国際短波放送情報

日本語放送を中心に,国際短波放送などの様々な話題を紹介します

全体表示

[ リスト ]

グァムのKTWRから,日本語番組が短波で放送されるようになって,早や
3週間が経とうとしている。
放送は,毎週日曜日,日本時間21時15分から30分間,9975kHzで
送信されており,全体としては良好に受信できている。しかし,短波放送
の特性から,若干のフェーディングは避けられず,細かいところで聴き取
れない部分もある。

番組全体のプレゼンターを務めていて,軽妙な語りを披露している男女
お二人の名前が,よく聴き取れない。デジタル短波 (DRM) で放送され
ていた時分に自己紹介があったのかも知れないが,改めて,番組を制作
している 『フレンドシップラジオ』 局宛の受信報告に書き添えて,お二人
の名前を尋ねてみた。

◆ 同局からは,次のような丁寧なお返事をいただいた。

   番組の担当者は,『ちゃっきー』 と 『谷』 という番組ホストネームで,
   共に一般社団法人ビー・ジャパンの職員です。2人とも1960年代の
   生まれで,1970年代にラジオ(短波・深夜放送・FM放送) に夢中に
   なり,一般企業に勤務した後,最終的にこの仕事に導かれました。

   毎日曜日にキリスト教会に通うキリスト者でもあります。
   ちゃっきーの出身は青森の津軽。谷は大阪の阿倍野です。
   本名は明かさないという原則を,これまで放送を実施した各メディアでの
   リスナー様にもご説明し,ご了解をいただいてまいりました。

   プロフィールもHP上には掲載することは,現時点で恐らくないと思います。
   どうかご賢察の程,よろしくお願い申し上げます。

◆ 更に,同局からの返信では,番組作りに対する想いを,次のように書いて
  くださった。

   私共の制作する短波放送番組の 『主役』 は,ご聴取下さる 『リスナー様』
   との位置づけで、今回の番組を提供させていただいております。

   番組のコンセプトは第1回放送で申し述べましたが,それをどのように実現
   してゆくのか? 私共は,番組担当者のいわゆるキャラクターなどを前面に
   出すのではなく,BCLという素晴らしいライフスタイルをお持ちのリスナー様
   が 『番組を通して』 他のリスナー様と 『温かで穏健な交流を持つことができ
   るように』,その時間と場を提供させていただくことにあります。(ただ単に
   楽しいということだけではなく。)

   ですから,キリスト教放送局からの放送ではありますが,宗教色等が強く出
   すぎないように,バランスを考慮した番組制作を目指しております。
   その意味でも,今後はお便り紹介やリクエスト紹介が番組の主役となること
   を願っております。
   番組の話題もリスナー様からご提供いただいたお便りを骨格にして構成して
   まいりたいと願っているものです。

◆ そして,結びでは,次のような嬉しいお知らせも紹介されている。

   次回4回目 (11月23日) には,新しいコーナーが流れます。
   いよいよ5回目 (11月30日) からは,アナログ短波放送のリスナー様から
   のお便り紹介がスタートします。
   続いてこの日本語放送をご愛聴いただければ幸いです。

KTWR日本語放送フレンドシップラジオのホームページは次のとおり。
http://friendshipradio.net/
http://friendshipradio.net/ktwr.htm

一般社団法人ビー・ジャパンのホームページは次のとおり。
http://bjapan.jp/

※ フレンドシップラジオ様,ご丁寧な返信をいただき,有難うございました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事