗
もうチョイ攻めれそう(Vcore下げ)なので、また少しテストして見てる所です。

Sandy Bridgeの場合、電圧盛っても、そこまで発熱しないので、4.4GHz以上でも空冷でいけると思います。
私のクーラーは簡易水冷なので、高性能空冷と同等レベルですし。
C2Qと比べると、消費電力・発熱が少ないので、とてもOCしやすいです。

過去の記事読ませてもらいましたが、Q9650をあれだけ回すのは中々凄いですよ!私はQ9550使ってましたが、限界クロックはチャレンジして無いですが、熱が凄くて全然伸びなかったです。ハズレだったのか消費電力も高く、マザーの負担もかなりのものでした。

2011/1/27(木) 午後 10:29 NOBO

顔アイコン

>すーやんさん
よく伸びますよ〜。要求電圧はそれなりに高いですが、電圧に対しての発熱レベルはとても優秀です。

旧メインPCが使える環境のままNewマシンを組んだので、テストもいつもより多めにしてみました。しかも初のCoreiシリーズなので、どういったテストが良いのか分からなかったので、色々やってみました。

2011/1/27(木) 午後 10:39 NOBO

顔アイコン

>モロヘイヤ
ぶっとおしでエンコードかける時とかもあるので、テスト内容は濃い目にしてあります。

Memtestの56パスは私も初めてかもしれませんw
本当は12hでOK判断なのですが、グラフィックとの複合負荷に向けたGPU冷却強化(FurMarkは強烈なので)に、なかなか手を取れず、それまでずっとMemtest回してたという形になります。

そうですよね〜。最近は安全策が沢山施されていて、そうそう壊れることもなくなりましたよね〜。
私も自作PC暦ってあんまりないんですよね〜^_^;しかも、ハードはそこそこいけるんですが、ソフト側はあまり詳しくなかったり・・・

2011/1/27(木) 午後 10:50 NOBO

顔アイコン

こんばんは^^
ご無沙汰しておりますm<_ _>m
やはりキッチリとしたO.Cをしようとすると、ここまで切り詰める必要があるのですね!
それに比べ私のO.Cはなんと手抜きな事か、改めて思い知らされます^^;
殆どついていけない感じなので内容についてはコメントを自粛させて頂きますが、今回の設定はかなり時間がかかったのではありませんか?
メモテスト56パスだけでも凄すぎますよ^^
お疲れ様でした!!

2011/1/28(金) 午前 1:27 [ 嶺くん☆パパ ]

顔アイコン

>嶺くん☆パパさん
おはようございます。

いえいえ、最後は雑に勘でやってますのでw
なんだか、Sandyの挙動が今までとちょっと違って、負荷ソフトでエラー吐くことが無く、ブルスク落ちかパスの2択なんです。
今回の設定からVcoreを0.01V下げただけでブルスク落ちです。ちょっと慎重になってます。
挙動がよく分からないので、他にもアイドル評価や、スリープ復帰テストなどを予定しているのですが、一旦中止している感じです。

常用設定は時間かかりますねぇ〜^_^;
ベンチ向けならサクッと行けるのですが、常用となると、電圧切り詰めとスタビリティーテストがあるので、どうしても長くなっちゃいます。
今は、VTT(QPI電圧)を煮詰めたらもう少しVcore切り詰めれるのじゃないかなと考えています。

2011/1/29(土) 午前 7:23 NOBO

顔アイコン

こんばんは〜^^

さすがにNOBOさんといった感じの常用OC検証って感じの内容ですね^^

980と比べるとVcoreも低く抑えられていいですよね〜! 温度も十分夏場もOKな感じがしますね〜!

2011/1/30(日) 午前 0:25 [ トミ〜 ]

顔アイコン

>トミ〜さん
こんばんは〜
どうも、Sandyの挙動を把握しきれてないので、今回は多めにテストしてみました。

Vcore設定値1.445V、CPU-Z読み1.424Vでも行けそうな感じで、さらにVTT煮詰めて、設定値1.425V、CPU-Z読み1.408Vにチャレンジしています。
メモリの方も、DDR3-2000を1866で使用しているので、タイミングも詰めれるかもしれません。
今までずっと手探りだったのですが、結構情報が出てきてる感じなので、色々試してみようと思います。

そういえば会社の新しいPC来ました!やはり12スレッドのタスクマネージャーは圧巻ですねwでも、トミ〜さんのOCを見てたせいか、ノーマルの980Xは少し物足りない感じでしたw
AMD6コアの1090Tもきてるので、こちらも月曜あたり触ってみようと思います。

2011/1/30(日) 午前 2:45 NOBO

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

Yahoo! Choctle
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事