深川めし・丼学会

江東区深川の食の代表、深川めしと深川丼の紹介とイベントや地域情報のお知らせ

全体表示

[ リスト ]

同潤會清洲寮を世界遺産に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

同潤會清洲寮を世界遺産に
同潤會の誕生のきっかけは1923(大正12)年9月1日、午前11時58分に起きた関東
大震災である。地震の震源地は相模湾北西部、地震の規模はマグニチュード7.9であった。
被害状況は死者約58,000人、火災で東京のほぼ半分の44%が焼失した。火災の原因はお昼
間近だったため、多くの家庭や飲食店が食事の準備に追われて火を使用していた事が原因
である。同月19日に帝都復興計画が始まった。この時、帝都布復興に活躍したのが、後
藤新平である。
翌年の1924(大正13年)5月に内務省によって財団法人同潤會が設立され
世界各国から寄せられた義損金の5900万円の内の1000万円の義損金が割り当てられたが、
これは1923(大正12 年)年から1930(昭和5)年までの東京再建予算の1.2%であった。
同潤會の最初建築は仮設木造住宅である。この仮設住宅はのちに本住宅への入居が保証さ
れている。アパート建築は東京13箇所、横浜2箇所に建築されたアパート建築の構造は関
東大震災の教訓からみて耐震、火災等に非常に優れている鉄筋コンクリート造で建築する
事になった。同潤會が建築するにあたって常に当時の最新技術を開発導入していた、外壁
は経年変化が 生じる事にない洗い出し工法とした。
同潤会清洲寮は、1933年(昭和8年)、江東区白河1-3-13に、設計 大林組により竣工、近くには同時期に立てられた「同潤会清砂通りアパート」がすでに解体されたが、この清洲寮は外壁の整備も行き届き現役で中である。

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事